« 2014年1月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月27日

現代美術で哲学対話

哲学対話ブログ1.jpg

3月9日と23日の2回、「現代美術」を使って「哲学対話」を行いました。
「哲学対話」という言葉も聞き慣れませんが、
それよりも「哲学」というと、ないやら小難しい理屈をこねて、
作品をみるの? と思われる方もいるかもしれません。

しかし、心配は無用!
やることは非常に単純明快です。

当館の現代美術作品を鑑賞し、感じたことや疑問に思ったことから「問い」をたて、
その問いに対し一人ひとりが考えを深めていくというものです。
(これは、東京大学大学院教育学研究科と行っている連携協力の一環で、
大学院生の方が研究している、「対話を通した探求の場の形成」に関する調査研究も
かねています。 )

対象とした作品は、山口勝弘の《Cの関係》。
この作品は、Cのような形をした立体物が2つ向かい合って、
一方が赤く光り、もう片方は透明のまま。
それぞれの下方についているライトが互いに点滅しているというものです。

哲学対話ブログ2.jpg

この作品をじっくりと鑑賞し、「まるで対話しているようだ」、
「片方はぬけがらかもしれない」、「なにも感じない」、
などなど各自が思い浮かべた感想や考えを書きとめます。
そして、その感想からさらに「問い」を導きます。
例えば、「光が点滅すると無機的な物体が有機的に感じるのはなぜだろう?」とか
「感じる、感じないの境目は何だろう?」など。

そうした様々な問い立てを行って、参加者みんなで考えてみたい「問い」を選択し、
その問いについてじっくりと深く考えていくというのが「哲学対話」です。
哲学対話 3.jpg
つまり作品は、「問い」を導くための素材となります。

しかし、問いが出てきたら作品はもう関係ないのかというとそうではなりません。
ある参加者のお一人がおしゃっていましたが、作品はまるでアンカー(碇)のように、
頭の片隅に固定されていて、考えている最中、作品は参加者のみなさんの思考の間を
たえず行ったり来たりしているのです。

哲学対話ブログ 4.jpg

みなさんが立てた問いへの答えはありませんし、結論もでません。
深く深く考えることに意義がある「哲学対話」。

作品を鑑賞するのも同じで、作者の制作の意図はあっても、
それを知ることが「見ること」の答えではありません。
自分はなぜそのように感じたのだろう? なぜそんな風に思ったのだろう?
と、自問したり、仲間と話たりすることで、作品のもつ世界観はいかようにも広がっていきます。

哲学対話を通じて、作品の見方や感じ方に広がりをもったと同時に、
じっくりとひとつの問いについて考える贅沢な時間を過ごすことができました。(G)

2014年3月19日

アーティストの一日学校訪問(冨井大裕さん)レポート その1

DSC06531.JPG

今年の1月から3月にかけて、
2013年度の「アーティストの一日学校訪問」を、
都内の6校(小学校4校、中学校1校、高校1校)にて実施しました。

訪問するアーティストは、美術家の冨井大裕さん。
日常のありふれた品を組み合わせることによって、
ものの意味や機能を解き放ち、新たな作品として発表している、
当館の収蔵作家です。

今回の訪問授業は、冨井さんにより「ファウンドコンポジション」
と名づけられた活動が中心となりました。
これは、学校の様々な場所を歩き回り、気になった、
あるいは美しいと思った「彫刻」(コンポジション)を
発見(ファウンド)し、それを授業会場に持ち帰り、再度組み立てる、
というプログラムです。
組み立てながら説明書を制作し、時間があればその説明書を元に、
他の生徒に再度組み立ててもらいます。

DSC06227.JPG DSC06255.JPG

最初の訪問校は八王子市立川口小学校です。
参加した児童は5年生56人。
まずは体育館で、冨井さんが自身の作品を画像で紹介しました。
スーパーボールやストローで出来ている作品の数々に、
こどもたちからは驚きの声が上がります。
冨井さんが師と仰ぐ海外作家の作品や、
身の周りの何気ない風景から切り取られた
「彫刻」と冨井さんが捉える画像から、
これから自分たちが作る作品のイメージが湧いてきたようです。

