アーカイブ

« アリエッティ世代の訪問者 | メイン | 時には体を動かして… »

無数の"入口"はこちら

夏休み真っ只中、学校団体見学(ミュージアム・スクール)は連日大盛況。
8月7日は、栃木県阿久津中学校、茨城県潮来第二中学校、
練馬区立豊渓中学校の3校が、それぞれ美術部の活動で来館してくださいました。
各校の皆さんと、様々な作品世界への"入口"(作品)がつまった
MOTコレクション「入口はこちら―なにがみえる?」を一緒に鑑賞しました。

豊渓中学校の皆さんとは、藤本由紀夫の《EARS WITH CHAIR(MOT)》の
細長い筒から聞こえてくる不思議な音を皆で聞き比べ、
潮来第二中学校では、同行されていた何人かの保護者の方も交えて、
展示室でのトークがより一層盛り上がりました。

IMG_7224s.jpg

写真は、ナイジェル・ホール《無名の土地への入り口》に、
対面した阿久津中の生徒さん。

「えっ、絵かと思ったら壁から飛び出てる!」
「見る場所を変えると形が変わるよ。」

と、作品が作り出す不思議な空間を、体全体で感じてくれていたようです。

展示室にちりばめられた無数の"入口"の中から、
皆さんはそれぞれの感性に響くものを探し出せたでしょうか?
これからも色々な作品と出会って、その世界の中に遊んでほしいと思います。
(G.I.)