« 2015年2月 | メイン | 2015年6月 »

2015年3月31日

こどもたちの成長を感じながら

元加賀小ブログ2015.jpg
毎年3年生以上の学年が鑑賞に来てくる江東区立元加賀小学校。
現代美術館のすぐ裏手にあり、美術館にもっとも近い小学校です。
現代美術館には年間150から160校の学校団体活用があり、
その多くが特定の学年を年に一度つれて来てくれるのが定番です。

しかし、元加賀小学校さんのように学年が上がる毎に同じこどもたちが
毎年美術館に来るというのは極めてまれなこと。
継続して来館することで、こどもたちの美術館での振る舞いや鑑賞態度の変化を
こどもたちの成長とともに伺い知ることができます。

二度目以上の来館となる4、5、6年生になると、
昨年見た作品のことも良く覚えていて、
こちらから尋ねなくとも「こんなのがあったよね」
「あれをもう一度見たい」などとリクエストしてきます。

特に5、6年生ともなると、
「今回はどんな作品? 見るぞー!」という意気込みすら感じます。
つまり、自主的かつ積極的に作品と対峙しようという態度が醸成されているのを感じます。
また、美術館でのルール「走らない、触らない、さわがない」に関しても
クラスメート同士で確認しながら行動している様子も見て取れます。

このようになると一緒にまわる我々も、
こどもたちの自主性に寄り添いながらのトークになりますので、
こどもたちのペースにあわせて、じっくりと個々のこどもたちの様子を
俯瞰して見る余裕もでてきます。

美術作品を自ら楽しみ味わう態度はこうして継続することで
養われるのだなとひしひしと感じます。
もちろん、こどもの発言に真摯に耳を傾け、それらをきちんと受け止め、
一緒に楽しみながら見る場を作る、
美術館側の環境設定も重要であることはいうまでもありません。

年に1度、1学年だけをつれて来館してくださる学校ももちろん大歓迎です!
2015年度も、みなさまのご活用をおまちしております(G)

2015年3月24日

アーティストの一日学校訪問(森千裕さん)レポート その1

GT8_9356.jpg

2001年度から始まった「アーティストの一日学校訪問」。
アーティストとの交流を通じ、現代美術の動向を
感じ取ってもらうことを目的にしています。

本年度は、収蔵作家の森千裕さんをお招きし、
今年の1月から3月にかけ都内の6校(小学校4校、中学校2校)
にて実施しました。

森さんは「わけのわからない感覚」や「自分の中の気になる気持ち」
と常に向き合いながら、作品を制作しています。
訪問授業では、こどもたちが純粋に自分の感覚に集中して、
言葉にできない自分の感覚や気持ち、興味のようなものと向き合う時間を持ち、
それを形にして残すという試みを行いました。

森さんが企画した授業テーマは3つ。
最初のテーマは「小さな落書きを巨大化してみよう!」。

ふだんは授業で描くと叱られてしまうような「落書き」。
この授業では、そんな小さな落書きを巨大化させる、
ふしぎな感覚をみんなで味わってもらいました。

GT8_9380.jpg

この授業に参加してくれたのは福生市立福生第五小学校の5年生67人です。
最初に、こどもたちに落書きへのヒントを与えるべく、
森さんがレクチャーを行いました。
また、幼い頃に描いたドライブ中の風景に色を付けて再制作した
《トンネルの絵》を持って来てくれました。(写真上)

008.jpg 007.jpg

次に、こどもたちに透明シートの上に油性ペンで
自由に落書きを描いてもらいました。

森さんは、その落書きをOHP(オーバーヘッドプロジェクタ)
に次々と載せていきます。

015.jpg 024.jpg

体育館のスクリーンには突如巨大化した落書きが登場。
小さな落書きが大きくなったり、組み合わせや重ね方を変えたり
することによって全く違う絵に見えてしまう面白さを体験しました。
全員の作品をドサッとOHPの上に載せると、スクリーンは真っ黒に。
こどもたちからひときわ大きな歓声が上がりました。
(J.O.)

