« 2016年11月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月31日

アーティストの一日学校訪問(淺井裕介さん)レポート その1

2001年度から始まった「アーティストの一日学校訪問」。
アーティストとの交流を通じ、現代美術の動向を
感じ取ってもらうことを目的にしています。

DSC09735.JPG ※
                               
本年度は、収蔵作家の淺井裕介さんをお招きし、
昨年の10月から今年の1月にかけて都内の6校
(小学校5校、盲学校1校)にて実施しました。

淺井さんは、土と水、石と火、テープとペンなど色々な素材を用いて、
様々な場所に絵を出現させ、日常に穏やかな違和感を作り出しています。
今回の授業テーマは「絵が生まれてくる場所は、どこにでもある!」。
普段図工や美術では使わない場所で、普段の授業では使わないものを用いて、
絵を描いてみようという試みです。

淺井さんが授業で取り組んだのが、学校の周りなどで集めた土で描く"泥絵"、
マスキングテープによる"壁画"、そして巨大な模造紙に描かれた"ペン画"でした。
内容別に、各学校での活動をご紹介します。

<泥絵>
【1校目】2016年10月3日 品川区立小山小学校 「歩き出した大地」

CIMG2678-1.JPG CIMG2690-1.JPG
最初に参加してくれたのは、小学4年生の児童65人です。
学校創立90周年を機に、校内の吹き抜け階段の窓に、泥絵を飾ることにしました。
泥絵に使う土は、先生が学校の周りで採取したもののほか、
淺井さんがご自分の制作で集めた国内外からのものも用います。


CIMG2698.JPG CIMG2722.JPG
まず、淺井さんがご自身の作品を写真で紹介したあと、
泥絵のデモンストレーションを行いました。
次に、こどもたちは1班8人で、それぞれ窓枠の大きさに切った
8枚の不織布を取り囲み、鉛筆で好きな生き物を描いていきます。


CIMG2721.JPGのサムネイル画像 asai1.JPG
こどもたちの生き物が出来上がると、淺井さんが黄色い土で
その生き物を取り囲むように、大きな生き物を描いていきます。
こどもたちは、自分の生き物の中を、濃い色の土で塗ります。


asai2.JPG asai3.JPG
次に、今度は濃い生き物の周りを、薄い色の土で彩っていきます。
淺井さんのお手本を見た後、作業開始。
途中でいったん手を止めて、みんなで絵の周りを回って鑑賞します。
全体を見て、どこが足りないのか、どうしたらもっとよくなるかを考えます。


CIMG2788.JPGのサムネイル画像 CIMG2800.JPG
やがて制作再開。しかし、途中で淺井さんが手を叩いたら、
その数だけ場所を移動して、違う絵の続きを描かなくてはなりません!
他の子たちが描いた線を活かしながら、空間を埋めていきます。
制作終了後、こどもたちからは意見や質問の手が次々と上がりました。


IMG_0332.JPGのサムネイル画像 IMG_0333.JPGのサムネイル画像
事後授業では、鑑賞してお気に入りの部分を見つけたり、
友だちと相談して、周りの色を塗ったり、落ち葉をつけたりしたそうです。
校内展示では、こどもたちが通り際に見上げる階段の窓を
大地から歩き出した生き物たちが埋め尽くしました。


【2校目】2017年1月16日 港区立笄小学校 「土の森をつくろう」

DSC00021.JPG DSC00018.JPG ※
泥絵の授業2校目は、小学5年生61人で行いました。
冬休みの間にこどもたちが集めてきた土や、
学校の近くのお寺や美術館で分けてもらった土が山ほど。
協力してくれた方々に感謝をこめて、会場の体育館に写真が展示してありました。


DSC09661.JPG DSC09703.JPG ※
先生と主事さんたちが縫い合わせた巨大な不織布が2枚、
体育館に敷き詰められています。
淺井さんはその画面に、1枚は大きなイヌを、もう1枚には大きなトリの
シルエットを描きました。
こどもたちはまず、土を使ってウォーミングアップ。
コップに入った土と筆を持って、画面の上をぐるぐる歩きます。
淺井さんが「ストップ!」と言った場所で止まり、
足元に最初は1つの点、次は2つ、3つと、模様を描いていきます。


