« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月24日

よく見ると、、時計!?

IMG_2452s.jpg

今日は、墨田区の業平小学校から、元気いっぱいの
5年生の皆さん(68名)がやってきました。
「トランスフォーメーション」展と、
「オランダのアート&デザイン 新言語」展の見学です。
講堂で3つのルール:走らない・さわがない・さわらない
を確認して出発。

「オランダ」展では、入り口で一人ずつ小さなレンガを渡されます。
一つずつのレンガを皆で積み上げて、建造物オブジェを作ろう!
という、マルタイン・エングルブレクトの《小さな東京モニュメント》
は、こども達にも人気のスポットになっています。

そこへ向かう途中、写真(上)に写っているのは、スタジオ・マーティン・
バースの映像作品。
二人の人物がゴミを掃いている様子が、上からのアングルで
延々と映っているだけ…

でもこの作品も、こども達には大人気なんです。
じつは、これは「時計」。
時計の針(ゴミ)を、毎分ちょっとずつ動かしていくというもの。
一見何だかよく分からなくても、
すぐに見抜いてしまえるこども達。
頭がまだやわらかい証拠(?)でしょうか。

ひとしきりこの作品を楽しんだあと、
皆がいっせいに手をかざし始めました。
(写真をもう一度ご覧下さいね)

…何をしているのかと思ったら、
入り口でもらったレンガに空いている6つの小さな穴の「影」を、
いかに丸くきれいに映せるかを競っていたのでした。

こういった"遊び"が即座に生まれるところはさすがだなぁ、と、
おもわず感心してしまいました。

二つの展覧会を、とても楽しんでくれた皆さん。
なかには、「もう一周見たい!!」
と言ってくれた人も。
皆で先生にお願いして、またぜひ見学に来てほしいと
思います。 (G.I.)

2010年12月22日

見降ろしたり、見上げたり~月島第三小学校

昨晩は激しい雨が降ったのに、
今朝はすっきりとした小春日和。
そんな好天の中、
中央区立月島第三小学校の6年生が来てくれました。

6年生はあと数カ月で卒業です。
5年生の時に、すでにブリヂストン美術館を訪問したようですが、
もう一つ別のタイプの美術館も見てほしい・・・という
先生の熱い思いが今日の見学会に繋がりました。

この写真は、MOTコレクションを鑑賞している様子。
こどもたちはモナ・ハトゥームの“クモの巣”型の作品を
3階から見降ろしています。
  ↓
IMG_8561.jpg

クモの巣の下には、友だちの姿が見えるのも、
おもしろかったようでした。

ピピロッティ・リストのビデオ・インスタレーションの
部屋にも入ってみました。
 ↓
ブログIMG_2438.JPG

薄暗いこの部屋には、
天井と床に不思議な映像が映し出されています。
上を見上げたり、下を覗きこんだり。

「一番、リラックスできるポーズで、
見てみましょう!」と声をかけると、
置いてあるクッションを枕にして、
寝転んで上を見始めました。

「気持ちよくて、何だか眠くなっちゃった。」
「何とも言えない不思議な気分」

美術館という場所で、
映像を見ながら寝ころんだり、
巨大な作品を上から見たり、下から見上げたり。
そんな特別な美術体験を、
中学生になっても覚えてくれていたら嬉しいですね。
(C.M.)

2010年12月21日

不思議な…ヤギ!?

IMG_2431s.jpg

今日は荒川区から、赤土(あかど)小学校5年生の皆さん
(79名)が来てくれました。
3グループに分かれて、トランスフォーメーションの見学です。

今日の見学で最初に見てもらったのは、ジャガンナート・パンダ
の《第二の皮膚》。(写真)
一体のヤギの彫刻と、その傍らに無造作におかれたシャツ。
後ろ足にシャツの袖が通してあったり、
ヤギの毛皮がシャツと同じ模様だったり…
よく見ていくと、不思議な部分がいくつも見つかります。
ヤギと服の関係について考えてもらうと、

「シャツがヤギになったのかな」
「着ていた人がヤギになっちゃったのかも!」
「魔法をかけられたんじゃない?」
「…呪い!?」

と、想像が膨らんでいきます。
次の作品に向かう途中、
「なんか、いろんなストーリーがうかんできた!」
と、近くにいた男の子がつぶやいていました。

その後もいくつかの「変身」を題材にした
作品をご紹介して、見学は終了。
皆さんに「気になった作品は?」と聞くと、

「ヤギ!」「カツラ!」
「トラ!」「ファーブル!」
「矢印!」「カモノハシ!」

と、色々な作品の印象を、キーワードにして答えてくれました。

これから展覧会を見る人にとっては、
作品のヒミツを読み解く格好のヒントになるかも??
ぜひ会場に足を運んで確かめてみてくださいね。
(G.I.)

