« アーティストの一日学校訪問(関根直子さん)レポート その3 | メイン | アーティストの一日学校訪問(関根直子さん)レポート その1 »

アーティストの一日学校訪問(関根直子さん)レポート その2

IMG_9054.JPG

当館収蔵作家の関根直子さんによる、
2015年度の「アーティストの一日学校訪問」。


【3校目】2015年12月14日 葛飾区立こすげ小学校 「自分なりの線を探す」

IMG_9041.JPG IMG_9055.JPG

3番目に授業を受けたのは、葛飾区立こすげ小学校4年生の73人です。
作品を鑑賞したのち、何枚かの画用紙を少しずつ重ねて広げた上に、
関根さんが線を描いて見せます。
その線が描かれた画用紙を班ごとに1枚ずつ渡しました。
こどもたちは「画面いっぱいに描く」「いろんな線をみつける」ことを
テーマに自分なりの線を探して、渡された画用紙に鉛筆を走らせました。


IMG_9065.JPGのサムネイル画像 IMG_9095.JPGのサムネイル画像

こどもたちの様子を観察してみると、
持ち方によって線の描き方を工夫しているのがわかります。
鉛筆を3、4本束ねて持ったり、
濃く塗った箇所に消しゴムで白い線を描いてみたりする子も。
画用紙をつなげて並べてみると、班の数が多いこともあって
今までで一番巨大な"絵画"ができあがりました。


【4校目】2015年12月21日 福生市立福生第三小学校 「負けじと線を膨らます」

IMG_9359.JPG IMG_9402.JPG

4校目は、福生市立福生第三小学校の5年生25人です。
この学校では、関根さんがあらかじめ描いたドローイングが再び登場。
関根さんが描く線は、さまざまな要素を示しながら
紙の上で変化し、増幅していきます。
こどもたちは、その様子を見て負けじと線を膨らませていきました。
どの子も、手やひじが真っ黒になるのをいとわずに、
紙の上に競って手を伸ばしていたのが印象的でした。


IMG_9414.JPG IMG_9436.JPG

いったん立ち上がって、描いた線を少し離れて鑑賞してみます。
関根さんからアドバイスを受けたこどもたちは、
うなずきながら、また紙に線を描き重ねていきます。
最後は、各班の作品を横2列に並べて、全体を見て仕上げていきました。
壇上からの鑑賞タイムでは「この部分が面白いね」「もう少し描きたかった」
などの意見や感想が飛び交いました。(J.O.)

(その3へつづきます)