DSC09834.JPG DSC09899.JPG ※
次に、舞台側を天、出入口側を地として絵の上下を定め、
濃い色の土で木の幹を描き始めます。
幹から伸びる枝や、そこから生える葉を5枚、葉柄をきっちり描くようになど、
浅井さんの細かい指示が次々と飛びます。
さらにその幹の根元に、生き物を描いたり、花や小鳥を加えたり。
担任の先生や見学にいらした方たちも加わって、
どんどん画面がにぎやかになっていきました。


DSC00082.JPG DSC00156.JPG ※
給食・休憩をはさんで、午後は仕上げに入ります。
今度はクラス内を2班に分けて、
1班は浅井さんが描いた生き物の中を、模様を描きながら塗りこんでいきます。
もう1班は、外の部分に描いた線と線の間の面を、
違う色で塗りつぶしていきます。
こうして、巨大なタペストリーが2枚完成しました。

CIMG3390.JPG CIMG3393.JPGのサムネイル画像
後日、校舎の表と裏に飾られたタペストリー。
泥絵の中の生き物は、冬空の下でまるで生きているかのように
はためいていました。
(J.O.)

※写真:かくたみほ

アーティストの一日学校訪問(淺井裕介さん)レポート その2

当館収蔵作家の淺井裕介さんによる、
2016年度の「アーティストの一日学校訪問」。
内容別に、各学校での活動をご紹介しています。

<マスキングテープ>
【1校目】2016年10月25日 墨田区緑小学校 「"緑小の木"をつくろう」

CIMG0325.JPG CIMG0355.JPG
小学6年生50人が参加してくれました。
1月の展覧会に向けて、会場となる体育館の壁に
マスキングテープで"緑小の木"をつくることになりました。
まずは、淺井さんがご自身の作品をスライドで紹介したのち、
これから作る木の幹、枝、葉のかたちについて解説します。
さらに、どうやってテープでかたちを作ったらいいのか、
お手本を見せてくれました。


CIMG0368.JPG CIMG0383.JPG
早速、こどもたちは体育館の床に敷いたビニールの上に、
テープでトリのかたちを作ってみます。
横棒に羽を付けると横から見たトリ、W型に貼れば正面から見たトリになります。
あとはペンで好きな色を塗って、ビニールから剥がせばできあがり!


CIMG0407.JPG CIMG0431.JPG
こどもたちは、淺井さんの指示に従い、
さらに木の葉や枝をせっせと作っていきます。
軸となるテープからうまく剥がしていかないと、かたちが壊れてしまいます。
ゆっくりと、慎重に剥がします。


CIMG0429.JPG CIMG0467.JPG
こどもたちから受け取ったトリや木の幹、枝、葉を用いて、
淺井さんが体育館の壁に、大きな木を茂らせていきます。
もともと飾ってある校章や、100周年記念で製作された絵画をうまく活かしながら、
はしごに登って、慎重に作業を進めました。


CIMG0490.JPG CIMG0507.JPG
授業終了後も、淺井さんは制作を続けてくれました。
昼休みを利用し、手伝いに来てくれた子たちもいて、放課後にようやく完成!
自分たちの作った一つひとつのテープ作品が
大きな壁画に変身したのを目の当たりにし、大きな歓声が上がっていました。


【2校目】2017年1月27日 東京都立八王子盲学校 「自分たちの感情をかたちにしよう」

CIMG3622.JPG CIMG3634.JPG
この授業には、中学部・高等部の生徒21人が参加してくれました。
淺井さんにとって、目の不自由な生徒たちとの活動は初めてのこと。
事前に授業の様子を見学したり、先生と念入りに打ち合わせをしたりして、
「たのしい・うれしい」「いたい」「おなかすいたー」
などの感情を、体育館の壁の防護用クッションをカンヴァスにして、
マスキングテープでかたちにしてみることにしました。


CIMG3657.JPG CIMG3666.JPG
まずは、体育館の床にマスキングテープで絵を描く練習です。
あらかじめ淺井さんが画用紙の上にいろんなかたちをテープで貼り、
それを感熱性発泡紙にコピーして凹凸を付け、
指でかたちがなぞれるようにサンプルを用意しました。
淺井さんの声掛けに合わせて、ひとりずつ、サンプルを手がかりにお花を作ってみました。


