« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月25日

自分のペースで、じっくりと

IMG_1618.jpg
インターンとして約半年がたち、現場でのギャラリートークも
任されるようになりました。
そうしたトークで、日頃意識しているのは、こどもたちとの
コミュニケーションを重視してギャラリートークを行うということです。
しかし、中学生ともなると、一人一人が作品と向き合う時間も
大切にすることを心がけています。
例えば、先日対応した古河市立三和北中学校美術部のトークでは
こんなシーンに出くわしました。

「何に見える?」と抽象的な大竹富江さんの彫刻作品の前で
生徒さん達に質問した時のことです。
ある生徒さんは首をかしげながら、じっくりと作品と向き合い、
考え、感じ取ろうとしている様子...。
他の生徒さんも、「何かには見える」と言った後、
じっくりと作品と向かい合い、鑑賞を深めている様子でした。
また、「飴細工をぐちゃぐちゃっとしたように見える」と答えた生徒さんの反応から、
頷きながら作品をじっくりと鑑賞している生徒さんもいました。

中学生と鑑賞していると、つい知っている作品情報を色々と話したくなります。
しかし、一人ひとりが作品と対話する、作品を通して一緒に見ている人と
コミュニケーションをとる、という時間は作品を前にしてしかできないこと。
なので、この時間を大切にしたいと考えています。

鑑賞を深めてもらおうと質問をした際に回答が返ってこないと不安になりますが、
そうではなく生徒さん達がどのように作品と向き合っているのか、
声を発さずとも、言葉にならずとも、色々感じている様子に気付き、
一緒に鑑賞している時間を共有することが大切なのだと感じています。

今後も生徒の皆さんが自分のペースでじっくりと、
時には友だちと話しながら、作品との対話、作品を通した対話を
楽しんでもらえるよう、トークに取り組んでいこうと思います。
(インターン K.N.)

2014年8月18日

高校生ボランティア 夏休みの活動

東京都現代美術館では2009年度より、都立高等学校の生徒を対象に、
登録制でボランティアの活動を行っていただいています。
今年度は、49名の方々が登録してくれました。

活動のメインは、なんといっても夏休みです。
今年は、現在開催中の企画展「ミッション[宇宙×芸術]」展と
「ワンダフル ワールド」展の運営補助、
そして美術図書室のポスター整理作業の3つの活動を行いました。
12日間の活動期間で、33名(のべ122名)が参加してくれました。

「ミッション[宇宙×芸術]」展では、中に入ることのできる体験型作品
《スペースダンス・イン・ザ・チューブ》において、
お客様に対するご案内やサポートを行いました。
IMG_1492.JPG
大人のボランティアさんたちと一緒に、
「体験してもいいのかな?」と悩んでいる方にお声掛けしたり、
前に進めず四苦八苦しているこどもに優しくアドバイスする姿が
印象的でした。

「ワンダフル ワールド」展では、
船井美佐作品《楽園/境界》や、武藤亜希子作品《水の路》において、
作品を体験してくれるこどもたちへの目配りをお願いしました。
IMG_6464.JPG
初めての現場にいきなり就いたうえ、
小さいこどもの予測できない行動に、最初は目を丸くしていた高校生たち。
しかし、慣れてくるにしたがって、スムーズにご案内が出来たり、
こどもたちと一緒になって展示を楽しんでくれたりしました。

美術図書室の活動は、大人気で応募が殺到!
急きょ教育普及棟のスタジオに場所を変え、
図書室が収集している美術展ポスターの整理作業を行いました。
IMG_1577.JPG
自分が生まれる前のポスターや、工夫を凝らしたデザインに興味深々の様子。
あっという間に数百枚のポスターが整頓され、大助かりでした。

高校生はそれぞれの活動場所で新たな経験をし、
美術館や美術に対する興味や、人と接することの難しさや面白さを
感じ取ってくれたようです。
参加してくれた生徒の中には
「こどもの頃に現美のワークショップに参加した」という方もいらして、
来年で20周年を迎える館の紡いできた歴史をしみじみと感じました。

高校生ボランティアの活動は、
高校生と美術館をつなぐプログラムのひとつとして、
美術館への理解を深めてもらうとともに、
鑑賞者の裾野を広げることを目的としています。
彼らが引き続き今年度の活動に参加してくれるとともに、
より美術館や美術に興味を持ってくれれば、と願っています。(J.O.)

2014年8月 6日

「空の散歩」と「庭探し」

AAA_8971.jpg

6月から始まったワークショップ、美術家の廣瀬智央氏との
文通・交換を通じて新しい世界の出会いと、知恵を身につける、
「発見の術」プロジェクト「日・伊の『往復書簡』」の2回目が7月27日に終了しました。
初めに前回同様、廣瀬氏から参加者に届いた手紙を配りました。
前回は、初回ということもあり廣瀬氏の手紙の内容は全員同じ文面でしたが、
それに対する参加者の返信は一人ひとり異なります。
よって廣瀬氏から届いた今回のお返事は、当然一人ひとり異なります。


AAA_8869.jpg
AAA_8902.jpg
AAA_8912.jpg

手紙を受け取った参加者は、前回よりも分厚い封筒を興味深げに開封すると、
手紙以外に「おまけ」が入っていました。レトロなポストカード、イタリアの使用済み切手、
古い映画のフィルムを栞にアレンジしたもの、そしてなんと廣瀬氏のドローイングが。
これには参加者もびっくり! お互いに中身をみせあったり、手紙を交換して読み合ったりと盛り上がりました。


AAA_8938.jpg

その後、前回のホームワークの指示にあった「空の散歩」の課題を発表。
参加者の暮らしている場所、または旅行先で撮影されたいろいろな空をテーブルに広げ鑑賞。
まさにその人の視線の先にあった「新しい世界との出会い」です。
きっちり空だけを撮影する人(実は意外と難しかったそうです)、
周りの風景も入れて空を強調する人、などなど空の捉え方も様々。


AAA_8979.jpg
AAA_8962.jpg

そして今回美術館で行ったフィールドワークの課題は「庭探し」。
庭といっても広いスペースを確保しにくい東京では、軒先に植木鉢を置いたり、
プランターで草木や野菜を育てたりといろいろな工夫をして「庭」作りを
楽しんでいます。そうした「庭」を探して美術館の周辺に出かけて撮影しました。
あいにく突然の雷雨に見舞われて短時間の活動となりましたが、
参加者が発見した「庭」は小さな都会のオアシスのように見えました。

次回3回目(8月24日予定)に向けてのホームワークは「食」。
人が生きていくのに必要な「食」についてあらためて意識して撮影してきてもらいます。
もちろん、廣瀬氏との文通も続きます。(G)

「発見の術」プロジェクト関連ホームページ
http://topica-rediscover.tumblr.com/

記録撮影:後藤武浩