(その2へつづきます)

写真:後藤武浩

アーティストの一日学校訪問(森千裕さん)レポート その2

GT8_0891.jpg

当館収蔵作家の森千裕さんによる、
2014年度の「アーティストの一日学校訪問」。

次に行った授業テーマは「『今はないもの』を絵に描いてみよう!」です。

前は確かにあったはずなのに、何らかの理由で今はもうない、
でも心の中には残っているもの。
この授業では、そうした記憶を呼び起こして、絵に描いてみました。

GT8_0865.jpg GT8_0956.jpg

この授業を受けたのは全部で3校。
まずは、港区立麻布小学校5年生の27人です。
最初に、森さんにとっての「今はないもの」について、
作品の画像を見ながらお話を聞きました。
見間違い、聞き間違いといったものも、「今はないもの」の中に含まれます。
それを踏まえて、こどもたちは思い思いに画用紙に線を走らせました。

GT8_1044.jpg GT8_1093.jpg

描き終えると、掲示版に作品を貼り出し、何を描いたかを発表してもらいました。
夢に出てきたもの、大好きな食べ物...。
こどもたちのさまざまな「今はないもの」が現れました。


GT8_7083.jpg GT8_7157.jpg

2校目は、練馬区立練馬第三小学校の5年生52人です。
この小学校では、森さんから事前のお便り『森だより』が届き、
それを読んだこどもたちが「今はないもの」を書いてくれました。
その中から、森さんが気になったものを発表。
自分が何を書いたのか、次々と名乗り出てくれて、
森さんとのやりとりが大いに盛り上がりました。

GT8_7250.jpg GT8_7296.jpg

こどもたちは、指や新聞紙をちぎったもので、
器用にパステルを画用紙の上にぼかしていきます。
描いた作品は、床に広げてみんなで鑑賞しました。


GT8_7590.jpg GT8_7695.jpg

3校目は、新宿区立牛込第三中学校3年生の82人です。
この中学校では、森さんが影響を受けたアニメや映画を鑑賞したのち、
クラスごとに教室で絵を描きました。
自分の腕をじっと観察しながら描いたり、
なかなか題材が思いつかずに机に突っ伏したり。

GT8_7756.jpg GT8_7770.jpg

出来上がった作品は、自分たちで掲示板に貼り出します。
もうすぐ卒業を迎える3年生が、最後に美術と向き合う時間を過ごしました。

最初はなかなか筆が進まない人もいましたが、
「今はないもの」を思い出すために、自分の心の中に入っていく作業と、
それを色やかたちで表してみる体験をしました。
(J.O.)

(その3へつづきます)

写真:後藤武浩

アーティストの一日学校訪問(森千裕さん)レポート その3

GT8_2862.jpg

今年の1月から3月にかけて実施した、
森千裕さんによる「アーティストの一日学校訪問」。

最後の授業テーマは、「小さな自分の『仏像』を作ってみよう!」です。

誰にでも、自分の願い事を託し、お守りにしたいものがあるはず。
この授業では、そうした自分の「念」のようなものを、
樹脂粘土を使って、いわゆる「仏像」にしてみました。

D80_9485.jpg GT8_3672.jpg

この訪問授業を受けたのは2校。
まずは、足立区立青井中学校2年生の50人です。
最初に、昔の仏像や、現代美術作家が作った作品を、森さんが写真で見せます。
さらに、森さんの作品の「千手観音」や「虚無僧」が紹介され、
これから作るものへのイメージをふくらませました。
中学生は粘土を持たせると、立ち上がって勢いよくこね始めます。

GT8_3811.jpg GT8_3886.jpg

人型を後ろに反り返らせて複雑なかたちにしたり、
お団子をいくつも作って重ねてみたり。
完成後は、教室にあった花瓶や果物のサンプルと一緒に森さんが窓際に展示。
学校の一室に不思議な空間が出現しました。


GT8_2732.jpg GT8_2922.jpg

もう1校は、品川区立城南小学校5年生の47人です。
小学校では、粘土をあらかじめ水で練っておきました。
手を真っ黒にしながら、メロンパンやハンバーガーを作る人がいるかと思えば、
竹串を思い切り刺したものや、恐竜のようなかたちも登場。

GT8_2841.jpg GT8_2907.jpg

出来上がった作品を、いろいろな場所で自由に置き、
その場所で写真を撮ってみました。

昔の人々にとって信仰の対象であった「仏像」は、
今を生きるわたしたちにとって、どのようなかたちで表すことができるのか。
そんなことも考えてもらう機会になりました。

こうして、6校の訪問授業は無事終了しましたが、
実はこの「アーティストの一日学校訪問」の様子が、
現在開催中のMOTコレクション「コレクション・ビカミング」
で紹介されています。

IMG_4675.JPG

森さんの作品とともに、森さんが選んだこどもたちの
「今はないもの」の作品と「仏像」作品が
作家本人のインスタレーションによって展示されています。
また、「小さな落書きを描いてみよう!」で
こどもたちが描いた落書きを展示室の壁に投影し、
その一部を森さんが壁面に描き写しています。

会期中に、この展示はさらに変化していく予定です。
森さんとこどもたちの交流の成果をぜひご覧ください。
(J.O)

写真:後藤武浩(展示室を除く)


