アーカイブ

« “病院”が育つということ | メイン | 展覧会の作り方 »

好きだから、描くことでもっと好きになる

IMG_8025.jpg

カラリと清々しく晴れた秋空のもと、今日は葛飾区の
二上小学校の5年生のみなさんが見学に来てくれました。
秋晴れよりも爽やかな笑顔はなんと110人分。
ほとんどの人が現代美術館初体験です!

デイヴィッド・ホックニーの絵の前にくると、
様々な色や形に興味津々。
一見違う場所が描かれているように見える二つの絵を
じっくり観察して、実は同じ部屋が描かれていることや、
そこに描かれている家具の微妙な違いまで
細かく発見してくれました!

“好きなもの”を違う角度から描いたり、
違う時に描いたりするホックニー。
それによって、同じものでも様々に色や形が変わることに、
皆さん、とても驚いていたようです。

聞くと二上小学校の皆さんも図工の時間に
“好きなもの”をよく描くとのこと。
好きでたくさん見ているものでも、
ホックニーのようにいつもと違う見方をして描いてみると、
知らなかった一面を発見できるかもしれません。

これからも自分が好きなものを描くことで、
なにかを「好き」な気持ちを大切に育てていってほしいなと思います。

(インターン Y.K.)