« 2011年1月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月31日

根っこの森~“標本”を公開してます(~5月8日)

1月~3月まで4回にわたって実施してきた
大人のための創作プログラム「根っこの森をつくる」が終了しました。
(その創作過程はこちらのブログ参照⇒

3月20日の最終回には、
館内に広がったマスキングテープの植物たちが、
参加者たちによって“収穫”されました。
(・・・つまり剥がされました)。

こんな感じです。
  ↓
RIMG0057.JPG

剥がす・・・といっても簡単ではありません。
テープが貼り合わせてある方向や順番をよく見て剥がさないと、
途中で切れてしまったり、
時間がかかるのです。

少しずつ少しずつ・・・。

167.JPG

そうして一つ一つ丁寧に“収穫”された植物や動物たちは、
プラスチックの板に集めておきます。
 ↓
089(手の平 差し替え分).JPG

こんなにたくさん収穫できました。

182.JPG

この収穫物を使って、今度は小グループで、
違う作品を作っていきます。
  ↓
③.JPG

テープを細かくちぎっていく参加者たち。
これは“花”をテーマにした作品。

一番長い作品を手直しする淺井裕介さん。
  ↓
最終日淺井さん.JPG

完成したのは全部で7点。
最終的な展示がどんなものになったかはこうご期待。
・・・なのですが、その一部をご紹介しますね。
 
正面の壁はこんな感じです。
   ↓
IMG_9323.JPG
(本当はこの左壁にも作品があります。)

展示は5月8日まで。
場所はホワイエ(ミュージアムショップの奥)です。

*この場所では時々イベントも行っております。
 その際は見づらい場合もありますがご了承くださいませ。
*写真撮影:中村麻由美(一部、美術館スタッフ撮影)

2011年3月10日

受信中!?

IMG_3145s.jpg

区内の豊洲小学校から、今年も5年生の皆さんが
美術館見学に来てくれました。
先週から3回に分け1クラスずつ、路線バスでの来館で、
今日はその最終日でした。

写真は、そんな3日間のとある日、
MOTコレクション(常設展)のギャラリートークでの一幕です。

モナ・ハトゥーム《Web》の下で、全員で大きな輪になって、
寝転んでいますね。
まるで、作品からエネルギーを受信しているよう!?
《Web》がパラボラアンテナのようにも見えますね。

この作品の下では、よく床に寝転んで見てもらいます。
ひんやりと心地よく、気分も落ち着き、
また、そうして見上げていると、
「あ、天井が窓になってる」
「そういえば壁に(作品の)影が映ってるよ」
と、立って見ている時には気付かなかったことも
見えてくるようです。

この日、手を大きく広げている皆さんもまた、
なんとも気持ちが良さそうでした。
両足で全員がつながっている様子からは普段からの仲の良さが
感じられて、思わず顔がほころんでしまいました。

館内の展示を見た後は、アンソニー・カロ《発見の塔》に登るなど、
野外彫刻も楽しんで帰っていった豊洲小学校の皆さん。

その仲の良さを大切にして、また美術館に遊びに
来てほしいと思います。(G.I)

2011年3月 9日

卒業間近の現代美術館見学

IMG_3519s.jpg


今日やってきたのは、墨田区立両国小学校6年生の皆さん。
片道30分の距離を、はるばる徒歩で来てくれました。

96名と人数が多いため、
MOTコレクション(常設展示)を鑑賞する班と、
野外彫刻を鑑賞する班の二手に分かれ、それぞれ前・後半で
交代しながら見ることに。

現代美術館の野外彫刻は、全部で7点。
各所に点在する作品を探すのに使ってもらったのが、
「MOT野外彫刻パズルマップ」です。
(写真↓)※館内でも配布しています。

IMG_3509s.jpg
様々に折ると、、

IMG_3510s.jpg
作品が一つずつ現れるパズル式!

登れる彫刻作品、カロの《発見の塔》や、鏡面に自分の姿が
歪んで映るダン・グレアムの作品などなど… マップを片手に、
美術館のあちこちを探し歩いて作品を楽しんでくれました。

卒業を間近に控えたこの時期、「小学校生活最後の思い出に」
と企画された今回の美術館見学。

中学生になっても、また同級生と一緒に遊びに来てほしいと思います。
(G.I)

2011年3月 7日

淺井裕介による”根っこの森”公開中

863.JPG

1月から始まった大人のための創作体験プログラム“根っこの森をつくる”。
昨日、全4回のうち、
第3回目が終わり、美術館の中に“根っこの森”がやっと完成しました。

その企画者は、以前、このブログでもご紹介したアーティストの
淺井裕介さんです。(←以前のブログ)

こんな方↓

IMG_8381.JPG

今回も応募してくださった一般の参加者28人とともに、
マスキングテープとマジックだけを使って、
美術館の展示室ではない場所に、
植物、動物など・・・たくさんの絵を増殖させていきました。

たとえばこんなところ。

IMG_8489.JPG

館内にある案内看板です。
もちろん直接描いているわけではなく、
マスキングテープを貼りながら、そのうえに丁寧に
マジックで枝を描いています。

入口にもせっせと描いています!
よく見ると一番先端には、
美術館のロゴマークも隠しこまれています。
どんな風に完成したかはこうご期待。
  ↓

871.JPG

案内受付ブースにもどんどん描く。
かなり辛そうなポーズです。
 ↓

IMG_3413.JPG

美術図書室も例外ではありません。
柱や書棚やにも・・・。
勉強するお客様の邪魔にならないように
無言で黙々と描く3人  ↓

IMG_3271.JPG

そして参加者全員が総力を上げて仕上げたのは、
ホワイエです。
ミュージアム・ショップの奥にある普段は休憩コーナーに
使用されているスペースですが、
いつもは真っ白な壁。
しかしそこが  ↓

IMG_8449.JPG

回を追うごとに成長して、
昨日にはこんな大きな“根っこの森”になりました。

521.JPG

この他にも見所がいっぱい。
ブログではお伝えきれないのが残念です。

“根っこの森”がこの形でみられるのは、
3月20日(日)の朝まで。
(プログラム4回目のその日、参加者全員で剥がして、
別の作品へと再生させる予定です。)

美術館入口には“根っこの森MAP”もあります。
それを片手にぜひ館内で花見気分で鑑賞してみてください。

期間が短いので、ぜひお見逃しなく! (C.M.)
  *写真:(上から順に1-4,7-8中村麻由美撮影、5-6 美術館スタッフ)