アーカイブ

« オバケに会えたかな?! | メイン | 中に入れるの? »

「ぱんつのくに」へ出発!!

はまぐちブログ7.jpg

企画展「オバケとパンツとお星さま」の関連企画、
第47回MOT美術館講座。全5回の内の4回目の今回は、
「パンツ」を担当しているはまぐちさくらこさんの展示室内で、
本人による絵本絵画作品の読み聞かせを行いました。
音楽家のコテルさんの生演奏も付きました。

展示室の真ん中にドーンと置いてある「はだかちゃん」の
ぬいぐるみの上では、開始時間になる前から、
ぴょんぴょん飛び跳ねたり、ごろごろ寝転がるこどもたちで
あふれかえっていました。

そんな中、はまぐちさくらこさんがおもむろに登場。
「ガタン、ゴトン!」「ガタン、ゴトン!」と電車に乗っているような声を出して、
会場のみなさんの注目を集めます。
そしてはだかちゃんがはいている巨大なぱんつちゃんをぬがせて、
はだかちゃんとぱんつちゃんの旅の物語の始まりです。
はまぐちブログ1.jpg


今回の展示室には、四方の壁全面を覆う巨大な絵画作品が
展示されています。緑、赤、黄色そして青。それぞれの色の世界で、
はだかちゃんがぱんつのくにを旅するお話しが展開しています。

作品には、小さな文字でいろいろなお話しや言葉が書かれており、
はまぐちさんは、描かれた風景やキャラクター、時に文字を読み
上げたりしながら、この巨大な絵本作品を読みきかせてくれました。

しかし、ただ読み聞かせるのではなく、はまぐちさんがお話ししている間に、
コテルさんがハモニカや鈴、木琴やマラカスなど簡単に音の出る楽器を
会場内のこどもたちに配りだし、それを手にしたこどもたちが反射的に
即興で音を出しはじめました。
にわかに会場内は、楽器の音であふれかえり演奏会がはじまりました。
はまぐちブログ8.jpg


はまぐちさんもそうしたこどもたちの様子や反応をうかがいながら、
「こっちに来て」とか、「この絵はなにをやっているんだろうね?」など、
言葉巧みに話しかけ、こどもたちを自分の世界に引き込んでいきます。
コテルさんも笛をふいたり、キーボードをならしたりして、
こどもたちの即興演奏をつなぎます。
はまぐちブログ2.jpg


一方的に読み聞かせるのではなく、会場にいるこどもたちや時に
大人も巻き込みながら、まるで演劇をみているかのような
読み聞かせが展開していきました。
はまぐちブログ10.jpg
はまぐちブログ4.jpg


遠巻きで見ていたこどもたちもはまぐちさんのまわりに寄っていって、
一緒に話の輪に加わったり、ちょっと照れくさがって、周りで見ていたり、
参加の仕方も様々。
決してはまぐちさんやコテルさんも参加を強要することなく、
自然な流れにまかせて話を進めていきます。
時折こどもたちにじゃれつかれて話が中断することも・・・。

山を冒険し、争いがおき、太陽が昇り目をさまし、そしてまた夜になる。
はだかちゃんとぱんつちゃんとの旅は、実に壮大です。
最後は、こどもたちと一緒にぱんつちゃんをはだかちゃんに
はかせてお話しは終わり。
はまぐちブログ9.jpg


パフォーマンスが終了しても、展示室内に残っている親子も多く、
「あっ!ここにさっきのはだかちゃんがいるね」「こっちもみてみよう」など、
改めて作品をじっくりと鑑賞し、親子でお話しをしながらいろいろ
発見している姿が多くありました。

はまぐちさんも終了後、「不思議なうずの中にいるような気持でできて、
幸せでした」とコメントをくれました。(G)

写真撮影:後藤武浩