« ポーズのヒミツ!? | メイン | 鑑賞授業の研究会 »

“うた降る”μseum

ブログ用青葉市子.jpg
今年最後のMOT美術館講座を12月23日(日)に開催しました。
現在開催中の展覧会「アートと音楽」の関連企画として実施したもので、
ミュージシャンの青葉市子さんによるギターの弾き語りコンサートです。
ゲストは、パーカッショニストの齋藤功さん。

写真(撮影:タイコウクニヨシ)のように、青葉さんは、妖精のような白い衣装で登場し、
ゲストの齋藤さんも頭から木の枝を生やしたトナカイのようないでたちで、
お二人ともとても不思議な雰囲気での演奏となりました。

青葉さんの透き通った美しい歌声とそれに呼応するかのような
齋藤さんのパーカッション、会場には、まさに粉雪のような
うたが降ってきました。

満員となった会場のお客様のアンケートには、
「素敵な声だった」「涙がでました」「空間が心地よかった」
「ひと声きいただけで胸がいっぱいになりました」
などなど、感動とともにコンサートを楽しんでくれた様子が
書かれていました。

コンサート最後には、会場のお客さんを巻き込んだ曲も演奏してくれて、
とても楽しいエンディングとなりました。(G)