スタッフブログ

カテゴリー

« ちょっとした秘密 | メイン | ちょっとした工夫 »

ここにも、「多軟面体」

「多軟面体」
たなんめんたいって読むんです。

「多軟面体」って伊藤氏の
作家としてのスターティング・ポイント
になる代表的な作品です。

いくつも軟らかい面が
一つの作品に存在している。
とても不思議な感覚に陥る作品。

というのも、
作品が持つ軟らかい曲線と
焼くというプロセスを経た
土の従来の直線的な硬いイメージは
相反している個性だから。

「多軟面体」をはじめ
伊藤氏の作品は様々な
コントラストを持っています。 

そんなことを静かに感じながら、
私は作品鑑賞の角度を日々変えて
楽しんでいます。

森さんワーク.JPG
展示室に降りるときに見える「多軟面体」、
お気づきになられましたか?