4人の班に分かれ、「面白いもの」を探しに、中庭やグラウンド、
そして自分たちの教室を捜索開始!
外で見つけたジョウロやすのこを抱えきれないほど
体育館に運び入れていきます。(右)

DSC06278.JPG DSC06343.JPG

「彫刻」を組み立てたら、次は誰もがそれを作ることができるように
説明書を書きます。冨井さんが黒板に書いた例(左)を参考に、
材料の数や組み立てた順番を書きだしていきます。

まだ土がついているブロックや丸太に、箒や傘をバランス良く載せて完成!
色の配置にも気配りがみられました。


DSC06534.JPG DSC06556.JPG

2校目は武蔵野市立第三中学校。
2年生28人が参加してくれました。
冨井さんのレクチャーにも熱が入り、
檀上でゴミ箱などを使っての実演が始まりました。(左)
この回の制作会場は、地下にある集会室。
柔道の稽古に敷かれる畳が早速材料に使われています。(右)

DSC06612.JPG DSC06650.JPG

組み立てる作業はみんな夢中でしたが、いざ説明書を書く段になると
作品を鑑賞する眼が必要になります。
作業が早く終わったので、違う班の作品を、説明書を見ながら
組み立ててみます。
「これって何のこと?」ああでもない、こうでもないと真剣そのもの。(右)
中学生ということで、一段階踏み込んだ行程まで進むことができました。


DSC00137.JPG DSC06738.JPG

3校目の富士見丘高等学校では、
対象が2年生の美術選択者7名と少人数だったため、
冨井さんと一緒に職員室や廊下を歩き回って
「面白いもの」を発見してまわりました。
物干しラックに提げられた雑巾も、
冨井さんからの呼びかけによって
新たな「構成物」として浮かび上がってきます。(左)
この学校では捜索場所を美術室に限定し、ひとりずつでの制作作業です。
雑誌や定規、スケッチブックや馬簾など、
普段見慣れた材料が作品へとかたちを変えてゆきました。

DSC06768.JPG DSC06785.JPG

説明書を作ったら、作品を一度解体し、台車に載せて移動。
廊下の一角に展示してみました。
展示は自分の作品ではなく、他の生徒の説明書を見て行います。(左)
学校に突如現れたギャラリースペースに通りがかった生徒たちもびっくり!
(J.O.)

(その2へつづきます)


アーティストの一日学校訪問(冨井大裕さん)レポート その2

DSC00224.JPG
今年の1月から3月にかけて実施した、
当館収蔵作家の冨井大裕さんによる、
2013年度の「アーティストの一日学校訪問」。

全6校の訪問授業後半は、小学校3校にて、
「ファウンドコンポジション」を行いました。

DSC00146.JPG DSC00155.JPG

4校目の訪問先、江東区立第四大島小学校では、
5年生全員、総勢71名のこどもたちが参加。
授業会場の体育館には、台座代わりのベニヤ板が
班ごとに置かれているのですが、それとは
おかまいなしに小作品が次々と生み出されていきます。

DSC06919.JPG DSC00164.JPG

そうかと思えば、ベニヤ板を枠組みとしてびっしりと
ひとつの色の材料を並べはじめる子もいます。
図工室や算数教材室、そして自分たちの教室など
学校のあらゆる場所から集められた材料は
ほんのつかの間、作品として結実し、そして授業が終わると
元に戻される運命なのです。


IMG_1984.JPG P3070485.JPG

5校目は、新宿区立鶴巻小学校。
4年生21人が参加してくれました。
冨井さんの作品紹介で、使われている材料を冨井さんが質問すると
「画びょう!」と口ぐちに答えるこどもたち。
普段見慣れた図工室では、何が使えるか、棚を真剣に眺めています。

P3070539.JPG DSC00209.JPG

作品を作ったあとは、班のみんなで模造紙を前に
説明書づくりの相談です。
この学校では、説明書をとてもカラフルに書いているのが
印象的でした。


IMG_0223.JPG IMG_0230.JPG 最後の訪問先、豊島区立高南小学校では、
6年生39人が最後の図工の授業として取り組みました。
図工準備室は多くのこどもたちが詰めかけて
ごったがえしています。
材料の発見場所から制作会場の体育館までは
長い廊下を静かに歩かなくてはなりません。