2015年3月19日

大切な想いを「花」と「音」に託して

音の花束1.jpg
2015年3月18日、東京都現代美術館は開館20年を迎えました。
これに関連し「音の花束」というワークショップを開催しました。
(実施日:2015年3月14日、15日。15日は発表会パフォーマンスも実施)

このワークショップでは、開館20周年を祝すと共に、
心に浮かんだ誰に向けて、おめでとうやありがとう、
感謝の気持ちや愛の気持ちなど、言葉では伝えきれない
たくさんの想いを音に託して「音の花」=音の鳴る花を作り、
大切な誰かに届けてもらいました。

参加人数は直前のキャンセルが相次ぎ8名と少なかったものの、
講師の後藤朋美(アーティスト)さんやスペシャルゲストの
青柳拓次(音楽家)さんらとの距離感も近く密な関わりが持てました。

音の花束2.jpg
ワークショップ1日目は、参加者同士の自己紹介や今回「音の花」を
届けたい大切な誰かのことを想いながらその相手に向けてお手紙を
書いてもらいました。

音の花束3.jpg
続いて青柳さんや後藤さんが用意してくれたたくさんの楽器に触れながら、
自分が演奏したい楽器を選んでもらい、青柳さんの指導のもと、
みなさんの心の想いを音にする活動を行いました。

楽器演奏は初めてという方がほとんどでしたが、
即興演奏を続けるうちに、だんだんと形になっていき、
やわらかく暖かい、心地よい音が奏でられるようになりました。
この合奏は録音し、別の音声機器に音声データとして移し、
美術館内に飾る10個の花に取り付けます。
これとは別に参加者個人が持ち帰る花にも音をつけます。
この音は各自選んだ楽器で音を出して簡易音声機器に録音します。

音の花束4.jpg
音の花束5.jpg
音の花束6.jpg
音作りの後は花作り。後藤さんがあらかじめ草木染めしてきた
色とりどりの布を使って思い思いの花を作ります。
大きな花びらの人もいれば小さく可憐な花を作る人もいました。
先ほど各自で録音した簡易音声機器を花に装着し、
ブーケ状にしてワークショップ1日目は終了。

音の花束8.jpg
音の花束7.jpg
ワークショップ2日目は、昨日作ったお持ち帰り用の花に名前を付けたり、
どんな想いで作ったのかなどを発表しました。
90歳を超えたおばあちゃんに100歳どころか200歳まで生きてほしいという
気持ちを込めた花や、平凡は幸せだと感じている気持ち、
もう一度会いたい人を想う気持ちを込めた花など胸がキュンとなる
想いの詰まった花がたくさん誕生しました。

音の花束9.jpg
音の花束14.jpg
この後は、昨日の合奏の音が装着された花を館内に飾り付けました。
実は事前に美術館の近所にある元加賀小学校に後藤さんが出張し、
6年生のみなさんにも美術館の20周年を祝って花を作ってもらっていました。
これら小学生が作ってくれた花も館内に飾り付けました。
色とりどりの花がエントランスを中心に飾り付けられ、
つかの間の彩りを添えてくれました。
合奏の音の鳴る花は、センサーで音が出る仕掛けになっていて、
人が花の近くを通ると、そっと音が鳴り、館内のあちらこちらで
きれいな音色が響いていました。

音の花束10.jpg
音の花束11.jpg
さて、午後は前日に皆さんで作った音の発表会パフォーマンス。
ステージ上では「音の花束」と命名されたこの合奏曲が約80名の観客の前で披露され、
引き続き青柳さんのソロ演奏で多いに盛り上がりました。

音の花束12.jpg
音の花束13.jpg
最後は、後藤さんのドーム状の参加型アート作品
「You are my hope-You are our hope,You are your hope-」がお披露目され、
会場の皆さんが作品の中に入り美術館の20周年等をお祝いし
2日間のワークショップは終了しました。
参加者の感想には「何も無い所から自分なりに自由に作っていくことの楽しさを
久しぶりに実感できました」「個人作業だけでなく、みなさんと心を合わせて
一つのものを作り上げて、とても貴重な体験ができました」などの声があり
満足した様子がうかがえました。

誰か大切な人への想い、そして当館の20周年のお祝いの気持ちを
たくさん感じることのできた2日間となりました。(G)

記録撮影:高木考一

2015年3月13日

深まることの心地よさ

業平小ブログ1.jpg
今日(3月12日)は、墨田区立業平小学校3年生30人が来てくれました。
(先週は別のクラスが来館しています)
この学校は毎年当館を活用してくれる常連校です。

