« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月20日

「食と言葉」の関係

岩間&ジェローム 01(300x225).jpg

今回のMOT美術館講座は、アーティスト、
料理家である岩間朝子さんに企画をお願いしました。

テーマは「食と言葉」。

全部で2回行われるその第1回目(実施日9月10日。
2回目は11月4日に実施予定)は、岩間さん同様、
料理家であり、アーティストでもあるジェローム・ワーグさんを
ゲストに迎えてワークショップを行いました。
(現代美術館は現在休館中のため、
場所はトーキョーワンダーサイトレジデンスを使用しました。)

「Rules and Tools」と題された本ワークショップでは、
アーティストから課される「Rule」の下、
さまざまな「Tool」を使って「Gift」(=ラビオリ
※ただし、ワークショップ中は「ラビオリ」という
言葉は使用しないルール)を作り、
他の参加者とシェアして食べるというものでした。

最初に、参加者は会場に入るとインストラクションの入った封筒が渡されます。

岩間&ジェローム 02 (300x225).jpg

封筒には「PLEASE MAKE A CIRCLE / CIRCLEになってください」と書かれ、
中には一枚のカードが入っており、その表面には
「KNOW THE RULES / RULEを知る」
「USE THE TOOLS / TOOLを使う」
「MAKE THE GIFT / GIFTを作る」
という3つのインストラクションが書かれています。

一方、裏面には、
「Is the body a tool? / 身体はtoolですか」
「Is language a tool? / 言語はtoolですか?」
「Is art a tool? / アートはtoolですか?」
「Is togetherness a tool? / 共にある事はtoolになりますか?」
の4つの質問のうち一つだけが書かれています。
ワークショップはこのインストラクションに沿って進められました。

①「PLEASE MAKE A CIRCLE / CIRCLEになってください」
まず初めに、ジェロームさん、岩間さんから
「CIRCLEになってください」
と指示が伝えられ、参加者はテーブルを囲んで、ひとつの円を作ります。

②「KNOW THE RULES / RULEを知る」
次に、ジェロームさんがパスタ生地を引き伸ばし、
切り分け、生地で具を包んで、「Gift」を作る一連の流れを見せます。
このデモンストレーションの過程を見ることによって、
参加者はこのワークショップの「RULEを知る」ことになります。

岩間&ジェローム 03 (300x225).jpg

③「USE THE TOOLS / TOOLを使う」
テーブルの上には25種類の具が並べてあり、
岩間さんが
「これからToolを使ってGiftを作ってください」
と言うと、参加者が25種類の具から選んで各自が思い思いの
「Gift」を作ります。
この具がGiftを作るためのToolであり、
インストラクションのカードの裏の質問にもある
「身体」「言語」「アート」「共にある事」もToolになります。

岩間&ジェローム 04 (300x225).jpg

④「MAKE THE GIFT / GIFTを作る」
参加者は、誰に対してのGiftなのかを考えたり、
他の参加者と話したりしながら、
いくつかの具を選んで詰めてGiftを包んでいきます。
三角形に包んだり、巾着状に包んだり、リボンをつけたり、
包み方もそれぞれ違います。
参加者が作ったGiftを岩間さんとジェロームさんが茹で、
一枚の大きなお皿に盛り付けて、
最後にベシャメルソースをかけて出来上がり。
そのGiftを一つ隣の人に取り分け、自分が作ったものが
誰のもとに渡るのか気になりながら、お皿を回していきます。

岩間&ジェローム 05(300x225).jpg
岩間&ジェローム 06 (300x225).jpg

実食。
他の参加者が作ったGiftの中に何が入っているのか
ドキドキしながら口にしていきます。
他者が手で作ったものを食べることに抵抗感を感じる人も
いるのではないかと懸念していたのですが、
皆さん抵抗なく食べていました。

岩間&ジェローム 07 (300x226).jpg

食事の後は、トークの時間。
はじめに岩間さんが今回のワークショップの意図や
インストラクションの意味について説明。
かつて岩間さんはカリフォルニアにあるレストラン
「シェパニーズ」でジェロームさんと出会い、
そして、岩間さんがベルリンから日本に戻り、
ジェロームさんはアメリカから日本に移り住んできた時に
二人は再会し、そこで日本の社会で共有されている
"文化のコード"について話したことがきっかけで、
今回のワークショップが企画されたことが説明されます。

岩間&ジェローム 08 (300x224).jpg

次に、ジェロームさんがこれまでのキャリアについて語ります。
両親がアーティストだったこと、そして母の友人だった
フルクサスのアーティスト、ロバート・フィリウの
「アートは人生をよりもおもしろくするもの」という言葉に
影響を受けたことなどが語られました。
また、ジェロームさんにとってアートは自分が世界の一部となるための
ツールだったと言います。

その後は、参加者を交えてフリートーク。
ここでは、具が何か分かりにくいものもあり、
他の参加者に聞いたりすることによって
自然とコミュニケーションが生まれた、
Giftの中身がわからないからこそ普段以上に味わって食べた、
などの意見が出ました。
そして、「Gift」をどう捉えるか、
誰に向けてものなのかなどその受け取り方は
参加者それぞれで異なっていたことも話の中でわかってきました。

なお、ドイツに暮らしていた岩間さんから
「Gift」は英語では「贈り物」という意味があるが、
ドイツ語だと「毒」という意味もあると伝えられると、
参加者からは「えっ!」と驚きの声があがりました。

最後に、一人の参加者から、最近料理が数値化されたり、
レシピ本などによって型にはめられているように感じていたが、
今日は異なる形で食について考えることができ、
参加してよかったという意見もいただきました。

今回のワークショップを通じ、
「調理する」「食べる」という行為を改めて捉えなおし、
日本社会の中で共有されているコードについて考える
きっかけになった一日となりました。(KY)