IMG_0289.JPG IMG_0325.JPG
この学校では体育館の檀上にあったようかん台などを使った
大がかりな作品が目立ちました。(左)
6年生にとっては、卒業前に心に残る思い出ができたのでは
ないかと思います。

こうして、6校の訪問授業は終了。
今年度は、冨井さんが開発したプログラム
「ファウンドコンポジション」を通して、
自分の目と足で美術作品を発見し、観察し、発表することも
作品を作ると同じくらい大切なことだということを
知ってもらうまたとない機会となりました。(J.O.)

DSC06828.JPG

2014年3月15日

この目、だれの目、一目ぼれ?

ブログ(目)1.jpg

今年度最後のギャラリークルーズ(3月15日実施)は、
「何をやるかはお楽しみ!?」という摩訶不思議なタイトル。
対象は、小学生中・高学年。
内容は当日まで秘密にしていたこともあって、
「楽しみにしてきました!」という参加者も多く期待が高まります。

さて、今回の内容はというと、
MOTコレクション(常設展示)の展覧会タイトルが、
「拡張する眼」ということで、
「目」をテーマに様々な「目」に注目して作品を鑑賞しました。

3チームに分かれ、それぞれに美術館スタッフがリーダーとして付き、
まずは、事前にリーダーが選んだ「一目ぼれした作品」をグループで
探すゲーム。
気に入った作品の目の部分のスケッチと、
「目は口ほどに物をいう」ということわざがあるように、
目が語っていそうなメッセージやその作品から感じたことを
「一目ぼれシート」にまとめ、
そのシートを手がかりに、該当作品を探しました。

作品をよくみると、実にたくさんの「目」があります。
人物や動物に描かれている目、直接的な目ではないけれど
目のように見えるもの、などなど。

小学生には「一目ぼれ」という言葉はちょっと難しいかもと思いましたが、
一目見て好きになったり、気に入ることと説明するとうんうんとうなずき、
みんな理解してくれたようです。
ある女の子は、自分がもっていたぬいぐるみを見せてくれ、
「これ、一目ぼれしたの」と教えてくれました。

「一目ぼれシート」を手にこどもたちは、
「この目は何だ?」と一瞬戸惑いながらも、
該当作品を探し当てると「なるほどー」と納得していました。

リーダーの一目ぼれ作品を探し出した後は、今度は自分たちでも
同様に一目ぼれ作品を決めて、シートに書き込み、
こどもたちどうしでどんな目の作品をみつけたか紹介しあったり、
探し合ったりしました。

「目をさらのように」とはよくいったもので、
ほんとうにこどもたちはよく作品をみてくれます。

終了後のアンケートの感想には、
「絵の目に着目したことはなかったので楽しかった」
「目というテーマでも、作品の雰囲気やイメージが
すべて違って面白かった」
「普通は近くにあるものを気にしないけど、
参加したあとは近くにあるものを気にしてみるようになった」
「同じ作品でも、人それぞれ思っていることも、
考えていることも違って面白かった」
とありました。

「目」をテーマに作品を鑑賞しましたが、
今度は「口」や「手」などほかのからだのパーツも
てがかりにみてみるとまた違った鑑賞ができるかもしれません。
今日は、みなさんの作品を見る目がいろいろと
拡張した一日となりました。(G)

2014年3月 2日

「井戸端鑑賞」-オリジナル音声ガイドをつくろう!

idobataws00.jpg
3月1日(土)と2日(日)、春のワークショップ2014として、
『みえる人とみえない人の「井戸端鑑賞」―オリジナル音声ガイドをつくろう!』
を開催しました。(同一内容で2日開催)
企画・指導は、「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」の皆さん。
様々な美術館で鑑賞会を自主開催しているグループです。
当館では初めての、目のみえる人とみえない人が共に楽しめる美術鑑賞を
テーマにした取り組みとなりました。


