« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月21日

図工の先生の研究にも―日野第一小学校の学校訪問

日野3.JPG

2月21日。日野市立日野第一小学校にいってきました。
これまで5つの学校を訪問してきた
佐藤さんによるアーティスト1日学校訪問もこの日が最終回。
小学生に授業をするなんて初めての経験で、
最初はどこかぎこちなかった佐藤さんでしたが
回数を重ねるごとにすっかり慣れ、
佐藤さんのトークも盛り上がります。

まずは佐藤さんの「履けない靴」を体験。
佐藤さんの皮でできた靴の作品に足を通して
「重い」「堅い」というコメント。
皮の靴を普段あまり履くことのない子ども達にとっては
皮という素材だけでも普段とは違った体験だったようです。

その後は思い思いの「履けない靴」の制作に取りかかります。
20センチぐらいの高下駄のような靴、三角形の靴、
本のようになった靴、友だちと向き合いながら履く靴など、
今回もさまざまな履けない靴が生み出されました。
短時間の中でも完成までこぎつけた子が多く、
作りなれた手際のよさを感じられました。

この日の授業は
多摩地区の図工の先生方の研究会として
たくさんの先生方が授業を見学に来てくださいました。
学校とアーティストや美術館が一緒に連携して
より良い図工の授業ができるようにと
先生方も考えてくださっているのです。

佐藤さんの訪問授業は今日で終わりですが、
これからも学校と美術館とアーティストが一緒になって
子ども達のために連携していけたら…と思います。
(武)

怖い、でも見たい・・・。

第二寺島小ブログ.JPG
今日は、墨田区第二寺島小学校4年生の
皆さんがやってきました。
美術館は初めてとのこと。

最初に講堂で施設の紹介やこれから見る
常設展示室の作品について簡単にレクチャー。
そのあとで、いよいよ展示室へ移動です。

まず、1階から3階にあがり、岡本太郎の
《明日の神話》が展示されている部屋に向かいました。
30mという大きなにみんな圧倒されて「わー」と声を上げていました。

学校のプールよりも大きな作品を前に、
持参したワークシートにお気に入りの部分をスケッチし、
感想も書き添えていました。

太郎を見た後は、自由鑑賞。
1階に移動し、またそれぞれお気に入りを探してまわります。
お友達同士、感想を話し合ったり、気がついたことを言い合ったりと
みんなとても積極的に作品と対峙していました。

特に人気だったのが、トニー・アウスラーの《1、2、3》。(写真)
小さな人形に顔の映像がうつっていてぶつぶつなにかいってます。
じっとみつめながら、「気持ち悪い」「こっち見た!」などと言い合いながら、
怖い、でも見たいという感じで楽しんでいました。

あっという間に帰る時間になってしまって、
なんだかちょっと物足りない感じ。
みなさんまたぜひ遊びに来てくださいね。
                        (G)

2008年2月20日

難問に四苦八苦。。。

キングブログ.JPG
2月16日(土)と17日(日)の両日、
「家族で挑戦!クイズ美術館キング」が開催されました。
家族で、美術館や展覧会作品に関するクイズに答えて
施設内を巡ってもらうオリエンテーリングです。

問題は全40問!

参加者からは「難しい~!」「時間が足りない!」などの
不満の声もでましたが、
家族で解答を考えながら、会話を楽しんだり、
お子さんの作品を見つめる姿に再発見があったりと
家族間のコミュニケーションも深まったようです。

中には、お子さんのあとについてまわるのが精一杯の
お父さんの姿もあり、終わる頃にはすっかり疲れきった
様子でした。(お疲れさまです)

でも、お子さんと一緒に美術館に来る
良いきっかけになったという声も聞かれ、
クイズを通じて、美術館がより身近な存在になったようです。(G)

2008年2月19日

発見の連続 神応小学校

神応小ブログ.JPG

今日は港区立神応小学校の5年生が見学に来てくれました。
4年生の時には写真美術館に出かけたそうで、
美術館にもすっかり慣れている様子の子ども達。
一つ一つの作品を見ているときも意見が活発に飛び出します。

スゥ・ドーホーの門の作品では、作品を観察しながら
「実際にスゥさんの家にあった門がどんなものだったのか」を
考えてみました。
石造りだったこと、ゲートの周りに鳳凰のもようがあったこと、
屋根瓦にもたくさんの鳥のもようがあることなど、
さまざまなことを発見してくれました。

ほかにも、
《明日の神話》では大きな画面の中からさまざまな生き物を発見し、
宮島達男の作品では宇宙の星にも命がある事を発見したり。

極めつけは
展示を見終えて帰る前に登ったアンソニー・カロの《発見の塔》。
見晴らしのいい場所や静かにくつろげる場所を見つけたり、
どこの階段がどことつながっているのかを調べたり、
それぞれが様々な楽しみ方をしていました。

