« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月19日

高校生ボランティアが活動中です

夏休み真っ只中。現在、高校生ボランティアが館内各所で活動中です。

当館の高校生ボランティアは一年間の登録制で、今年度は都内の
各校から67名が集まりました。
学校が夏休みの8月は、一年の中でも最もボランティア活動しやすい時期。
8月9日から28日まで、毎日4~8名ずつが活動しています。

美術図書室でのポスター整理(写真左上)や、常設展示室入口でのこども向け
ポケットガイド配布(右上)、ときには、朝早く集合し、開館前の「名和晃平展」
会場で、真っ白なリノリウムの床を磨くという作業まで。(左下)
中には単調な作業もありますが、どの活動でも皆さん熱心に、自ら楽しみつつ
活動している姿には本当に脱帽です。

IMG_0454s.jpg 20110819_03ss.jpg


IMG_0436s.jpg IMG_0446s.jpg

先日は「名和展」床清掃の日に、たまたま取材で来館していた名和さんご本人に
お会いするという一幕も。(写真右下)
対面の瞬間は全員緊張の面持ちでしたが、名和さんから感謝の言葉をもらって、
一同大感激でした。

2007年に都立高校で「奉仕の時間」(ボランティア活動)が義務化されたのを契機に、
当館でも活動の場の一つとしていただこうとスタートした高校生ボランティア。
でも実は、あまり足を運ばない年代である高校生の皆さんに、少しでも美術館を身近に
感じてもらいたいという思いも込められています。
この活動が、高校生の皆さんと美術館の距離を縮める良いきっかけになればと思っています。
(G.I)

※常設展示室入口での高校生ボランティアによる「ポケットガイド」配布は
8月28日まで。

おなかの秘密

011s.jpg

前日までのギラギラの暑さから一転、朝から大荒れの天気の中、
船橋市立船橋中学校の美術部のみなさんと、湯河原町立湯河原中学校の
美術部のみなさんが来館してくれました。

写真は船橋中学校のみなさん。加藤泉さんの作品を見ているところです。
加藤さんの作品は、初めて見た瞬間は何だか不気味!?
と感じる人もいますが、じっと見ているといろんなことに気づきます。

この日も、こんな秘密を見つけてくれた生徒がいました。
「左の女の人のおなかはピンク色、右の男の人は青、二人のおなかの
色が混ざって、真ん中の紫のおなかのこどもができたんだね」

すごい!素敵な発見。描かれた3人のおなかの色から、家族の繋がりの
物語が浮かんできます。

この作品のタイトルは《無題》。
描かれているものが何なのか、何をイメージしているのかというのは
見る人におまかせします、と、加藤さんは思っているそうです。
ちょっと不親切なように思うかもしれませんが、その分見る人
それぞれの違った発見や、自分だけの物語を想像することができます。

東京都現代美術館にはそんな作品がたくさんあります。
「なんだろう!?」と思う作品に出会ったら、足を止めてじっくり作品と
向き合ってみてください。きっと何か新しい発見ができると思います。
(インターンR.S)

2011年8月16日

からだでお話ししてみよう!

先日、夏休みこどもワークショップ2011が終了しました。
(実施日:8月5日、6日、7日)
今回は、「ボディーアクション!からだでお話ししてみよう!」と題し、
美術館の中で感じたことや作品を見て感じたことを普段忘れがちな
からだに意識を向けて表現し、自分のからだがどれだけたくさんの
ものを語っているかを発見していきました。

(ワークショップ1日目)
ブログ1日.jpg
1日目ブログ(1).jpg

今回、企画・指導していただいた近藤春菜(俳優・演出家)さんは、
アユリテアトルという多国籍のメンバーで構成される劇団の日本代表で、
身体表現をベースにした創作劇を作っています。

初日は、まず参加者同士お互いを知りあうことから始めました。
相手を紹介する他己紹介や、相手のかっこうをまねてみたり、
動物になったり、二人組になってストレッチをしたり、
様々な自分や相手を知るためのワークを行いました。

1日目ブログ(2).jpg

次いで、目隠しをして美術館内を探検し、
光の感覚や空気の流れなどを感じながら歩きました。
そこで感じたことを絵にしました。

(ワークショップ2日目)
2日目ブログ(1).jpg

2日目は、展示室で作品を見て、じっくり観察し、印象をメモしました。
見た作品は、ヤノベケンジの≪ロッキング・マンモス≫、
荒木珠奈の≪Caos Poetico(詩的な混沌)≫、
そしてモナ・ハトゥームの≪ウェブ≫。
この3つの作品を使って、創作ワークを展開しました。

