« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月 7日

アーティストの一日学校訪問(石田尚志さん)レポート その2

2012houmon_10.JPG

昨年12月から今年2月にかけて実施した、
当館収蔵作家の石田尚志さんによる、
2012年度の「アーティストの一日学校訪問」。

全6校の訪問授業後半は、小学校2校、中学校1校にて、
16mmフィルムを使った映像制作を行いました。

2012houmon_11.JPG 2012houmon_11-2.JPG
4校目の訪問先、杉並区立泉南中学校では、
フィルムを4秒分(96コマ)ずつ配り、各自で映像制作をしました。
透明のフィルムには、ペンで直接描き込み、(左)
黒いフィルムは、カッター等で削って描きます。(右)
思いおもいに、自由に描いてもらいました。

2012houmon_12.jpg
後半は全員のフィルムをつないで上映会。
石田さんがBGMとして選んだのは、今流行の曲。
すると…
おどろくほど映像と音楽がシンクロして、まるで
ミュージックビデオのよう!
意外な組み合わせと、その出来栄えに、皆さん
少しはにかみながら、満足そうな表情を浮かべていました。

2012houmon_13.JPG 2012houmon_14.JPG
5校目は、北区立八幡小学校。
コの字に並べた机にフィルムを張り巡らせ、
ペンなどで、直接絵を描いていきました。

2012houmon_15.JPG 2012houmon_16.JPG
後半は別室で上映会。1秒=24コマの16mmフィルムに
皆で描いた絵の一コマ一コマは、1/24秒の色とりどりの
光の残像となって、次々と映し出されます。
映像をバックに、皆で色々な影をつくって楽しみました。

2012houmon_17.JPG 2012houmon_18.JPG
最後の訪問先、玉川学園小学部では、
図工室の机をずらりと一直線に並べ、フィルムを延ばしました。
石田さんもところどころでアドバイスしつつ、皆で映像制作。

2012houmon_19-2.JPG 2012houmon_20-2.JPG
上映会では、複数の映写機やプロジェクターを駆使し、
皆で制作した映像に加え、半世紀前の抽象アニメーション作品
なども重ねて投影。
複雑に折り重なる光の世界を、ぞんぶんに楽しんでもらいました。

こうして、6校の訪問授業は終了。
今年度は、映像づくりや石田さんの作品鑑賞を通して、
こども達にとっても当たり前の感覚になってしまっている、
「絵が動く」ことへの新鮮な驚きを取り戻すとともに、
作家が追求する映像表現の魅力や奥深さを垣間見る
ことのできる、絶好の機会となりました。
(G.I.)

アーティストの一日学校訪問(石田尚志さん)レポート その1

2012houmon_01.jpg

昨年12月から今年の2月にかけて、2012年度の
「アーティストの一日学校訪問」を、都内の6校(小学校2校、
中学校1校、高校2校、特別支援1校)にて実施しました。

訪問アーティストは、画家/映像作家の石田尚志さん。
有機的な線描による抽象アニメーションや、ライブ・
ドローイングなどを発表している、当館収蔵作家です。

今回の訪問授業は、主に16mmフィルムに直接絵を描く映像制作と、
石田さんによるレクチャーの二本柱で展開しました。

2012houmon_02.jpg 2012houmon_03.jpg
最初の訪問校、都立石神井特別支援学校(中学部)では、
環状に並べた机上にぐるりとフィルムを張り巡らせ、
ペンやインクで自由に絵を描いてもらいました。
まわりの紙にもはみだしながら、のびのびと描く皆さん。(左)
その予想以上の勢いに、石田さんもびっくり。

フィルムを巻き取り、後半は上映会。
描いた絵が、光の絵となって映写機から映し出されます。
スクリーンの前で光の絵を浴びながら、皆でポーズを取ったり、
身体を動かしたり。幻想的なひと時となりました。(右)

2012houmon_04.JPG
2校目は都立総合芸術高校。
一人4秒分(1秒=24コマ)の映像制作を体験しました。
線香でフィルムを溶かすという大胆な手法にもチャレンジ。

2012houmon_05.jpg 2012houmon_06.jpg
レクチャーでは、ご自身の制作過程についてのお話も。
無数のうごめく線が、コマ撮りという手法で生み出されて
いることなどが紹介されました。(左)
その後、全員で石田さんの映像作品を鑑賞。(右)

2012houmon_07.jpg
授業後。
作業に使った下敷き用の段ボールを回収していると…
石田さんのうごめく線のような、無数の線が描き残されていました。
誰かが、石田さんのお話を、熱心に“メモ”していたようです。
この学校は美大志望の生徒さんが多く、授業後も熱心に質問に来る姿が
印象的だった学校訪問でした。

2012houmon_08.JPG 2012houmon_09.jpg
3校目の和洋九段女子高校では、生徒の皆さんがちょうど
「時間」をテーマにした絵画制作に取り組んでいるということで、
石田さんにその作品を見てもらい、コメントをいただきました。(左)
その後、「時間を描く」というテーマのもと、現代美術の歴史を踏まえつつ、
ご自身の作品制作の歩みも絡めながらレクチャー。

10代の頃から絵画制作を始め、その後ライブ・ドローイングなどを経て、
映像表現へとたどり着いたというお話とともに、映像作品も鑑賞。(右)
皆、真剣な面持ちで石田さんのお話に耳を傾けていました。
(G.I.)

(その2へつづきます)