« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月19日

先生と一緒に! 江東区立東川(とうせん)小学校

010319 東川小学校 015.jpg

今日は江東区立東川(とうせん)小学校の1年生が見学に来てくれました。
学校から美術館まで歩いて来れるという距離の近さもあって、
今までに美術館に来たことがある人がたくさんいました。

まずはじめに3チームに分かれてトーク。
今回は、図工の高松先生も《重い手》をトークしました。
先生が「何か見つけたかな?」とこどもたちに聞くと
「手がいっぱい」
「ケガをしてる」
など、どんどん手を挙げて色々な意見を言ってくれます。
背中に覆いかぶさっている手が重そうだ、という意見があったので
高松先生がこどもたちにどのくらい重いのかを聞いてみると
「1トン」「10トン」「象が乗っかっているぐらい」「地球をしょってるぐらい」
などなど・・・。
みんな重くてやっと支えているという印象なのですね。

こうしてひとつひとつの先生からの問いかけを通して
だんだんとこども達は作品の深いところに目を向けていきました。
「下に伸びる2つの手は柱みたいになって背中に乗っかる手からこの人を守っている」
と一人が言うと、それを受けて他の子から
「でも自分でできるよといって、小さい手が背中の手をどけようとしている」
という意見が。
それを受けてまた別の誰かが・・・と、どんどん物語がつながっていきます。

小学1年生といえば、
自分が話したいことがいっぱいありすぎて、
自分以外の人の話を聞くのはまだちょっと苦手、という印象がありましが、
誰かが言った意見をきちんと受け入れて、
自分自身で考え、さらにそれを深めて展開していくということをみんながやっていて、
みんなで見るからこその発見が一杯つまった、とてもすばらしい鑑賞でした。
先生とこども達の普段からのコミュニケーションがあるので、
リラックスできて、想像力が解放され・・・、それだからこそできるトークもあるのです。

最後は《発見の塔》に上って帰りましたが、
「もっとのぼりたい」という声も多く聞かれました。
ぜひまた遊びに来てください!
               (武)

2010年3月18日

来る前と、来た後で・・・

赤羽ブログ.jpg
先日の港区立赤羽小学校4年生に続き、
今度は3年生の皆さんが団体鑑賞にやってきてくれました。

3年生は、形や材質、触覚などに注目して作品を
見せたいというオーダーが図工の先生からでていました。
丁度、展示されている岡崎乾二郎さんの作品は、
色々な形もあり、材質もタイルでできたものや
ダンボールのような素材もあります。
タイルでできた作品は、靴を脱いでその上を歩くことができ、
足裏の感覚でも作品を体験できます。
タイルの上に描かれた模様の微妙な質感の違いを感じて、
「ザラザラするー!」「ツルツルするー!」
と、大喜びでした。

一通り鑑賞したあとは、自由鑑賞。
学校が用意したワークシートに取り組みます。
「岡崎乾二郎さんからの贈り物」と題し、
どんな材料でできているか、どんな形があるか描いてみましょう!
などなど、作品をじっくり見る問いが書かれています。

写真の女の子は、一所懸命、岡崎さんの作品の模様を描きうつしていました。
他の子たちも、いろいろな模様や、素材をさがして
ワークシートをまとめていました。

鑑賞後、先生が
「来る前と、来た後で、気持ちが変わった人!」
とたずねると、ほとんどの子が手をあげてくれました。

ある子は、
「美術館は外からみるとありふれた建物だと思ったけど
中にはたくさんのすごい作品がありました!」
と答えてくれました。

こうした団体鑑賞を通じ、こどもたち一人ひとりの中に
未知なる美術館のイメージが、はっきりとしたものに
変化してく経験を持ってもらえたことは、
教育普及に携わるものとして嬉しい限りです。(G)

2010年3月11日

今日の気持ちは何色?

01311赤羽小ブログ.jpg
今日は現代美術館の常連校のひとつ、
港区立赤羽小学校4年生のみなさんが、
午前、午後と分かれてきてくださいました。

2クラス一度にまとめて来る学校も多いのですが、
このように1クラスずつ来てくれると少人数でまわれるので、
じっくりと作品と向き合うことができます。

本日は、図工の先生からのリクエストもあり、
現在展示中の「ポップアート」の作品を中心に見ました。
リキテンスタインの《ヘア・リボンの少女》や
ウォーホルの《マリリン・モンロー》を見ながら、
どんな色が使われているのか、
どんなものが描かれているのかなど、
ポップアート独特のカラフルな色使いや
主題などを交えながらのトークとなりました。

10点組のウォーホルの《マリリン・モンロー》は、
一点、一点は、同じマリリンなのですが、色が全て違います。
明るい色から暗い色まであります。
はじめに、こどもたちに
「今日の自分の気持ちを表す色使いの作品はどれ?」と
問いかけ、10点の中から選んでもらうと、
みんなすぐに今日の気持ちの作品を選んでくれました。
「今日は、暑いからこの派手なやつ!」
「ちょっといやなことがあったの、暗いの・・・」
「元気なので、明るいこれ!」
マリリンを通じ、クラスのお友だちのそれぞれの
今日の気持ちを知ることができました。

みなさんも、自分の気持ち探し、ぜひやってみてください(G)

2010年3月 6日

アーティストの卵たちへの授業 学校訪問 芸術高校1

geiko2.jpg

アーティストの卵たちが通う都立芸術高校。
今回の「アーティストの1日学校訪問」は、この学校で石川直樹さんによる授業です。
この学校には、油画、日本画、彫刻、デザインなど
様々な種類の制作を学んでいる学生さんがいらっしゃいます。

第1回目の授業は映像を交えた石川さんのレクチャーと質疑応答。
これまで訪問した学校と異なり、みんな鑑賞者ではなく制作者側とあって、
質問の内容も制作している人たちだからこそのものばかり。
これまでの訪問授業では、石川さんの冒険家としての側面が強調されることが多かったのですが、
今回の芸術高校では、写真家の部分が強調され、
多感な世代のみなさんが日々直面している制作に関する悩みや迷いが、
先輩アーティストへの質問としてあらわれたのでした。

次回の授業までに、生徒のみなさんが写真を撮影するという課題が石川さんから出されました。
どんなものを撮影するのかについても、いくつかテーマが提示されました。
次回の授業は作品発表会。
どんな写真を撮るのか、とても楽しみです。
                      (武)