« 2015年6月 | メイン | 2015年9月 »

2015年7月30日

教員の夏休みパート2

墨田図工ブログ1.jpg

連日続く猛暑の中、図工教員の皆さんの研修会も続いています。
今日(7月30日)当館を活用してくれたのは、墨田区の皆さんです。

墨田区の皆さんは毎年夏休みに現代美術館を活用してくださり、
その都度新しいテーマを掲げ、研修内容が常に進化し続けています。

今年は美術館を活用した鑑賞授業を考え、実際にこども達を連れてきて、
その様子を見学し、鑑賞授業の充実を図ろうというのが目的です。
ですので、研修内容は2つあり、1つは「授業案の検討」そして2つ目が
「実際の授業の見学と検証」。

今日は、「授業案の検討」ということで、
代表の図工教員が考案した鑑賞の授業を
他の教員の皆さんがこどもになったつもりで実際に受け、
こども達を連れてくる当日に向けて、
その改善点などを話し合いました。

授業を考案してくれた教員の方は、教育普及担当学芸員による
トーク体験で終るのではなく、こども自身から発せられる「つぶやき」を
もっとたくさん聞けるような授業にしたいという思いがあるそうです。

通常我々学芸員がおこなっているトークにおいても、
全てのこども達が言葉を発することはなく、
言葉になかなかできない子もいます。
そうした子でも、心の中ではちゃんといろいろなつぶやきを持っています。

そこで、作品を見て感じた一言を「つぶやきカード」に書き込んでもらい、
作品の前に並べて、一人ひとりのつぶやきを学芸員が紹介することで、
お互いに感じたことを共有する手立てとする授業を行うこととなりました。

つぶやきを共有することで、友達の感じ方に共感したり、
違いを受け止める活動は作品をより深く味わうことにもつながっていきます。

墨田区図工ブログ2.jpg

さて、本日の鑑賞授業体験では、
初めに2作品ほど学芸員がギャラリートークをしたのち、
ひとつの作品の前に集合し、つぶやきを記入するカード
「つぶやきカード」を配ります。
そして、作品から受ける印象や感じたことなどを書き記し、
作品の前にならべて、一人ひとりのつぶやきを学芸員が紹介していきました。
(上写真)

やはり一人ひとりの感じ方、見るポイントは異なっており、
皆さんなるほどねーと共感し、自分には無かった発見や気づきが得られたようです。
こども達を実際につれて来ても同じ様な効果が期待できそうです。

授業体験後の検討会では、鉛筆で書いたのでは見にくいという指摘がありました。
しかし、学芸員が一人ひとりのつぶやきを読み上げることで、
それは解消させれるのではないかという意見もでて、
このままのスタイルでやってみようということになりました。

次回こども達を連れての授業本番は9月に予定されています。
その様子もまたご報告したいと思います。(G)


2015年7月24日

教員の夏休み

教員研修ブログ2.JPG

夏休みに入り小学校の団体鑑賞もひとまずお休み。
かわりに図工教員の研修会の受け入れが始まり、
夏休み中も教員のみなさんは研鑽に勤しんでいます。

今日(7月24日)は、練馬区の図工教員のみなさんが
研修会で当館を利用してくださいました。

テーマは「アートカードの使い方」。
アートカードとは、作品の図版をカード状にしたもので、
昨今作品鑑賞ツールのひとつとして広く美術館や学校現場で活用されています。
現代美術館では、オリジナルのカードを手作りしたものを使用しており、
こうした教員向けの研修会などでも活用方法をご紹介しています。

今回研修会に参加した教員の中には既に授業で活用している方も
いるようですが、大半の教員が未体験。
そこで、アートカードの使用方法、特に実際の展示室にある作品と
からめた活用の紹介をしてほしいというオーダーがありました。

まずは、アートカードをつかったゲーム体験と、
アートカードを使用し育まれる力などをレクチャー。
次いで、いよいよ実際の展示作品とからめたプログラムを体験してもらいました。

アートカードに使用されている作品は絵画や彫刻など様々なものがあります。
その中から1枚だけ自分が気になるカードを選んでもらい、展示室に向かいます。

さて、ここからが本番です。
「みなさんが選んだカードのお友達を探してください。
つまり、カードのお相手、仲間を探してください」
これは選んだカードの図柄(作品)と実際に展示室にある作品との共通項を考えるというもので、
色や形といった基本的な要素の共通項でも構わないし、見て感じたことの感覚的な共通性を
探しだしたり、作品同士の物語性を創作しながらつなげても構いません。

上の写真の教員の方は選んだカードの作品がツブツブしている要素でできているので、
この絵もツブツブしているのでお友達にしましたと紹介してくれました。

他の方もユニークな視点で各自お友達を探してくれました。

このプログラムはアートカードだけを使ってもできるのですが、
展示室内でもカードゲームをしているような感覚で
楽しみながら鑑賞ができます。

この日研修会に参加した教員の感想の中には、
「カードを持ち、本物を見に行くことで、
より感動を覚えるのを体験できた」
「作品やカードから受け取ったイメージを相手に伝えるという部分が
色々な教育活動に共通している事なので今後も大切にしていきたい」
「ただ作品を鑑賞するより観る観点があった方が、より深く作品を知ろうと思えた」
「いろんな人の感性にふれることができた。自分の感性をみがくことにもなっている」
などがありました。

アートカードを手掛かりに、本物をじくりと見る感覚が
研ぎ澄まされたようです。

アートカードの使い方は、無限大。
ぜひ学校現場でも様々な使い方を考案し、授業に活かしていてほしいと思います。(G)