« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月25日

今年最後の学校団体鑑賞

有明小学校ブログ.jpg
今年最後の学校団体鑑賞は、
江東区立有明小学校の5年生、6年生です。

6年生は、昨年も来てくれていて、
館内にはいるやいなや「懐かし~」
「これあったよね!」と興奮気味でした。

5年生、6年生でそれぞれ企画展(教員が引率)と
常設展を入れ替えて鑑賞しました。

常設展では、教育普及の学芸員がついて、
3つのグル―プに分かれてギャラリートークを
行いました。

写真は、栗田宏一さんの作品
≪ソイル・ライブラリーJAPAN≫を見ている様子です。
立ち膝をしたほうが目線の高さになって、
作品が見やすいと発見し、みんなでこんな風に鑑賞していました。

「いろいろな色がある」「これ地層なんじゃない?」
「沖縄があった!」「新潟はある?」とそれぞれ率直に
感じたり、発見したことを言葉にしてくれます。

実はこの作品、栗田さんが全国をめぐって集めた土が
小瓶に収められ、採集地の名前をラベルにしてはってあり、
色相で並べたもの。

「みんなの学校の近くをほってみたらどんな色の土がでてくるかな?」
とたずねると、「水がでてくる」「ゴミもでてくるよ」と教えてくれました。

それもそのはず、みんなの学校のある有明地区は埋め立て地なのです。

作品から自分の暮らす地域や身の回りのことを考えられるのも、
この作品の「良さ」なのかもしれません。(G)

2013年12月22日

キーワードは「キョロ、キョロ」?!

ひよこツアー ブログ1.jpg
12月21日(土)に、未就学児(4~6歳)とその保護者を対象とした
人気企画の「ひよこツアー」を実施しました。

日頃小さなこどもたちは、キョロ、キョロしながら自分の興味の
あるものに近づいたり、指さしたり、触って確かめたりします。
そこで、今回はこのこどもたちのセンサーともいうべき、
「キョロ、キョロ」する行動をテーマに、
2つの企画展「うさぎスマッシュ展」と「吉岡徳仁」展をツアーしました。
しかし、ただキョロ、キョロするのではなく、いろいろな感覚を使って、
キョロ、キョロしてもらうことを試みました。

そこで登場したのが「キョロ、キョロ・カード」。
碁盤のマス目に、様々なキーワードが書いてあります。
例えば、「いろいろなにおい」「おと」「ふしぎ~」「虹」などなど。
これらを探しならキョロ、キョロしてもらいながら見てまわります。

もちろん、出発前に展示室内でのルールとして、親子で手をつなぎ、
作品には触らないでねと伝え、みなさんしっかりと守ってくれました。
時折お父さんがはぐれて、子どもが手をひっぱってつれてくる
あべこべのペアもいました。各グループには美術館のスタッフが付き、
こちらで見つけたキーワードに該当する作品をまずは見てから、
次いでチーム内で、それぞれ他にはないかなと各自見てまわり
自主的に作品と関わってもらうように進めていきました。

ひよこツアーブログ2.jpgひよこツアーブログ3.jpg

「あっちで音がするよ!いってみよう」「いいにおいがしてきた」
「うさぎがいた!」「虹みつけたよ!」などなどキーワードを
意識した発見がたくさんありました。

ひよこツアーブログ4.jpgひよこツアー ブログ5.jpg

参加者(保護者)の感想にも「いつもと違う見方ができた」
「時間的にも丁度よく、五感に響いたいい時間を過ごせた」
「いろいろなものを探しながらまわるとまた違った楽しみ方があると思った」
など好意的な意見がたくさん見受けられました。

未就学児なりの感覚の使い方を活用した今回の作品鑑賞。
参加者の主体的な作品鑑賞をうながせたようです。
美術館に親子で来ることが楽しく感じてくれたらこちらも嬉しいです。(G)

2013年12月 6日

3つの展覧会を満喫!

RIMG0008.JPG

今日(12/6)の午後は杉並区立中瀬中学校中瀬学級のみなさん
18人が校外学習として美術館に来てくれました。
「うさぎスマッシュ展」「吉岡徳仁」展、そしてMOTコレクションを
2時間かけてじっくり見て歩きました。

午前中は、本所防災館を見学してきたそうですが、
みなさんまだまだ元気いっぱい!
「うさぎスマッシュ展」では、OMA*AMOの展示にある
《EUバーコード》を不思議そうに眺めてみたり(写真)、
シセル・トラースの展示では、おっかなびっくり、
瓶や壁から発するにおいを嗅いでみたりしました。

RIMG0052.JPG
「吉岡徳仁」展では、《トルネード》のあぜ道を歩きながら、
プールの中や、椅子に見立てた結晶のかたちに立ち止まり、
しばし見入りました。
《虹の教会》(写真)では、「まるで結婚式を挙げる場所みたい」との声が。
《Waterfall》の座り心地も「気持ちいい!」との感想があがっていました。

常設展示室ではアトリウムにあるトビアス・レーベルガー作品の
一部を映したカードを手に、どこの部分かを見つけていきます。
わからない人も、友達と一緒に探してみると「あった!」と大喜び。
最後はピピロッティ・リスト作品の中で、休憩がてら
のんびりと映像を楽しみました。

ほとんどの人がこの美術館に来るのは初めてだったそうですが、
小春日和の午後に、現代アートを満喫してくれたようです。
帰り道はさすがにくたびれたんじゃないかな?
一緒に回った私たちにとっても、とても楽しいひとときでした。(J.O.)