スタッフブログ

カテゴリー

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月28日

メアリー・ブレア展 混雑状況の目安(9/28更新)

現在開催中の企画展「メアリー・ブレア展」はおかげさまでたくさんのお客様にお越しいただいております。

特に土日には混雑のため、チケットをお求めいただくために10分~30分程度お待ちいただく時間帯もございます(特に開館直後および11時~16時頃)。
本展チケットは、当館のチケットカウンターのほか、各種プレイガイド等でお求めいただけますので、お時間の余裕のない方は、あらかじめチケットをご用意の上ご来館いただくことをおすすめいたします。
チケット販売詳細はこちら

なお、同じく展示室内が混雑した場合には、入場にもお待ちいただく時間帯もございますので、なるべくお時間の余裕を持ってご来館くださいませ。

本展は、5日(月)まで会期を延長するほか、10月2日(金)、3日(土)、4日(日)は20:00までご覧いただけます(チケット販売は19:30まで)。

2009年9月25日

伊藤展のポスター

デザインファイリングブック5
に伊藤展の印刷物デザインを手がけて
くださった東京ピストルが取り上げられれています。
P1010056.JPG


その中の東京ピストルの作品集の1例として
伊藤展のポスターが載っています!

P1010058.JPG

9月21日に50名様の方に
ポスタープレゼントをしたのですが、
こういう風に形に残る状態で掲載されると、
なんかうきうきしてしまいます。 

非売品のポスターなので、
お持ち帰られた方々はラッキーですね。

2009年9月22日

メアリー・ブレア展 混雑状況目安

現在開催中の企画展「メアリー・ブレア展」はおかげさまでたくさんのお客様にお越しいただいております。

特に土日祝日には混雑のため、チケットをお求めいただくために10分~30分程度お待ちいただく時間帯もございます(特に開館直後および14時~16時頃)。
本展チケットは、当館のチケットカウンターのほか、各種プレイガイド等でお求めいただけますので、お時間の余裕のない方は、あらかじめチケットをご用意の上ご来館いただくことをおすすめいたします。
チケット販売詳細はこちら

なお、同じく展示室内が混雑した場合には、入場にもお待ちいただく時間帯もございますので、なるべくお時間の余裕を持ってご来館くださいませ。

2009年9月20日

アーティスト・トーク

伊藤公象 WORKS 1974-2009展 
*関連プログラム_アーティスト・トーク*

P1010044.JPG

休日であったにも関わらず
本当に沢山の方々にご参加頂き、
スタッフ共々、深く感謝しております。

我々の想定参加数を遥かに越え
延べ100名程度の熱心で
非常に好奇心旺盛な
方々が伊藤展最後の関連イベント
アーティスト・トークに来て下さいました。
P1010061.JPG

伊藤公象氏の作品は
造形作品であること以前に
人為を控える事によって生まれる
フォルムのいびつ性・・・
一瞬では捉えようの無い不思議な質感・・・
五感を呼び起こす誘惑・・・

そんな事を伊藤氏の作品から
受け取る人は多いのではないでしょうか。
それらは、作家が持つ独特な世界観から
成り立つ性質な気がします。
P1010105.JPG

触ってみることでやっと、
伊藤氏の言葉が我々の
体内に浸透していく。
P1010107.JPG

「まだまだ土への模索は終わらないよ、
これからだな~と思います」
とトークの最後に言い加えた伊藤氏。

非常に短いスパンで物事に
飽きてしまいがちな
現代病を持つ我々。(自身を含め・・・)

35年間、ずっと土と向き合い、
まだまだ土への可能性を
感じ続ける事が出来る強さ・・・

きっと、先生がぽろっと言われたこの言葉に
ココロを打たれた人は多かったのではないでしょうか。
P1010116.JPG

2009年9月16日

ワークショップ

伊藤氏を招いてのワークショップが開催されました。
参加者の誰よりも(もしかして?)
私が一番この日を
楽しみにしていたのでは?と・・・

まず、伊藤氏と多軟面体を
展示室で実際じっくり目で見て、
P1010049.JPG

作品パーツをさわり、
手の中でその感覚を記憶に残して、
制作が始まりました。
P1010063.JPG

土は軟らかいようで、
実は、こねようとすると硬かったり。
水分が多そうで
乾燥に気をつけて無くては
ならなかったり。 

準備段階ではかなりの
体力と集中力が必要。
ひんやりとした土を触っていると
東京のような忙しい町にいる事を
忘れてしまうそうな、
土と言う素材が持つ不思議な
魅力と魔力を感じた気がします。
P1010069.JPG P1010071.JPG

フォルムのことを考えずに
即座にスライスした土を形に・・・
それを、また展示に・・・
P1010078.JPG P1010079.JPG

最後にインスタレーションについて
みんなで意見交換。
崩すことも大切!と伊藤氏。
P1010089.JPG

忙しい日々を送っていると
無になる瞬間はあまり無いのですが、
ひんやりした、固い土を練っている
瞬間は本当に無になれた、
そんな気がします。

伊藤公象展は10月4日が最終日です。
展示室では作品に触れることは出来ませんが,

是非、まだ見ておられない方は
伊藤公象展の非常にダイナミックで
花びらのように繊細な
作品を見に来てください。

帰りに粘土を買ってみようかな?
と言う気分になるかもしれませんね・・・

------------------------------------------------------------------------
伊藤公象 WORKS 1974-2009
会期:8月1日(土)~10月4日(日)
休館日:月曜日 (ただし、9月21日と9月28日は開館)
*9月21日は先着50名様に伊藤公象展のポスタープレゼント有。
------------------------------------------------------------------------

2009年9月 8日

ビデオ設置

もうすぐアーティスト・トークがあるのですが・・・
一足先に伊藤氏のインタビューを
ビデオ上映しています。

ミュージアムショップがある横側
がギャラリースペースになっていて、
そこでメーキング等についてお話される
伊藤氏をゆっくりご覧になれます。

ビデオ.JPG

なかなか作家の生の声が聞けない
のが残念だというお客様からの
声もあり、またアーティスト・トーク
には参加出来ない方等にも
エンジョイして頂けると思います。

+++++++++++++++++++++
アーティスト・トーク
伊藤公象氏による作品解説
日時:9月20日(日) 13:00~14:00
費用:無料
*ご希望の方は展覧会チケットをお求めの上
展覧会入口にお集まりください。(予約不要)

2009年9月 4日

伊藤先生の取材

日経新聞(9月20日)に伊藤展の
展覧会記事が掲載される予定です。

その取材アテンドで笠間の
先生のアトリエにお邪魔した際に
一枚ピシャリ。

伊藤先生宅.JPG

記者さんと楽しく
お話しされている先生の
後ろの壁に多軟面体
の地平線を見つけました。

じっくり見てみると
今回の展示作品には
存在しないレアな
多軟面体の数々。 

ちょっとした宣伝ですが・・・

伊藤展の様子がフジテレビ(8ch)の
art loverと言う番組で2回に渡り
オンエアー。

残念ながら第一弾は今日(9月4日)
次回は9月11日、11時25分から。

是非ご覧下さい!