« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月27日

怪談!?

清新第二小ブログ.jpg
今日の午後は、午前中同様遠足で、
江戸川区立清新第二小学校4,5,6年生
約80人がやってきました。
3チームに分かれ、それぞれに学芸員が付いて
一緒にお話ししながら鑑賞です。

今回の展示テーマは「記憶」。
映像の作品もあり、薄暗い展示室もあります。
写真は、何をやっていると思いますか?
実は、自由鑑賞の時に、
怪談話を始めたこどもたちの様子です。

この作品は、アピチャッポン・ウィーラセタクンの《エメラルド》。
バンコクにあったホテルの記憶を物語る映像作品で、
映像の前にエメラルド色をした電球がぶら下がっています。

それを取り囲み「怖い話をしよう!」と
こどもたちが輪になっているのです。

特に怖い話の映像作品でもないのですが、
会場の雰囲気、ナレーションや映像の様子などから
「怪談」というイメージを思い浮かべたのかもしれません。

しばらく、ひっそりと盛り上がった後、
またこどもたちは展示室へと消えていきました。

今回の常設展示(MOTコレクション)、
いろいろなことがおきそうです。。。(G)

ちょっと怖い展示室?

平井西小ブログ用.jpg
今日は、うす曇の中、遠足で江戸川区立平井西小学校
3,4年生のみなさんがやってきました。

人数も約130人と多いため、はじめに講堂で美術館や
展示内容の概略を説明したあとで自由見学をしてもらいました。

丁度先週の土曜日から常設展示(MOTコレクション)が展示替えとなり、
新しいテーマの展示が始まりました。
テーマは「記憶」。
記憶といってもいろいろです。
自分とのかかわりや、ある場所の出来事、
勝手に他人の記憶を作り上げるなんていうのもあります。

今回は展示室が全体的にうす暗く、モノクロ写真も多いので、
ちょっと怖い雰囲気もただよっています。
そんな環境に敏感な子は、おそるそる部屋をのぞいたり、
「こわ~い!」とビクビクしながら歩いていました。

そんな中、人気だったのが前田征紀の《Universal Love》という作品。
光と影や、色、音などいろいろな要素がまじりあった
不思議な雰囲気の作品です。
作品に映りこむ自分の姿に驚いたり、
影絵遊びをはじめたり、こどもたちなりの楽しみ方で、
作品世界の虜になっていました。(写真)

初めて美術館に来たという子が多かったですが、
すぐに作品の楽しみ方を見つけ出す(考え出す)力は、
さすがこどもたちです。

こちらも、新しい作品の楽しみ方を教えてもらいました。(G)

2010年4月15日

将来は美術館勤務?

盛岡市立厨川中ブログ用.jpg
年度も変わり、ミュージアムスクールの予約も
どんどん入ってきています。
今日は、盛岡市から学習旅行の一環で
厨川中学校3年生の5人がやってきてくれました。
もともとみなさん、美術が好きで、特に作るよりも
見るほうが好きとのことで、当館を学習先に選んだそうです。

丁度、常設展示室は展示替中なので、見ることが出来ず、
企画展を見学してもらいました。
現在開催中の「フセイン・チャラヤン」展(6月20日まで)を
担当学芸員と一緒にみてもらいました。

ファッションの展覧会といっても、単に服が陳列されているだけでなく、
照明はもちろんのこと、送風機やポーズをとるマネキンなど様々な
展示手法で展開される内容に、「わー!」「おー!」と感嘆の声を
あげていました。

ひととおり見学したあとは生徒さんたちが事前に考えてきた質問に答えます。
「展示や演出の仕方に工夫がありまか?」
「現代美術の発展に尽くした人は誰ですか?」
「美術館もひとつの作品ですか?」
などなど。

聞けば以前テレビで、美術館で作品が展示される
様子をみたそうで、展示の仕方や美術館に興味を
もったそうです。

熱心にメモをとっている姿から、
「ひょっとして将来美術館ではたらいてみたくなった?」
と聞いてみると、ひとりの女の子が手をあげてくれました。

短時間の滞在でしたが、そんな風に美術や美術館に興味をもち、
将来働いてみたいと思ってくれたのは、実に嬉しい限りです。(G)