« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月20日

再訪問

学校展覧会ブログ.jpg
この時期、都内の小学校では、こどもたちが取り組んできた
図工の成果を発表する校内展覧会が行われています。

昨年度「アーティストの一日学校訪問」で、
作家の泉太郎さんとおじゃまさせていただいた、
台東区立忍岡小学校から、校内展覧会で、
泉さんと一緒に制作した映像作品を展示しますと
ご案内をいただきました。

そこで、さっそく泉さんと行ってきました。
再訪問です!(写真)

広い体育館に、所狭しと並べられたこどもたちの作品の
中にまじって、その作品はありました。

明らかに図工の教科書にはのっていない“映像作品”です。
しかも、その作品の仕組みが体験できるよう、
参加体験型のコーナーも設置されていました。

この作品は、2台のカメラを使って、ビンやコップなど
オブジェの中に自分が入ったり、登ったりしているように見える
映像の合成を応用した作品です。

授業を行った6年生のこどもたち(当時5年生)の、
教室に1年ぶりに突如現れた泉さんを見るや否や、
「あっ!泉さん!!」と興奮気味に声をだし、
「サインちょうだい!!」と駆け寄ろうとして先生に制される場面も。。。

みんな、すっかり背も伸びて、大人っぽくなっていました。
展覧会場では、自分たちが泉さんと一緒に作った作品を
懐かしそうにながめたり、体験コーナーにチャレンジしたり、
やっぱりサインをせがんだりと、しばし、泉さんと交流しました。

こどもたちと再度出会える機会はなかなかないもので、
またこうして展覧会という形で、訪問授業の成果が、
発表されるのは、美術館としても、作家としても
うれしいものです。

いつまでも、泉さんと一緒に楽しんで行った授業を
忘れないでいてくださいね。(G)

2012年1月 9日

練習をみるのはかっこわるいことか?

蓮沼公開リハburogu.jpg
新年あけましておめでとうございます。
本年も教育普及プログラムブログをよろしくお願いいたします。

さて、新年初回は、現在開催中のブルームバーグ・
パヴィリオン・プロジェクト※第2弾「音楽からとんでみる3 蓮沼執太」
(1月15日まで)の関連企画、第45回MOT美術館講座の報告です。

(※現代美術館の敷地内に建てられたパヴィリオンを舞台に、
1年間に渡って若手のアーティストの個展や公募展、パフォーマンス
などを開催していくプロジェクト)

「練習をみるのはかっこわるいことか?」と題し、1月7日(土)に
音楽家である蓮沼執太の練習風景をみなさんに見てもらう
蓮沼執太フィル公開リハーサル/アーティスト・トークを開催しました。

蓮沼さんは、自らが率いるメンバーからなる「フィル」と呼ぶライブ活動もしており、
メンバーは流動的ですが、今回は総勢13名での練習を公開しました。
(写真:上、キーボードが蓮沼さん)

観客は出入り自由で、好きな場所や位置から練習を見ることができ、
気になるミュージシャンたちのすぐ近くで演奏の様子をうかがうことができます。

また、練習なので何度も演奏をやり直したり、
まだあまり形になっていない曲を聴くことができたり、
メンバー同士のやり取りなどを直に体感できる、
ちょっとかわった音楽体験となりました。

この公開リハーサルを見て、これは本当に練習なのか? 
いやリハーサルという名のライブなのではないかと頭の中が
混乱しつつも、その場にいた観客のみなさんも思い思いの見方で
この目の前の出来事を楽しんでいたように思います。(G)