CIMG3699.JPG CIMG3713.JPG 
次に、2人1組になって、カードで配られた「感情」をテーマに、
壁のクッションにマスキングテープを貼っていきます。
作業面の境界線には、目印になるようオレンジの養生テープを貼っておきましたが、
生徒たちは思いのほか自由にテープを壁に貼り付けていきます。


CIMG3693.JPGのサムネイル画像 CIMG3745.JPG
先生方も一緒になって参加し、みるみるうちに壁面が線や面で埋め尽くされていきます。
あちこちからテープのお代わりをする声が上がり、
テープが伸びる感触そのものを楽しみ始める生徒も現れました。
やがて体育館中が、縦横無尽にテープが走る巨大な作品に変化していきました。


CIMG3762.JPG CIMG3774.JPG
作品完成後は、1組ずつ、何を思って描いたかを発表してもらいました。
わざと、壊れているはしごを作って「さびしさ」を表現した生徒がいたり、
普段はあまり関わらない生徒同士が団結して一つの作品を作ったり。
生徒や先生、そして淺井さんや私たちにとっても、驚きや発見がある授業となりました。
(J.O.)

アーティストの一日学校訪問(淺井裕介さん)レポート その3

昨年の10月から今年の1月にかけて実施した、
淺井裕介さんによる「アーティストの一日学校訪問」。
その3では、巨大なペン画の授業をご紹介します。

<ペン画>
【1校目】2017年1月20日 大田区立開桜小学校 「点と線の宇宙」

CIMG3406.JPG CIMG3429.JPG
小学6年生85人が一度に参加することになったこの授業。
事前に体育館いっぱいに模造紙ロールを貼り合せて、巨大な画用紙を作りました。
こどもたちはその上に座って、淺井さんの作品説明に聞き入ります。


CIMG3447.JPG CIMG3456.JPGのサムネイル画像
こどもたちには用意したクレパスやチョークを1つずつ持ってもらいます。
まずは淺井さんが、足元に小さな丸を描いてお手本を見せます。
次に、全員で模造紙の上をぐるぐる歩いてもらい、
淺井さんがストップをかけたら、自分の足元に丸を10粒描きます。


CIMG3476.JPGのサムネイル画像 CIMG3481.JPGのサムネイル画像
これを繰り返し、紙の上に丸の数が増えていったら、
今度は一方の足を軸にして、手が届く範囲で描けるだけの線を引きます。
実線や点線など、淺井さんの声掛けに合わせて線が変化していきます。
浅井さんが何人かを指名して、その人の後に付いて列になって線を描いたり、
身体を動かすことを楽しみながら、画面を点や線で埋めていきました。


CIMG3506.JPG CIMG3517.JPG
次は、宇宙にただよう生き物をひとりずつ描きます。
といっても、一つひとつが衛星になるように、丸で囲むのを忘れずに。
その後、全体の画面の中に、淺井さんが大きなイヌや、トリや、キツネなどの
動物のシルエットを黒い線でかたち作っていきます。


CIMG3541.JPG CIMG3579.JPG
そのシルエットを、今度はこどもたちが水性マジックで塗りつぶしていきます。
淺井さんの描いた生き物が星座のように浮かび上がる中、
小さな生き物の衛星たちが飛び交う、そんな宇宙の絵が出来上がりました。


【2校目】2017年1月31日 杉並区立大宮小学校 「点と線の宇宙」

CIMG3869.JPGのサムネイル画像 CIMG3873.JPG
こちらも6年生の、残り少ない三学期を使った授業で、32人の参加となりました。
淺井さんの自己紹介のあと、早速模造紙の上でウォーミングアップです。
こどもたちが手にしているのは水性ペン。
2本同時にペンを走らせると、虹のように線が展開していきます。


CIMG3895.JPG CIMG3892.JPG
この後、こどもたちに何を描きたいか多数決を取って、
この学校も「宇宙」をテーマに描くことになりました。
淺井さんが描いた「生き物の衛星」をお手本に、
さまざまな生き物が画面に出現していきます。

