アーカイブ

« 家族で挑戦!クイズ美術館キング2010 | メイン | 淺井裕介さん登場! »

よく見て、感じて、考える

志村第四小ブログ.jpg
今日は、遠く板橋区から志村第四小学校6年生の
みなさんがやってきてくれました。

70名前後とちょっと人数が多かったのですが、
3つのグループに分かれてトランスフォーメーション展の
団体鑑賞です。

学校で用意した美術館見学のしおりには、
“めあて”として「作品をよく見て、深く感じ、考えよう」とあります。
その“めあて”にある通り、こどもたちは実に
よく見て、感じて、考えてくれました。

展示室と展示室をつなぐわたり廊下に展示されているサラ・ジーの
《飼いならされたものたち(フェーズ1,2,3)》を見て、

「これは過去から未来をあらわしている!」
「作った人は、きっと女の人だよ。だって、優しい感じがするもの」
「チケットがあるよ!」

などなど、活発な意見が飛び出しました。

いつもこの作品では、ちょっとしたクイズを出すのですが、
ここでは、クイズの内容については秘密にしておきます。
あるものの数を数えてもらうのですが、最初にじっくりと
見ているはずでも、

「え!そんなのいた?」と驚くようです。

あとは目を皿のようにして、一生懸命探してくれます。

今度また美術館に来たときにも、
この「よく見て、感じて、考える」という気持ちを大切にして、
作品と対峙してほしいと思います。(G)