美術館での楽しみ方や作品の面白さを
たくさん発見してくれた子ども達です。
(武)

2008年2月15日

アーティスト冥利につきます 東川小学校の訪問授業

RIMG0048.JPG

今日の学校訪問は
美術館のご近所、江東区立東川小学校。
美術館にも何度か見学に来てくれていますが、
私たちの方から東川小学校にお邪魔するのは初めてです。

「ハンカチ落とし」でも始まるかのように
円形に座った子ども達の中に、
蝶ネクタイと裸足にわらじ姿の佐藤さんが登場!
いよいよ授業の始まりです。
佐藤さんが自分の作品「はけない靴」をひとつひとつ紹介し、
子ども達が実際に履いてみます。
代表になった子が「はけない靴」を履いてみんなの前を歩くと、
周りの子ども達が
「うわー!見せて!見せて!」
「すごーい!おもしろいー!」
と言って、その子の周りに集まってきます。
そして履いている子が移動するとともに
集まりがさざ波のように流れていきます。

今日の子ども達はとても積極的で、
制作の時間になるとみんな夢中で作り出しました。
つま先が異常に長い靴、ヒモを持って歩く靴、電車のような靴など
さまざまな「はけない靴」が生み出されました。

学校から帰るときに、
代表の子ども達何人かが佐藤さんを見送るために集まってくれました。
佐藤さんが集まってくれたひとりひとりと握手をすると、
「もう、(もったいなくて)手が洗えないよ♪」という声が・・・!
アーティスト冥利に尽きますね、佐藤さん。
(武)

2008年2月 5日

大島へ行ってきた!

大島中訪問.JPG
学校訪問4校目は、「島」です。
大島町立第一中学校に行ってきました。
対象は、中学3年生約30名。

初めてのアーティストとの出会い。
みんなちょっと緊張した面持ちで、授業が始まりました。

佐藤さんの自己紹介の後、自作の「履けない靴」を紹介すると、
なにやら奇妙な形の靴の数々に興味津々といった感じ。
次はどんな作品だろうと、すっかり佐藤さんの作品世界に
引き込まれていきました。
そして実際に履き心地を体験すると、もうすっかり履けない靴の虜です。

美術の先生から材料の説明があり、
各自履けない靴の制作にとりかかります。

中学生ともなると、やはり道具の使い方やイメージの具現化にも長け、
とてもきちんと作りこんでいるなと感じました。

生徒の作品を見てみると、
「指先がでてしまう靴」(写真)や、「トンボの形をした靴」、「網で出来た透け透けの靴」
などなどユニークなものがたくさん誕生しました。

佐藤さんも「僕も参考になります」とニッコリ。

今回は、2時間連続の授業だったのですが、
「いつも以上の集中力です」と、先生も生徒たちの様子に驚いていました。
見学をしていた校長先生からも
「日頃にも増して生徒達が活き活きとしていました。
来ていただいた甲斐がありました」と感想いただき、
我々も来てよかったと安堵しました。

島という生活環境では、気軽に美術館に出かけて行くということもままなりません。
今後もこうした機会を少しでも多くもって、本物のアート、アーティストとの出会いを
提供していけたらと思います。(G)

2008年2月 1日

履き物の街で「はけない靴」をつくる

asakusa 1.JPG

訪問第3校目は台東区立浅草小学校。
校舎を入ってすぐの吹き抜けにある大きなステンドグラスがとてもきれい。
そこには五重塔や仲見世の様子が描かれていて、
さすが浅草!素敵です。

浅草といえば、履き物の街。
この日授業をおこなった5年生の中にも
靴を作っている家だったり、履物屋さんの人など、
靴に関係のある家の人が何人もいました。
とはいえ、「はけない靴」なんて見るのは初めて。
アーティストの佐藤さんが作った
不思議な形の靴の作品が次々に登場すると
「あれじゃ足がぬれちゃうよ」とか「歩けないよ」という言葉が。
ひとつひとつの作品がとても立派に作られているので
ついつい「はけない靴」であることを忘れてしまいます。

作品を体験した後は、自分の「はけない靴」づくり。
制作開始の前に先生が「アイディア浮かんだ人いますか」と聞くと
大勢の人が手を挙げていました。早い。
授業の最後の発表では、
つま先が異常に長い靴や、三角形の靴、チーズケーキみたいな靴など
個性的な楽しい靴がいっぱい。
みんなのアイディアの豊富さに脱帽です!
(武)