« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月10日

ワクワク、ドキドキ美術館探検!

cruise20140510_01.JPG
5月10日(土)、小学1~3年生向けの恒例プログラム、
「こども探検クルーズ はじめての美術館」を行いました。
午前午後の各回、約20人が集まってくれました。
美術館初体験となるこども達に、館内を楽しく探検しながら、
様々な機能や設備、働く人に触れ、まずは美術館という場所
そのものに親しんでもらおうという企画です。

教育普及スタッフがリーダーとなり、3グループに分かれ、
バックヤード(美術館の裏側)を含めた美術館探検に出発!
話し合いで行き先を決めながら、進めていきました。

今回のツールは、双眼鏡・懐中電灯・コンパス(方位磁針)
の「三つ道具」。 どこで役に立つかは、行き先次第です。
上の写真は、美術館の屋上で、マンションの建物越しに
東京スカイツリーの先端を発見し、双眼鏡で眺めているところ。

cruise20140510_02.jpg
探検の「三つ道具」の使い方は、人それぞれ。
たとえばコンパスを、上の
写真のように使う子もいれば、
自分なりに考えて、
縦にぶら下げて見てみたり、
はたまた、お守りのようにずっと握りしめていたり...
「本来の」使い方はあるにせよ、それにとらわれない
自分なりのオリジナルな使い方も編み出されていました。

cruise20140510_03.JPG cruise20140510_04.JPG
美術館で働く人との出会いも、探検クルーズの醍醐味。
警備員室では、監視モニターの画面を特別に
見せてもらい、
「どこにいても見守っているよ。」と優しい
言葉をかけてもらいました。(左)
その後、監視カメラを見つけ、笑顔で手を振るこども達。(右)

cruise20140510_05.JPG cruise20140510_06.JPG
事務室では、ちょっと緊張しつつも、副館長と面会。(左)
美術図書室の地下書庫では、司書さんからびっくりするほど巨大な本を
見せてもらいました。(右)

cruise20140510_07.jpg cruise20140510_08.JPG
探検全体を通して、スタッフが心がけたのは、こども達の「想像力」や「好奇心」
を大切にすること。
地下の薄暗い部屋で、懐中電灯で照らしながら、恐るおそる扉を開けたり、(左)
まっすぐな狭い通路を、どこに出るか期待に胸膨らませつつ進んだり。(右)
こども達にとって美術館施設全体が、まさにワクワク、ドキドキの探検フィールドと
なっていました。

cruise20140510_09.JPG
1時間ほどの探検は、あっという間に終了!
最後は「探検の記録」として、おもしろかったことを
絵や文で自由にかいてもらいました。
お家の人に見せて、話のタネにしてもらうとともに、
コピーを取って、参加者アンケートとしても役立てます。


cruise20140510_10.JPG
こども達が帰った後。
落書きだらけになったホワイトボードに小さく、
「おもしろかった」と嬉しい一言!
また、美術館にあそびにきてくださいね!
(G.I)

2014年5月 1日

ファインダー越しに見ると...?

edu_blog20140501.jpg

5月1日(木)、都立工芸高校グラフィックアーツ科
1~3年生の皆さん107名が美術館見学に来てくれました。

午前中は美術館見学、そして、午後は美術館周辺に繰り出し、
各自が「気になる風景」見つけて写真を撮影するという、
一日がかりの校外学習とのこと。
そのため、生徒の皆さんは、全員カメラ持参。

はじめに講堂に集まっていただき、展覧会の概要をご紹介し、
その後は開催中の「驚くべきリアル」展、「MOTアニュアル2014」展、
そして、MOTコレクション(常設展)の3つの展覧会を自由に見学
してもらいました。

上の写真は、スペイン、ラテンアメリカの現代アートを紹介する
「驚くべきリアル」展での様子。
この展覧会は、会場内の写真撮影がOKとなっているため、
家族の肖像を描いた約100枚の絵が一面に壁を埋め尽くす、
エンリケ・マルティの作品《家族》の前では、その迫力に圧倒され
思わずカメラを向ける人が続出!

よく見ると、描かれた家族は鼻が伸びていたり、ツタのようなものが
絡み付いていたり...。
ところどころ誇張し、歪められた人物表現によって、楽しげな団らんの
風景でも、不穏さや狂気が感じ取れます。
「ちょっと不気味...」と言いつつも、シャッターを切っている姿がたくさん
見受けられました。

皆さん、どんな写真が撮れたのでしょうか?
カメラのファインダー越しだと、また違った見え方で作品を楽しめそうですね。
最近では写真撮影可能な展覧会も各所で開催されています。
(ただし、撮影条件等は様々なので、お気をつけください)
カメラ持参で美術館へ。ちょっと変わった鑑賞法が、見つかるかもしれませんね。
(G.I.)