« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月27日

雨が降ったらやってくる

宝仙ブログ.JPG
嬉しいことに、この日(5月7日)は雨。
なぜ嬉しいか。
それは雨が降ったら団体鑑賞にやってくるという学校があるからです。

来館したのは宝仙小学校4年生のみなさん。
この学校は4年、5年、6年生になると野外写生会のために
東京タワーや都内の公園にでかけるそうです。
しかし、雨がふれば実施ができないため、
雨天時プランとして、「美術館めぐり」が企画されていたのです。

そして、我々にとって念願の雨になったというわけです!

美術館に到着後、講堂に荷物を置いて、グループに分かれて
常設展示室へ移動。
現在常設展示室の入口には、ヤノベケンジの《ジャイアント・トらやん》が出迎えてくれます。
その圧倒的な大きさに驚きながらも、
現代美術館にはちょっと変わったものが展示してあるかもという期待がいやがおうにも高まります。

ギャラリートーク中も積極的にこちらの問いかけに反応し、
実に楽しそうでした。

写生会にはいけなかったけれど、
普段あまり接することの無い現代美術の作品に触れ、
感性のスイッチがオンになっているなとその様子から見てとれました。

ちなみに、5年生、6年生は、
晴天となり無事写生会にでかけたようです。
ちょっと残念。(G)

2009年5月24日

びじゅつかんのヒミツのカード

クルーズ2日目。
本日もすごろくを使って美術館のオモテとウラをたんけんです。
すごろくのすべてのマスにはヒミツの指令が書かれていますが、
素通りしてしまったマスの答えは教えてもらえません。

次はどこに行きたいかな?
サイコロを振る前に、みんなですごろくのマスを指差して、
サイコロに願いをかけます。

スゴロクユビサシ.jpg


そして、それぞれのマスによっていろいろな経験をしました。

図書室で見たのは、ヒミツの小さな本。大竹伸朗さんの手作りの本です。
トショシツ.jpg


展覧会の準備室では8月に始まる「伊藤公象」展の
展示模型やポスターのデザイン案を見て、「こっちのポスターが良い!」と選んでみたり。
ジュンビシツ.jpg


収蔵庫ではまずその広さにびっくり。
そして、スプーンから落ちそうなジャムの絵をみて、「写真じゃないの?!」とまたびっくり。
シュウゾウコ.jpg


荷受には、作品搬入中の2人組のアーティストに出会って
現代のアーティストは自分たちと同じように生きているんだ、という
よく考えると普通のことを改めて実感したり。
ニウケノアーティスト.jpg


中央監視では、地下室の電気をつけたり消したりさせてもらったりしました。
チュウオウカンシ.jpg


たんけんの道中、いくつかの場所では、
たんけんに訪れたチームのみんなにオリジナルトレーディングカードが渡されます。
カードにはその場所の写真と、その場所の説明、そしてジャンケンマークが書いてあります。
ゴールする頃には、7~8枚ぐらい集まりました。
ichirann.jpg


トレーディングカードなどを普段から良く知っているこどもたちは、
特別に金色になっている収蔵庫のカードを見て、「パラレルレアだ!」といってました。
カードを持つ姿も様になっています。
トレカナガメ.jpg


スタジオに戻った後は、たんけんの振り返りもかねてジャンケン大会です。
「良かった場所の順番で」「気に入っているカードの順番で」と
カードを出す順番を決めてジャンケンすると、みんなの気持ちが分かります。
トレカイチボウ.jpg


そして違うチームとも対戦!探検する場所が違うと持っているカードも違うので
対戦しながら「あれ?それはどこのカード?」「そこ面白かった?」「どんなところなの?」と
行くことのできなかった場所がどんなところなのかを垣間見ることができます。
「えー、そこ行きたかったなぁ~」という子も。
トレカタイセン2.jpg


解散後はお迎えにきたお父さんやお母さんに
探検してきたことをカードを見せながら説明していました。
美術館が初めてだったこども達もたくさんいましたが
これですっかり美術館に詳しくなりました。
ぜひまた遊びに来てくださいね!                
                    (武)

2009年5月23日

ヒミツクルーズ 1日目

今年度の第1回目のクルーズは、
美術館内のさまざまな場所を探検して回る
「びじゅつかんのヒミツ」クルーズ。

1年生から4年生までのこども達が、
美術館のおもてがわはもちろんのこと、
職員が仕事をしている、美術館の裏側まで、
さまざまなところをスゴロクをしながら探検して回りました。

