アーカイブ

« 現代のラグジュアリーとは? | メイン | お友達と手をつないで美術館 御田小学校 »

見たことのない新しいかたちの建築! 妹島和世による親子ワークショップ

ラグジュアリー展の特別展示において
空間構成を担当した建築家の妹島和世さんによるワークショップを行いました。
妹島さんのワークショップに参加したい人は驚くほど多い中、
なんと今回のワークショップは小学生のいる親子限定!
参加者の中には2年前に当館で行った「SPACE FOR YOUR FUTURE」展で
SANAAの建築模型を見て以来ファンになったという親子や、
これまでもよくクルーズに参加してくれているお子さんが
今回はお父さんがどうしても参加したい!ということで申し込んだ親子など、
それぞれ思い入れが強いようです。

講堂に集まった参加者に、まずは
妹島さんの不思議な形の建築のかずかずを紹介。

sejws2.jpg

その後、「ラグジュアリー」展の会場に実際に足を運び、
妹島さんのしなやかで透明感があって明るい空間を体験しました。

sejws3.jpg

講堂に戻ってからはいよいよ制作開始です。
今回は「不思議な形の小屋」を作ります。
まずはスポンジを使って試作品作り。
親子で意見を出し合い、設計図を書いたり。

sejws4-1.jpg

sejws4.jpg

全体の感じがきまったら、とうとう本番です。
1m×1mの白いスポンジを4枚使って大きなものを作ります。
試作ではうまくいっていたのに、
大きくしてみると立ち上がらなかったり、
いろいろ変更点が出てきます。
妹島さんもそれぞれの親子の制作しているところを巡ってアドバイス。

sejws6.jpg

sejws6-2.jpg

コンニャクをひねったような形が集まってふしぎな小屋ができたり、
それぞれとても個性的で楽しい形がいっぱいです。
sejws5.jpg

最後は発表会。それぞれ工夫したところや見てもらいたいところを発表です。
妹島さんから、よく工夫されている点やおもしろいところについて
一言ずつコメントもありました。

sejws7.jpg

sejws8.jpg

ワークショップ前にはたてものは四角いものと思っていた人も、
帰りには見たことのない形を想像したり、
いろいろな形のたてものがあってもいいんだということを感じてくれたようです。
この参加者の中から、将来の建築家が生まれるかもしれませんね。
                                   (武)