アーカイブ

« 赤ちゃんから学ぶ赤ちゃんの「心」 | メイン | 秋晴れの美術館見学 »

美術館でのびのび~江戸川区第三松江小学校

第三松江小.jpg

今日は新小岩にある第三松江小学校の6年生が、
朝一番で美術館に来てくれました。
総勢104人と都内の学校としては大人数。

スムーズに見学できるようにと、
2ヶ月も前に図工の先生が下見に来館されて、
作戦を練っていただき当日を迎えました。

今日は常設展示と「こどものにわ」展の両方を、
約1時間30分で見るというハードスケジュール。

しかし先生の作戦のお陰か、
展示室の移動も時間通りスムーズでしたし、
鑑賞のマナーもしっかり守れていたようです。

聞くところによると、
この6年生たちは、これまでにも、
ブリヂストン美術館や
森美術館などに見学に行ったことがあるそうです。

そうした経験もしっかりこどもたちの中に蓄積されているのでしょう。
美術館に来ても緊張することなくのびのびした様子が印象的でした。

自分の目でお気に入りの作品を探して、
積極的に楽しもうという意欲も伝わってきます。

小学生の頃から、ごく自然に美術館を訪ね、
先入観をあまり持たずに様々な作品に触れること。
その大切さを実感したひと時でした。
(C.M.)