2日目ブログ(2).jpg

ヤノベケンジの≪ロッキング・マンモス≫は、
車を分解して作ったマンモス型の彫刻なので、
その形をみんなで作ってみました。
そして、それがもし動くとしたらどんな動きを
するか動作も考えてやってみました。

2日目ブログ(3).jpg

荒木珠奈の≪Caos Poetico(詩的な混沌)≫では、
作家が以前暮らしていたことのあるメキシコの街中の
イメージがもとになっています。
天井からぶら下がっている一つ一つの箱を家に見立てて、
そこに暮らす人々の生活を想像して寸劇を作りました。

(ワークショップ3日目)
3日目ブログ(1).jpg

3日目は、昨日見たモナの≪ウェブ≫の下で、彫刻家と彫刻役に分かれて
お互い人間彫刻を作ってみました。
この≪ウェブ≫は、朝露の蜘蛛の巣からイメージされた作品で、
常設展示室のアトリウムに展示されています。
そのため、吹き抜けの3階から下を見ると、
作品の下にいる人々が蜘蛛の巣にひっかかった獲物にみえます。

3日目ブログ.jpg

この作品では、獲物とそれを捕える蜘蛛役とにわかれて、
創作ワークをしました。上の写真は蜘蛛に襲われる獲物の様子です。

これら3作品をモチーフに、実際に展示室で発表会を行いました。
発表会では、保護者の方々をご招待し、また一般の来場者もまきこみ
緊張しながら3日間のワークショップの成果をお見せしました。

微笑ましく我が子を見守一方で、突然始まったパフォーマンスに戸惑うお客様もいましたが、
ライブ感あふれる発表会となりました。

ブログsaigo.jpg

今回は、身体表現をテーマにしたワークショップでしたが、
言葉以外を使った作品鑑賞も楽しめ、鑑賞の幅が広がったと
思います。また、からだを使ったコミュニケーションを共有体験することで、
新しい創造の可能性も探ることができました。(G)

写真:中村麻由美

2011年8月12日

美術鑑賞の天才?!

blog用(竹内).jpg

今日は千葉県から、芝山町立芝山中学校美術部のみなさんが
来館してくれました。
現代美術を実際に見るのはほぼ初めての生徒さんも多かったよう。
2グループに分かれて、常設展へ出発しました。

上の写真は、リキテンスタインさんの《ヘアリボンの少女》
を鑑賞中のみなさんです。
画面には、印刷物を拡大すると見える点がいっぱい。
遠くから見たり、近くで見たり。
全く見え方が変わります。
「近づくとカンバス地の筋が見える!」など美術部らしい意見も。
思い思いの視点で、話をしながら楽しく鑑賞してくれました。

最初は「何だこれ?」という表情でしたが、
目を細めたり、かがんだり、
新しい見方をどんどん編み出していくみなさんは、美術鑑賞の天才かも?!
楽しい雰囲気で、はじめての現代美術を堪能してくれたようです。

本の中で見るのとは違って、
実際に作品と対面すると、見方倍増、発見も倍増です。
現代美術を鑑賞する醍醐味を体験できた一日だったのではないでしょうか。
(インターンY.T)

2011年8月 3日

十代の作品

IMG_0378.JPG
本日も中学校の美術部が見学に来てくれました。
品川区立荏原第五中学校美術部のみなさん12人です。
暑い中をようこそ!

特集展示の石田尚志さんの作品(写真)には、
中学生のみなさんと同じ年頃の
十代のときに描かれたものがあります。
部活動でつくった作品が、
将来このように美術館に展示されるかもしれません。
みなさん、なるべく作品は取っておきましょう(笑)。

自由見学では、ピピロッティ・リストさんの
カーテンに囲まれた部屋の中の映像作品が大人気。
この部屋にずっといたいなんて声も出ました。

小泉明郎さんの映像作品にも関心が集まりました。
「どうして、この人はこんなことをしてるの?」
素朴な疑問をぶつけてくれます。
何かしらみなさんの心に残る作品に
出会えてくれていたら嬉しいです。(J.O.)