ヒミツクルーズ 078.jpg

美術館の荷受スペースでは
探検中に作品を載せたトラックが入ってきました。
そして、ゆっくり丁寧に作品の入った台車を動かして
運び入れていました。
トラックの荷台の扉が開いたとたんに
油絵具のにおいがまわりに広がり、
こども達は「絵の具のにおいがするね。」と言って
周りの空気を改めてくんくんと嗅いでいました。

ヒミツ荷受.jpg

探検が終わった後は
自分たちがどんな場所を旅してきたのかを
ゲームをしながら振り返りました。
どんなゲームなのかは、ヒミツです。
ヒミツクルーズトレカ.jpg

クルーズ終了後、スタジオ前にお迎えにきた
お父さんやお母さんの姿を発見した途端に
今日行ってきたさまざまな場所の話を
まるでマシンガンのように話す子や、
さっき見てきたきれいなトイレ(マイケル・リンのトイレです)を
お母さんと一緒に見に行く子など、
自分の体験した「ヒミツ」のかずかずを
家族に紹介するのでした。                 (武)

2009年5月19日

興味津々

確認用写真.JPG
今日は城北特別支援学校高等部1年生のみなさんが
校外学習の一環でやってきました。

いつもと違う環境に少々戸惑いの表情を浮かべている子もいましたが、
一緒にお話しながらまわっているうちに、
だんだんと楽しそうな表情へと変わっていきました。

現代美術館にある作品は、絵ばかりではなく、
中に入ったり、音が鳴っていたり、光っていたりとかなり刺激がいっぱいです。
また巨大な作品も多いので、みなさん興味津々といった感じでした。

鑑賞ツールをつかって簡単なゲームをしながら、
コミュニケーションを図り、ギャラリートークを進めていきました。

自由時間には、引率の先生やスタッフの皆さんがこどもたちに楽しそうに、
語りかけて鑑賞している姿をみて、こちらも嬉しくなりました。(G)

2009年5月15日

お気に入りの作品をメモ 金曽木小学校

090515 金曽木小 002.jpg

台東区の金曽木小学校の6年生が見学に来てくれました!
午前中学校で授業を受け、給食後に来館です。
まずは3チームに分かれてトーク。
オスジェメオスの、スプレーで描いた不思議な絵に惹きつけられたり
3階の《ゴミ男》をみてだれも気にとめないものの魅力を感じたり。
どの作品も予想外だったかもしれません。

チームでの鑑賞の後は、各自が自由に展示室を回り
お気に入りの作品をメモします。
人気があるのは名和晃平のガラスのビーズがついた動物たちの作品。
周りにつけられたビーズで実体がよく見えないシカやバンビは、
幻想的でさまざまな物語を感じる一方で、どうやって作られているのかが
とても気になるのです。
みんなのメモには鹿のまわりに小さな丸がいっぱい描いてありました。
ほかには大竹伸朗の《日本景》のなかの1枚をメモしている女の子たちも。
あんなにたくさんの絵が並んでいる中でも
しっかりお気に入りの1点を見つけるなんて素敵ですね。
自由時間があまりなかったけれど、みんな時間をうまく工夫して
しっかり鑑賞しながら、メモもきちんと取っていました。
また来てくださいね!
            (武)

2009年5月14日

企業訪問?!

宮城野ブログ.JPG
GWも明けて毎日のように修学旅行生が、当館にやってきます。
今日は、仙台から宮城野中学校の3人が
「企業訪問」という課題のために来館してくれました。

みなさん、現代美術館は初めてで、美術館経験もあまりないとのこと。
はじめに美術館のイメージをたずねると
「絵がたくさんある」「ピカソ」「モネ」という答えが返ってきました。
作品を見てもらう前に、まず美術館の役割や学芸員の仕事などについて説明したあと
作品を鑑賞しました。
どの作品にも興味津々で、会話もはずみ楽しく見て回りました。

せっかく遠方から来ていただいているので、
鑑賞後は美術館のバックヤードを紹介しました。
作品搬入用のエレベータに乗り、美術館の温湿度を調整している中央監視室ものぞき、
次いで企画準備室を訪れ、次回の展覧会を制作中の担当学芸員から直接お話を聞きました。

