« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月27日

美術館でリラックス~目黒区立原町小学校

IMG_0080.JPG

今日は雨の中、原町小学校の6年生が
美術館に見学に来てくれました。

ほぼ大半が当館が初めての子どもたちだったので、
美術館のマナー(走らない、さわがない、さわらない)を
まずしっかり伝えてから、
展示室でツアーを始めました。

今回、見学してもらったのは「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」展。
この展覧会の中にはヘッドフォンで音楽が聞けたり、
実際に身につけることができたり、
子どもたちの好奇心を刺激するような
体験型の作品が含まれています。

だからなのか、ツアーをしていても、
別の作品が気になってそわそわしたり、目が泳いだり。
自由時間になると、
いそいそと目をつけていた作品へと向かっていきました。

中でも人気があったのは、
光のシャワーのようなリジア・パペの作品と、
お砂糖で描いたヴィック・ムニーズの作品。

そしてエルネスト・ネトの巨大インスタレーションでした。
(↑この上の写真です)
子どもたちは床に置かれたクッションに寝転びながら、
すっかりくつろいでいる様子です。
最初は美術館ということで緊張していたはずなのに、
子供って順応性が高いですね。

「クモの巣みたい」
「チーズ工場にいるみたい」
「上からこぼれて落ちてきそう」など
それぞれ想像を膨らませて楽しそうでした。

マナーもきちんと守れた美術館見学。
これからもこの調子で、
いろいろな作品に出会って世界を拡げてほしいです。(C.M.)

2008年11月26日

学芸員のしごと 西葛西小学校

職場体験.jpg

西葛西小学校の6年生2名が、職場体験にやってきました。
学芸員になりたいという男子1名、女子1名。
いろいろな作業を体験してもらいました。

まずは
常設展示室の作品のメンテナンス。
展示室の温室時計の記録用紙を換えてもらいました。
デリケートな機会なので、そーっと持ち上げ、用紙を交換。
ちょっと緊張!です。
次は作品のメンテナンス。
足立作品の電話ボックスはすぐに来館者の手跡がつきます。
特に土日はお客さんが多いので、あちこちにたくさんあります。
それを布で丁寧に拭いていきます。
特別な技は必要ありませんが
作品をいつもかっこいい状態でお客様に見ていただくために
とても大事な仕事なのです。

お昼をはさんで
こんどはおおすすめ作品ガイドブックづくり。
自分が展示室で気に入った作品の
オススメコメントを書いて、パンフレットを作りました。
二人に選ばれた作品は
トビアス・レーベルガーとロバート・スミッソン。

大人ばかりの中に混ざっての
いろいろな初めての作業にとても疲れたことと思います。
でも、
ぜひ学芸員目指して頑張ってほしいです!
                               (武)

2008年11月13日

初めての現代美術館

日野ブログ.JPG
今日は現在開催中の企画展「ネオ・トロピカリア:ブラジルの
創造力」展に品川区立第一日野小学校5年生のみなさんが
団体鑑賞できてくれました。

現代美術館に来たのは、一人を除いてみんな初めて!

今回の展覧会は、ブラジルのアートを紹介するもの。
カラフルな色や変わった形を自由に使い「生きることの
喜び」を伝え、みんなに元気を与えてくれる展覧会です。

3チームに別れ、教育普及担当の学芸員と一緒に
3点ほど見たあとは、自由鑑賞。

写真は、オスジェメオスの作品をみているところです。
「頭が魚になっていて工夫がされている」
「右側は夜だけど、左側はカラフルで明るい!」
などなど気がついた点や感じたことをいろいろお話してくれました。

最後にみんなに展覧会をみて元気になったかな?と聞いてみたところ
「はーい!」と手を挙げてくれました。

男子の中に、「美術館って面白い」とぽつりといっていたのを聞き逃しませんでした。

初めての現代美術館体験。
それぞれに何か響くものがあったようです。(G)