2010年12月17日

意外な素材に注目!

IMG_8547s.jpg

今日は、台東区立金竜小学校6年生の皆さん
(60名)が来てくれました。
昨年には国立西洋美術館にも行ったことのある
学年だそうです。
(色々な美術館に連れて行ってもらえて良いですね!)

さて、今日の見学では、MOTコレクション(常設展)を
3つのグループに分かれて見てもらいました。

自動車の部品でできたヤノベケンジの《ロッキング・マンモス》や
洗濯ばさみがびっしりとカンヴァスに付いている中西夏之の作品、
大量の五円玉が使われている菊畑茂久馬の作品などなど、
意外な素材が使われている作品に、
「これ、どうやったの?」
「なんでこんなの作ろうと思ったの?」
と、わき出るようにたくさんの質問がとんできました。

自由見学の時間ではワークシートを片手に、
感じたことや発見したことを熱心にメモする姿が。
見学が終わって感想を聞いてみると、
「おもしろかった!」
「中にはこわい作品もあった!」
と、皆はじめての現代美術との出会いに、
たくさんの刺激を受けていたようです。

帰りがけには、屋外に設置されているアンソニー・
カロの《発見の塔》も見学。(写真)
鉄で作られたこの巨大な彫刻作品、中に入って
登ることもできるんです。
残念ながら今日は時間がなく、外から眺めるだけ
の見学でしたが、
今度美術館に遊びに来たときには、ぜひ登ってみてくださいね!
(G.I.)

2010年12月16日

元気いっぱい!

御田ブログ写真.jpg
今日は、港区立御田小学校から
1年生約60人がやってきました。
(写真:来館風景・・・仲良く、手をつないで)

みんな非常に元気いっぱいで、
しばし館内も賑やかに・・・。

はじめに美術館でのルールを伝えた後、
3チームに分かれて鑑賞です。

1年生ということもあり、
みんな「僕の話も聞いて!」「私の話も!」
っといっぺんに話し出すので、
話を聞くほうも大変です。

顔に目の描かれていない作品を見て、
その理由をみんなで考えた時には
「あとで描こうと思ったんじゃない!」
「寝てるんだよ!」
「ロボットだからだ!」
と発想も非常にユニークで、
聞いているこちらも楽しくなりました。

この世に生を受けて72ヶ月。
現代美術という世界との触れ合いは
1年生のみなさんにとって新鮮な驚きと共に
楽しい体験として刻み込まれたことと思います。(G)

2010年12月13日

淺井裕介さん登場!

あけましておめでとうございます!

さて新年早々、当館でも、
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
大人のための創作体験プログラム”を実施します!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
大人対象のプログラムは、
いつも好評をいただいていて、
「次はいつですか?」と聞かれるのですが
やっと内容が決まりました。

今回、講師として登場いただくのは、
アーティストの淺井裕介さんです。

淺井さんと言えば、マスキングテープを使った
ユニークな植物画で注目を集めている作家です。

こんな方↓

コピー ~ ポートレイト2(中尾智路).JPG
(写真撮影:中尾智路)

作品はどんなものかと言えば、
こんな感じ↓

コピー ~ マスキングプラント・絵のなる樹KITA!!2008写真:細川葉子.jpg

(マスキングプラント・絵のなる樹KITA!2008 細川葉子撮影)

壁一杯に広がる影絵のような絵が淺井さんの作品です。
マスキングテープにマヂックで絵を描いて、
それを壁に貼りつけて大きな絵にしていくという
ユニークな方法で壁画を完成させています。

これと同じ技法に、今回のプログラムでは挑戦してみます。

美術館のあちこちにこの“マスキングプラント”を
一緒に育ててみませんか?

絵の苦手な人でも大丈夫。
「大切なのはこどもの頃のように夢中になって
作り続けること。」
↑これは淺井さんからのメッセージ。

まずはお気軽にご応募ください!