CIMG3922.JPG CIMG3938.JPG
この授業では、自然発生的に何人かで大きなお花を描いていたり、
地球を生み出していたりしたのが印象的でした。
さらに、浅井さんが画面の中にかたち作った大きな生き物を、
あらかじめ仕込んでいた、箒の先にペンを付けた筆でなぞってみたり、
のびのびと絵を描く姿が見られました。


CIMG3975.JPG CIMG3986.JPG
今度は、最初にみんなで引いた線を活かしながら、
淺井さんの生き物の中を色塗りしていきます。
最後には、紐を付けて体育館のバルコニーから吊るして鑑賞しました。
まるで、大きな舞台装置のようなペン画が出来上がりました。


CIMG4007.JPG IMG_3099.jpg
授業終了後は、大きな生き物のサイズに合わせて、模造紙を切り分けておきました。
事後授業で、周囲にスタンプやスパッタリングで星を増やして、
それぞれ別の作品として完成した宇宙の星座たち。
年度末、行事の多かった体育館に、華を添えてくれたとのことです。
(J.O)

アーティストの一日学校訪問(淺井裕介さん)レポート その4

DSC09797.JPG 写真:かくたみほ
                           

こうして、3つの内容別に行った6校の授業が無事終了しました。

授業後にいただいた先生からのアンケートを読むと、
「こどもたちがどんどん手を動かすのにびっくりした」という感想が目に付きました。

浅井さんが授業テーマに掲げた「絵が生まれてくる場所は、どこにでもある!」。
この「場所」とは、単に物理的な空間を指すものではなく、
作品が表われ出る際の衝動や、根源を指していたような気がします。

今回の学校訪問においては、淺井さんが実際に描いている姿や声掛けによって
揺さぶられるこどもたちの心や、友だちや先生たちとのコミュニケーションから、
絵は、どんどん生まれていたように思いました。

最後に、淺井さんからの感想をいただきましたのでご紹介します。


「描くという運動」
 
6つの学校でこどもたちと一緒に作品を作ることができ、思ったのは、
絵を描くのは、なんて挑戦的でドキドキすることなのだろうということ。

さっきまではなかったものが、2時間後には目に見える、
手に触れられる形になってそこに生まれている。
精一杯真剣に、夢中になって、丁寧に、野蛮に、
暴力的にたくさんの手が一つの作品の中に入っていく。

様々な時間を重ね、つなぎ、折り合わせていくような運動の数々。
小さな点がビックバンを起こしてあっという間に広がっていく、その驚き。
開始5分後と、終了5分前のこどもたちの手の動きの違いを見て、
この描くという運動の先にはいったい何があるのか、
まだよくわからないけど、それでもそれは挑戦だし、
もっともっと描き続け、この描くという行為そのものを伝えていきたいなと、
たくさんの勇気をもらったように思います。
 
今回限られた時間と条件の中で、テープやペン、土など
それぞれ精一杯制作を行えたこと。
一緒に作ったこどもたち、
打ち合わせと全然違う展開になることもちらほらあり、
多大なご協力とご心配をかけた先生方、
そして美術館のスタッフの皆様に感謝します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 淺井裕介


来年度も、学校側のニーズに寄り添いながらも、
アーティストにとって新たな活動の場ともなる「学校訪問」の意義を、
さらに深めていければと思います。
また新たなこどもたちや、先生との出会いを楽しみにしています。
(J.O.)

2017年3月17日

記憶の灯火を絶やさないために

remo1 (300x218).jpg
3月11日(土)、MOTサテライト関連プログラムとして、
remo読み歩きクルーズ「あの日の"あとを追う"-
記録すること、残すこと」を実施しました。
remo(NPO法人記録と表現とメディアのための組織)は、
MOTサテライト参加作家の一人。今回のクルーズは、
remoに所属する松本篤氏が本展のために制作した
清澄白河界隈にゆかりのある二人のインタビューから
構成される記録冊子『あとを追う』に登場するいくつかの
場所を実際に訪れ、記録を残すことや、経験を共有しない
ことの意義を考える企画。