AM10:30 「清澄白河」駅集合、歩いて美術館へ
idobataws_02.jpg
当日の集合場所は、美術館の最寄駅の地下鉄「清澄白河」駅。
3チームに分かれて、皆で歩いて美術館へ向かいます。

idobataws_03.jpg
道端に不思議な形のオブジェを見つけ、話が盛り上がるチームも。
こういう時、自然と会話が弾むように、美術鑑賞も楽しもう!
というのが「井戸端鑑賞」です。


AM11:30 展示室で「井戸端鑑賞」を体験
idobataws_04.jpg
美術館に到着後、常設展示室で「井戸端鑑賞」を体験。
約8名ずつ(うち、みえない人1~2名)、3チームで巡りました。
各チームにナビゲーター(視覚に障害のあるスタッフ)1名と、
サポートスタッフ(晴眼者)1名が同行し、会話を促しました。

作品のサイズや形状といった「目に見えるもの」だけでなく、
印象や感じたこと、連想したことなどの「目に見えないもの」も
話題にしていくことで、「井戸端鑑賞」は、より充実したものに
なっていきました。

idobataws_05.jpg
参加者の中には、聴覚に障害のある人も。
手話通訳と要約筆記によって会話を補助しました。


PM1:30 「オリジナル音声ガイド」の編集
idobataws_06.jpg
昼休憩をはさんで、午後は、各チームの編集室に分かれ、
「オリジナル音声ガイド」の制作です。
「井戸端鑑賞」での会話を録音した音声を素材に、鑑賞者の
"生の声"を伝え、"他人の見方"を知ることができる音声ガイドを
編集・制作しました。

idobataws_07.jpg idobataws_08.jpg
編集プロセス① 【鑑賞を振り返る】 (写真左)
 まずは、記憶をたどる話し合い。印象的なトピックや発言を思い出します。
 誰に向け、何を伝える音声ガイドにするか、編集方針についても話し合います。
編集プロセス② 【構成を考える】 (写真右)
 記憶に残っていた発言やトピックを、吹き出しカードに書き出します。
 吹き出しカードを分類し、トピックのかたまりをつくり、大まかな構成をつくります。

idobataws_09.jpg idobataws_10.jpg
編集プロセス③ 【音の切り出し・記憶の拾い上げ】 (写真左)
 パソコンの編集ソフトを使って、録音した音声を聞きながら、使いたい会話を
 切り出していきます。作業はオペレーターがサポート。
 また、ここでは、記憶から漏れていた、面白い発言も拾い上げます。
編集プロセス④ 【微調整】 (写真右)
 一度通しで聞き、トピックの順番の入れ替えや、追加、削除などを行います。
 最終的には、約6分の内容に編集することを目指します。

わずか2時間半での編集は、かなりハードでしたが、皆、作業に熱中!
「想像の余地を残すため、あえて全てを語らない音声ガイド」や、
「会話が弾む楽しさをお裾分けする音声ガイド」などなど、
趣向を凝らした、ユニークな「オリジナル音声ガイド」が生まれました。


PM4:00 音声ガイド発表
idobataws_11.jpg idobataws_12.jpg
最後は、スタジオで発表会。
各自に音声端末を配り、全チーム分の音声ガイドを聞きました。
スクリーンに投影された作品写真をじっと見つめながら聞く人、
そっと目をふせて、頭の中に作品像をイメージしながら聞く人...。
みえる人とみえない人が共につくりあげた、「オリジナル音声ガイド」が完成しました!

参加者の感想には、
「会話の自然の流れをまとめるとストーリーがそこに生まれていたことに感動した」
「自分では当たり前だと思っていた感想が、個人的なものだと気づかされた」
「他の人が、このガイドを聞いてどのように感じるか知りたい」
「井戸端鑑賞のネーミングがよく合っていると感じました」
などがありました。

今回のワークショップは、他人の互いの見方、感じ方に触れ、
想像を膨らませながら楽しむ美術鑑賞の魅力を、みえる人もみえない人も
一緒になって共有できる機会となりました。
(G.I.)

写真:中島佑輔

※完成した「オリジナル音声ガイド」をウェブ公開しています。
詳細は、下のイラストをクリック↓
(教育普及プログラム「活動報告」ページに移動します)
artwork_idobata.jpg