« 2017年4月 | メイン | 2017年8月 »

2017年6月16日

小笠原小学校と文通はじめました!

小笠原からの手紙 (1回目) ブログ 1(300x225).jpg
東京から南へ約1000kmの場所に位置する小笠原村立小笠原小学校。
今年度は、スクールプログラムの一環でこの小笠原小学校の5年生(23名)と
図工の枠で連携授業を行うことになりました。

小学校のある父島に伺うといっても、交通機関は船しかなく、
しかも概ね6日に1度しか運行していません。
そう簡単には訪問できない場所です。

そこで、小笠原小学校と教育普及担当の学芸員3名が約1年間文通(※)を行います。
題して「写真がつなぐ"船の交換便"」!!

この文通は、単なる手紙のやりとりではなく、学芸員から毎回出されるお題に
まつわる写真を撮影してもらい、学芸員も同じお題で写真を撮り互いに交換します。
こうした行為を通じて、日常の見方を変え、身近な風景を観察したり楽しんだりする
姿勢を育むことを目的としています。

5月初旬に1回目のお手紙とお題を美術館から学校に送り、
早速こどもたちはお題に挑戦し写真を撮って送ってきてくれました。
こどもたちから送られてきた写真には、学芸員がそれぞれコメントを
書いて送り返します。

さて、1回目のお題は「空」です。

こどもたちが撮影した小笠原の空をこどもたちのコメントと一緒に
いくつかご紹介します。(原文ママ)

4いぶきブログ用 (300x225).jpg
題《あさ日山の日の出》
「ランニングしていたら、きれいな日の出がでていたので
あさ日山でとりました。とてもきれいなのでぜひ見てください。」

23たつきブログ用 (300x225).jpg
題《晴の日の空》
「ぼくは、あおぞらをとりたかったからあおぞらをとりました。
小笠原は、きれいな空ときれいな海があるので、ぜひきてください。」

13ゆうとブログ用 (300x225).jpg
題《キセキの雨》
「雨がふりちょ水りつが約40%ふえたのできせきの雨です。
これで70%以上になりました。うれしかったです。」

18ありさブログ (300x225).jpg
題《南国の日光》
「南国らしいヤシの木と、かがやかしい日光が上手にまざったので
この写真をとりました。
夕がたの日光ですが、光がかがやいている所を見てください。」

21わけじブログ用 (300x225).jpg
題《この日世界が終わる》
「6時ごろ、家の前弟が「うわっ」と言ったので見たら
キレイなのでとった。
右の人工物を大きくだして、世界が終わるのをあらわした。
そんな色だと思いませんか?」

この連携授業を担当してくださっている図工教員からは
以下のようなコメントが届きました。

「表現方法が写真なので、かなり気楽に取り組めたようでした。
コメントもよく考えて書いていたのではっとさせられました。
それぞれが小笠原の空について自分なりに考えて撮影できたようです。」

1年間続く"船の交換便"。
こどもたちがどんな風に毎回こちらからのお題に取り組んでくれるか、
写真が届くのが楽しみです!
また様子は随時このブログでお知らせいたします。
(小笠原小学校ホームページにも連携授業の様子が紹介されています。
http://www.ogashou.ogasawara.ed.jp/)
(G)

※2014年度に現代美術館が美術家の廣瀬智央氏と教育普及担当学芸員とで企画した
ワークショップ「発見の術」プロジェクト「日・伊の『往復書簡』」の手法を
今回の連携授業用のアイデアとして引用しています。


学芸員の出張授業スタート!

足立区立鹿浜西小学校ブログ (300x225).jpg

今年度の学芸員の出張授業がスタートしました!
すでに、20校近い学校から申し込みがきており、
順次事前打ち合わせを行い、授業に出かけています。

授業の内容は、現代美術館オリジナルのアートカードを用いた鑑賞体験、
学芸員の仕事について、展覧会の作り方のレクチャーなど。
また今年は校内展覧会が予定されている学校も多く、
こどもたちにギャラリートークをさせたいので、
ギャラリートークとは何かをこどもたちに教えて欲しいという
リクエストもたくさんきています。

先日(6月12日)伺った足立区立鹿浜西小学校では、
学芸員の仕事についてお話し、次いでアートカードを用いた鑑賞体験を
行いました(対象:6年生、2クラス)。

学芸員の仕事といっても、全くなじみがなく、
でも、美術館の仕事を想像してもらうと、
「作品を選ぶ」「作品を買う」「絵を描く」「展覧会をする」「掃除をする」
などなど色々なイメージを伝えてくれました。

美術館の基本的な機能について説明した後に、
学芸員の仕事、特に教育普及担当の学芸員が行っている
作品と見る人をつなぐ仕事について具体的に知っていただこうと、
当館オリジナルのアートカードを用いた鑑賞体験を行いました。

足立区立鹿浜西小学校ブログ2 (300x225).jpg

体験といっても、そこは鑑賞の授業の一環。
作品鑑賞のコツや、大切にしてほしい視点なども伝えながら進めました。
それは「観察」と「想像」することです。

後日学校から、こどもたちの今回の授業に対する感想が送られてきました。

「いろいろな人の自分と違う考えを聞いて楽しかった」
「学芸員の仕事は楽しそうだなと思った」
「なにかわからないのにすごく芸術作品みたいになっていたのがすごいと思った」
「美術館に行ってみたくなりました」

また、図工担当の教員からは、

「児童にとって美術館が身近になり、作品の見方、捉え方において
受け手側が自由に捉えて良いという印象が持てたと思います。
興味深そうに鑑賞活動をしていました」

とコメントをいただきました。

この出張授業を通じて、美術館や現代美術に少しでも興味関心を
抱いてもらえたなら嬉しいです。(G)