参加人数は当初定員10名程度の予定でしたが、
最終的には18名が参加。
ナビゲーターは、remoの松本氏。
そして冊子『あとを追う』に登場するお二人にも
ゲストとしてご参加いただき、それぞれのゆかりの
場所で直接お話を伺いました。
ゲストのお一人は、昭和30年〜50年代の清澄白河界隈を
8ミリフィルムで撮影した70歳代の男性。
もうお一人は、東京大空襲に遭う日まで清澄白河界隈に
暮らしていた70歳代の女性。


remo2 (300x225).jpg
remoの展示会場であるMOTスペース6「平野の旧印刷所」に集合し、
今回の企画主旨等を説明した後、早速クルーズに出かけました。
最初に訪れたのは、MOTサテライト参加作家の一人、
松江泰治氏の作品が展示されているMOtスペース4「赤い庇の旧印刷所」。
松江氏の作品は、現在の清澄白河界隈を空撮した写真作品。
参加者と一緒に、まずは現在の清澄白河界隈の様子を把握しました。


remo4 (300x225).jpg

remo3 (300x225).jpg
次に訪れたのが、男性ゲストの生家があった小名木川に
架かる高橋(たかばし)のふもと。
現在その場所には大きなマンションが立ち並び生家の
痕跡はありません。男性はまだ家があった昭和37年頃、
家の屋根に上り周辺の景色をぐるりとパノラマ状に撮影し
記録に残しています。この写真と現在の橋のたもとの
様子とを見比べながら、当時の様子を語っていただきました。
写真に写っている建物のほとんどが今は無く、
別の建物になっていますが、写真の中の質屋の蔵は、
現在も同じ場所にあり営業しています。
男性は幼少の頃、小名木川は川底が見えるほど綺麗で、
高橋の欄干の上に塔(今はありません)があり、
そこに上って川へ飛び込む遊びを良くやっていたとのこと。
高橋には当時都電が通っており、電車が通るたびに
「乗客に見せつけるように飛び込むのがかっこ良かったんだよ」と
満面の笑みで語ってくれました。
少年時代の思い出を昨日のことのように活き活きと語る男性の姿をみて、
まるでこの橋のたもとで一緒に遊んでいるかのような錯覚に陥りました。


remo5 (300x225).jpg

remo6 (300x225).jpg
高橋を後にして、小名木川の沿道を歩き、川に架かる大富橋を渡り、
東京都立墨田工業高等学校の校門前に向かいました。
ここからはもう一人のゲストにお話を伺いながら歩きます。
ゲストの女性の実家は、この付近にあり、父が医者で病院を
営んでいたそうです。
1945年3月10日この場所で彼女は空襲に遭い、
その日は6歳の誕生日でした。
30代の時に当時の様子を一度体験談として『戦災誌』に
寄稿していますが、60歳になるまで、当時のことを思い
出すのがいやでその後は誰にも語ってこなかったそうです。
今回remoの松本氏との出会いをきっかけに、
こうしてご自身が空襲にあったこの辺りを歩き、
当時の記憶をたどってもらいました。
生々しく語られる記憶の数々に参加者も神妙な面持ちになり、
目の前に広がっている今の風景に空襲の光景が重なります。
お話を伺っているとベビーカーを押す母親が偶然横を通りかかり、
また、道ばたで遊ぶこどもたちの姿も目に入りました。
当時もこうした平凡な風景が一夜にして奪われ、
一変してしまったのかと思うとなんともいえない複雑な
気持ちになりました。
ゲストの語りは、その場を共有していないはずの我々の記憶にも
痛ましい風景を新たに記録させてくれます。

今回のクルーズでは、ゲストのお二人の生の語り(記憶)を
聞きながらもう一度まちを見つめてみました。
経験を共有することのない参加者(他者)同士が一時的に集まり、
残された記録を手がかりに清澄界隈を共に歩くことで、
まちの見え方が一変する、そんな経験の創出に遭遇できたのでは
ないでしょうか。
ゲスト自身も語りを通じ、新たな記憶がよみがえり、
再更新されていく。
その場所はゲストにとっては特別な場所、思い出の場所、
参加者にとっては、縁もゆかりもない場所であっても、
お互いに、あの日、あの時の記録を読み、その後の記憶をたどり、
個々人の中に新しい記憶として記録される。
「あとを追う」ということは、記憶の灯火を絶やさないようにする
再生と更新をくりかえすことでもあり、そして、それをまた記録し
残していかなければならないのだと強く実感した一日となりました。(G)