あっという間の90分。
美術館の表も裏も堪能し、最後はミュージアムショップでお土産を買って、
次なる目的地、新宿にむかって出発していきました。

修学旅行の楽しい思い出の1ページになったでしょうか?(G)

2009年5月13日

修学旅行「美術コース」~仙台市立加茂中学校

仙台市立加茂中学校の生徒さんが、
修学旅行で現代美術館に来てくれました。
自分たちで修学旅行のコースを選べるそうで、
今回、現代美術館を見学する「美術コース」を選択してくれたのは、全員女子生徒の7名。
常設展示室に近づくと、エントランス奥に展示中の≪ジャイアント・トラやん≫が
丁度、お出迎えをしてくれるように動き出し、みんなちょっとびっくりした様子。
展示室に入ると、目に飛び込んでくるトビアス・レーベルガーのカラフルでポップな作品に、
「可愛い~!」と喜んでくれました。
作品の中にも入れるので、みんなで入って内側の様子もよく見てもらいました。

20090513加茂中学校 005.jpg

また、藤本由紀夫の≪EAR WITH CHAIR (MOT)≫は、全員が体験。
椅子に座って、パイプを耳にあてたときに聞こえてくる音に興味津々。
「電波っぽい」、「水道管から聞こえる音みたい」などいろいろな感想が出ました。

20090513加茂中学校 008.jpg

短時間で沢山の作品を見てもらう見学でしたが、現代美術に触れたことが、
修学旅行の楽しい思い出の1ページになってくれることを祈っています。(S.N.)

2009年5月 1日

展示室は高校生でいっぱい! 都立工芸高校

コウゲイコウコウ.jpg

MOTのガイドスタッフは
毎日2時からコレクションのトークをしています。
この日は特別に高校生の皆さんにトークしました。
見学に来てくれたのは、グラフィックアーツ科の1~3年生。
108人の生徒さんを6チームに分けて、
6人のガイドスタッフがご案内です。

トークがスタートすると
展示室のあちこちに高校生がいっぱい!
ほとんどの高校は美術の授業が選択科目のため
見学に来てくれても数十人の団体である事が多く、
この日のように100人以上の高校生が展示室で見学している光景というのは、
普段あまり見られないものなのです。

ガイドスタッフの面々はというと
トーク歴3年の方から10年以上というトークのベテランまで、
スタッフ全員が、みなさんに分かりやすい解説を、と
いろいろな工夫を凝らしてトークします。
刷毛を片手にステラ作品の描き方を話したり、
展示作家の別の作品資料を見せながらトークしたり。
生徒の皆さんも、普段は制作側の人なだけあって、
作品を見る目はとても真剣です。

平面から、立体、インスタレーションまで、じつにさまざまな作品の数々が、
生徒の皆さんの制作のインスピレーションにつながるといいですね。
                                  (武)

遠足で美術館体験!

ブログ墨田区中和小.jpg
5月に入り、美術館の隣の木場公園にはたくさんの学校が遠足でやってきます。
そんな中、今日は墨田区立中和小学校5、6年生のみなさんが遠足の途中
美術館に見学にきてくれました。

実は今、ヤノベケンジさんの《ジャイアント・トらやん》が展示されています。
(写真:大きすぎてその全貌が写っていません。高さは7.2mもあります)
これはこどもの言う事しか聞かないという、こどもたちにはまるで夢のような
ロボットです。時折、動き出すのですが、この日もまさにグッドタイミングで
こどもたちの目の前で歌って踊ってくれました。
これには、こどもたちも大喜び!

さて、展示室では、いつもの通り学芸員と一緒に見てまわり、
普段は目にすることの無い、現代美術作品に触れ、少々興奮気味でした。

自由鑑賞の時には、自分のお気に入りを探すワークシートに取り組んでいました。
一生懸命なぜそれが気に入ったのか、ものすごい勢いで感想を書きこんでいる姿には
ある種の感動を覚えました。

帰り際、「さようなら!」と《ジャイアント・トらやん》に向かって手を振っている
子が何人もいて、すっかりこどもたちの人気者になっていた、《ジャイアント・トらやん》。

今日の日が、こどもたちの中に素敵な美術館体験としてずっと記憶され残ってくれると嬉しいです。(G)