2017年9月16日

地域の文化資源「かかしコンクール」の活用

かかしクルーズ 01 (300x225).jpg

東京都現代美術館のご近所、深川資料館通り商店街には、
毎年、100数十体もの「かかし」が並びます。
その名も「かかしコンクール」。
今年でなんと20回目!!
地元の方々や小学生たちが思い思いのかかしを作り出品しています。

美術館は現在休館中のため館内を用いたプログラムができません。
そこで、今年は地元商店街と連携し「かかしコンクール」を活用した
プログラムを実施(9月9日)しました。
「かかしコンクール」へは過去3回かかしを制作し
出品することで参加してきましたが、
今回はかかしをこどもたちと「見る」活動を行いました。

毎回コンクールでは商店街の役員はじめ地元の消防や警察の方々が審査
(美術館も審査に参加しています)し、金・銀・銅などの賞が授与されます。
今回のプログラムでは、こどもたちがお気に入りのかかしを1体決めて、
賞の名前を考えました。題して「こども賞」!。

こどもたちの中には、自分でもかかしを作ったことがある子もいて、
頭の作りは丁寧だけど、足の部分は雑だなど見る目が厳しい一面もありながら、
丁寧かつテンポ良く見てくれました。

かかしクルーズ 02 (300x225).jpg

審査のあとは、商店街協同組合の事務所で受賞ワークシートを作成しました。
賞名、該当かかしのイメージ、審査コメントを記載しまとめます。
色使いや細かい装飾、リアルさ、かわいさなどこどもたちならではの視点で
評価してくれました。

かかしクルーズ 03 (300x225).jpg
かかしクルーズ 04 (300x225).jpg

この「こども賞」の結果は、後日開催された一般受賞式の会場
(江東区立江戸深川資料館)にも掲示し発表しました。

ちなみに、こどもたちがつけてくれた賞は

「リアル賞」(顔がとてもリアルなかかしを選んで)、
「さよなら賞」(某お菓子が販売中止になることを受けて
そのパッケージをかかしにした作品を選んで)
「いやし賞」(かかしのさわり心地にいやされて)

などユニークな賞がたくさんでました。

かかしコンクール授賞式 05 (300x225).jpg

クルーズに参加したこどもたちのアンケートには、
「1回審査員をしてみたかった」
「みんなでまわるのはおもしろかった」
「こんな風にやるなんて想像もしていなかったので面白かった」
などの感想がありました。

地域の文化資源ともいえる「かかしコンクール」。
町の中でもものを見る楽しさやものの見方の転換をうながせるプログラムは、
今後も地域の方々と連携しながら進めていきたいと思います。(G)

2017年9月15日

アートカードで展覧会?!

2017.9.14江戸川区立宇喜田小出張授業 040 (300x225).jpg

9月14日に江戸川区立宇喜田小学校に
学芸員の出張授業でおじゃましました。
対象学年は6年生。この学年は昨年も学芸員の出張授業を
受けています。
その時は、「鑑賞」をテーマに現代美術館のオリジナルアートカードを
もちいて、ゲームを通じて作品を見る目を養いました。
今年はその経験を活かしてアートカードを使って、
展覧会作りに挑戦してもらいました。

しかし、いきなり展覧会を作るといっても難しいため、
日頃美術館で開催されている展覧会の種類には大きく2つあることを伝えました。
ひとつは「個展」。一人の作家を取り上げてその人が作った作品を紹介するもの。
もうひとつは「グループ展」。複数の作家の作品を取りあげて紹介する展覧会。
今回使用するアートカードは複数の作家の作品であるため、
展覧会の種類としてはグループ展にあたることを説明。
さらに展覧会にはテーマがあることを伝授。
色や形、感じたことで作品をまとめたり、
物語を作って作品をつなげてみるなどのテーマ設定の例を説明しました。

画用紙を展示室の壁に見立てて、そこに分類したアートカードを貼り、
展示空間を作っていきます。
「レトロ」「人の顔」「悲しい場所」「丸い物」
「赤い絵」「カラフル」「生活」などいろいろなテーマで作品を
くくり展示してくれました。
また、一方で壮大な物語で作品をつむいでいく児童が何人もいました。

2017.9.14江戸川区立宇喜田小出張授業 1022 (300x225).jpg

一人ひとりが自分なりのテーマで展示室を作ったあとは、
グループ内で展示室をつなげて、全体を象徴する展覧会名
(○○○展)を考えてもらいました。
できあがると他のグループの展覧会の鑑賞タイム。
自分たちとは異なるテーマ設定や発想に互いに感心しながら
見てまわっていました。

授業後の児童の感想には、
「夢中になってしまった」
「色々な展覧会に行って、どのようになっているかを見てみたい」
「展覧会の仕事をする人は、楽しいだろうなと思った。想像力があがりそうだ
などがあり、実際の展覧会をつくる美術館の仕事への興味関心も
高まった様子が見て取れます。
また、担当の図工教員からは、
「自分の考えを表す姿を見ることができてよかった。
児童の展覧会のテーマや物語の発想に驚きました」
と授業の感想をいただきました。

アートカードをもちいた鑑賞の授業は、
そのほとんどがゲーム性を取り入れたものです。
教科書会社などが作成したアートカードの指導書には、
いろいろなゲームのやり方が書いてあります。
しかし、ゲームを単発で行うのではなく、
複数のゲームを組み合わせたり、
今回の授業のようにゲームでの経験を発展させて展覧会を構成する
(ちなみにアートカードで展覧会を作る例も指導書に紹介されています)
鑑賞の授業へと展開することで、
より深く作品を「見る」経験へと導くことができるのではないでしょうか。(G)