図工担当教員が毎年今年はこんなことをやってみたいと
鑑賞の工夫を提案してくれます。
先の蔵前小学校でも伊藤作品に挑戦したいという提案を
いただき実施しましたが、
こうした教員からの積極的な鑑賞の工夫の提案は、
美術館と学校が連携していく上で非常に重要なことだと思います。

単に美術館に御任せしますという学校が多いのも事実。
しかし、せっかく美術館を活用できるのですから、
いろいろとご提案いただければ、こちらも可能な限り対応いたします。
こどもたちにどのような鑑賞体験を自分のものとして持ち帰り、
学校生活や普段の生活に活かしていくか、
美術館と学校が共に考えて行くことが、大切ではないでしょうか。

業平小ブログ2.jpg
今年の鑑賞では、学芸員と一緒にグループ毎で鑑賞した後、
個人でそれぞれ気になる作品を探しメモをしてまとめ、
再びグループで集まって、学芸員が進行役になり
各自が選んだ作品の前で発表しました。

図工担当教員からは
「みんなで見ることでいろいろな見方ができることがわかり、
深まることの心地よさを感じとり、自分の目でそれを体験し、
お互いの鑑賞を交流する。
自分の伝えたい気持ちと友だちはどうだったのか
知りたい気持ちが交流できたことでさらに満足できていました。」
とのコメントをいただきました。

さらに、
「美術館での鑑賞の体験は、作品や空間、学芸員さんの魅力により
存分に子供の力が引き出されると捉えています。
この引き出された力は子供の成長になります。
学校では更新された姿で日常の活動に生かされていきます。
見ることが充実した授業は表現へのこだわりもふくらみます。
今年の3年生もこれからが楽しみです」
と続きます。

学校と美術館の互いの良さを活かしながら、
美術館での体験が、こどもたちの成長や生きる力を
育む一助となればと思います。(G)


2015年3月11日

作品を見て、まねて

蔵前小ブログ2.jpg
今日(3月10日)は朝から小雨が降る中、駅から歩いて
台東区立蔵前小学校4年生70人が来てくれました。
この学年は3年生の時に2013年に開催した
「オバケとパンツとお星さま」展を鑑賞しています。

今回は、図工担当教員からの提案で、
MOTコレクションで展示されている
伊藤公像《アルミナのエロス(白い固形は・・・)》を鑑賞し、
自分たちでも作品をまねて作ってみるということに
チャレンジしてくれました。

蔵前小ブログ3.jpg
この作品は、アルミナと長石の粉を焼きしめたパーツを
伊藤さん自身が展示空間に並べ、形を造形していくというもので、
展示されるたびにその形が変化します。
床に並べられた作品を見てこどもたちは、
「街みたい」「流氷」「震災の後」などなどいろいろにイメージし、
また白い素材から「発砲スチロール」「小麦粉粘度」「石けん」などと
何で出来ているのかも想像してくれました。

今回は、触れる素材のパーツもいくつか用意していたので、
実際に触ってもらいました。
「想像していたより固い」「においがない」「ちょっと湿っている」など
思い思いに質感を味わっていたようです。

一通り鑑賞したあとは、いよいよ伊藤作品に挑戦です。
かといって、この場で同じ素材を焼きしめてつくることはできませんので、
白い紙を用意し、それを丸めたり、ちぎったり、引き裂いたりしながら
一人一人が作った紙のパーツをみんなで並べて大きな形をつくり
造形していく活動を行いました。
2クラスにわかれて、館内の空きスペースにそれぞれ並べて完成させました。

蔵前小ブログ4.jpg
蔵前小ブログ5.jpg
初めはパーツをつくることに熱中していたこどもたちも並べはじめると、
どのように配置すると面白く見えるのか、バランスや形などにもこだわりだし、
30分程の活動時間はあっというまに過ぎていきました。

蔵前小ブログ6.jpg
蔵前小ブログ7.jpg
完成後はお互いの作品を鑑賞しあい、
工夫した点や何に見えるかなどを語り合い活動終了。
遠目にみると新しい伊藤作品がそこに誕生したかのような
錯覚にみまわれるほどのできばえに、
MOTコレクションを担当する学芸員も感激していました。

後日学校から届いたこどもたちの感想には、
「展示する時に伊藤さんが美術館に来て、形をその時に決めて
作るという事にびっくりしました」
「何年後かになったらどんな形になるかが楽しみです」
「紙を色々な形にできて面白かった」
「くしゃくしゃがアートになるのはびっくりした」
などがありました。

作品をみて、実際に自分たちでその造形をまねてやってみる。
素材はことなりますが、作家がたどる作品制作のプロセスの一端を
実体験できたのではないかと思います。

今度はぜひ学校の体育館など広いスペースでもやってみてくださいね。(G)