アーカイブ

« こども探検クルーズ はじめての美術館 | メイン | 宙に浮いた〇〇? & 名和晃平展の感想 »

すごい集中力!

扇橋小6年ブログ.jpg
6月に入り、新しい展覧会もオープンし、
同時に学校の団体鑑賞もはじまりました。

4月にやってきた2、3、4年生に引き続き、
昨日今日と2日に分けて、美術館のご近所の
扇橋小学校6年生、5年生がきてくれました。

こちら側の問いかけにも積極的で、
どんどん答えてくれました。

写真は、大竹伸朗さんの《ゴミ男》を見ているところです。
作品にはたくさんのオブジェが張り付けてあるのですが、
部分を拡大した写真をみせて、それがどこにあるかを
探してもらいました。
みんな目を皿のようにして、観察し、瞬時に探し出します。
「あった!」「こっちにある!」「みつけた!」と
その集中力たるやすごいものです。

作品を鑑賞するさいには、まず観察するというのも
一つの方法です。

こんな風にまずは作品の細部に注目させるのも、
こどもたちを作品世界へ導く方法として有効だと思います。

一つのきかっけを与えることでこどもたちは
どんどんひとりで発見していきます。
時にお友達とも意見をいいあっている姿もよく見かけます。

そうなれば、もう作品がもつ力に引き込まれている証拠。

学校にもどっても、またお家でも、今日のことを思い出して
あれこれお話ししてくださいね。(G)