応募締切は1月6日(必着です)。
お正月時なので郵便が混み合いがちです。
ぜひ年内に応募ハガキをご発送ください。

みなさまのご応募を心よりお待ちしております。

詳しい内容はコチラ↓

=============================================================================
大人のための創作体験プログラム 「根っこの森をつくる」

日  時:2011年1月16日(日)、30日(日)、3月6日(日)、20日(日)
      全4日間、各日10:30~15:00
募集人数:中学生~大人まで 25人(応募者多数の場合は抽選)
参加費  :中学生・高校生 2000円(全回通し)
       大人        3000円(全回通し)
応募条件: 初日を含み3日以上参加できる人
申込方法:往復葉書に住所・氏名・年齢・連絡先・応募動機を明記の上、
       東京都現代美術館「根っこの森」係へ。締切は1月6日(必着)。
申込先:東京都現代美術館 〒135-0022東京都江東区三好4-1-1

=============================================================================
講師紹介:淺井裕介(あさい ゆうすけ)
1981年東京生まれ。テープとペンを自在に操って描く植物画『マスキングプラント』や、現地で
採取した泥や土を使用した壁画『泥絵』シリーズなど、ペン、土、ときには葉っぱやホコリも使い、
屋内外のさまざまな場所に身近な素材を用いて奔放に絵を描き続けている作家。
『VOCA2009展』大原美術館賞受賞。

=============================================================================
浅井チラシJPG.jpg

2010年12月 9日

よく見て、感じて、考える

志村第四小ブログ.jpg
今日は、遠く板橋区から志村第四小学校6年生の
みなさんがやってきてくれました。

70名前後とちょっと人数が多かったのですが、
3つのグループに分かれてトランスフォーメーション展の
団体鑑賞です。

学校で用意した美術館見学のしおりには、
“めあて”として「作品をよく見て、深く感じ、考えよう」とあります。
その“めあて”にある通り、こどもたちは実に
よく見て、感じて、考えてくれました。

展示室と展示室をつなぐわたり廊下に展示されているサラ・ジーの
《飼いならされたものたち(フェーズ1,2,3)》を見て、

「これは過去から未来をあらわしている!」
「作った人は、きっと女の人だよ。だって、優しい感じがするもの」
「チケットがあるよ!」

などなど、活発な意見が飛び出しました。

いつもこの作品では、ちょっとしたクイズを出すのですが、
ここでは、クイズの内容については秘密にしておきます。
あるものの数を数えてもらうのですが、最初にじっくりと
見ているはずでも、

「え!そんなのいた?」と驚くようです。

あとは目を皿のようにして、一生懸命探してくれます。

今度また美術館に来たときにも、
この「よく見て、感じて、考える」という気持ちを大切にして、
作品と対峙してほしいと思います。(G)

2010年12月 3日

家族で挑戦!クイズ美術館キング2010

クイズを解きながら館内を巡り、美術館や作品に親しんでもらおうという
毎年恒例のプログラム、クイズ美術館キング!
今回は、小学生のいる家族を対象に、11月27日、28日両日あわせて59組、
185名の参加がありました。


IMG_2365s.jpg 講堂でイントロクイズ!

IMG_2374ss.jpg  IMG_2368ss.jpg
作品をみてクイズをときます。         ときには上を見上げながら…


館内や展覧会の作品についてのクイズは四択問題で全30問。
答えは作品を見ればだいたい分かるようになっていますが、中にはひっかけ問題も。
画面の隅々まで見ないと間違えてしまいます。
また、今年は新たに「こども」と「おとな」それぞれ別々にヒントを出すクイズも導入し、
お互い見たヒントの情報を共有して、家族で協力しながら問題を解いてもらいました。


IMG_8433ss.jpg 新たに導入。こどもだけにヒントタイム


約1時間で3つの展覧会(MOTコレクション、トランスフォーメーション、
オランダのアート&デザイン新言語)をまわり、全ての問題を解くのは
少々ハードだったようで、「短かった!」、「もう少しゆっくり美術館を楽しみたい」
といった声も聞かれました。

それでも、27問以上正解の参加者にのみ与えられる「キング」の称号を
得た参加者が、二日間あわせて約10組、誕生しました。
なかには全問正解というツワモノも!


IMG_2359s.JPG 「キング」の皆さん、おめでとう!


…そして今回、特別なしかけとして、答え合わせの後にも、最後にもう一つのナゾが。
それは、解答用紙が、あるヒミツの場所を示した「暗号」になっているというもの。


IMG_2360ss.JPG IMG_8484ss.jpg
暗号は裏返すと…読めた!         ヒミツの場所には最後のメッセージが!


「暗号」を読み解き、そこに書かれた館内の「ある場所」にたどりつけば、
「真の美術館キング」の称号を得ることができます。
参加した皆さんは、プログラムの終了後も、最後のナゾを解き明かすため、
美術館探索にでかけていきました。(G.I)