« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月24日

受験も終わり・・・

惠泉ブログ.JPG
寒さが一段と厳しい今日この頃。
受験生のみなさんは、この時期
最後の追い込みでしょうか。

そんな中、今日来館したのは
恵泉女学園中学高等学校の高校学3年生のみなさん。
受験も終わり、進学もすでに決まっているとか。

今回は、特別時間割「現代美術鑑賞」の一環。
みなさんアート好きだそうで、当館に来る前に
すでに東京都写真美術館にもいってきたそうです。

はじめに「現代美術のイメージは?」と問いかけてみました。
すると、ずばり「なんだかわからないもの」と顔をしかめていました。
目の前には、確かになんだかわからない大きな作品がぶら下がっています。

その他にも、音を聞く作品や、キラキラしたものの中に入る作品、
小さな人形の顔に映像が映っている作品などなど、
生徒さんたちの表情には、「???」が並びます。

しかし、いろいろお話しながらめぐっているうちに
「なるほど!」「へえ~」「わかった!」などなど話もはずみ、
ちょっとした作品の謎解きワールドが展開しました。

最後は岡本太郎《明日の神話》を鑑賞。
すでにテレビなどで見ていて知っている生徒さんもいて、
本物との対面に満足げでした。

春からはいよいよ大学生。
また、ぜひ美術館に遊びに来て下さいね。(G)

2008年1月22日

一番人気は・・・・?

ゆい.JPG

社会科見学の一環で来館してくれたのは、
八王子市立由井第2小学校の4年生。
先週企画展が終わったばかりの館内で
常設展をゆったりと鑑賞しました。

まずは2チームに分かれて鑑賞。
宮島達男のデジタルカウンターの作品では、
「すごく早くてずっと消えないみたいに見えるもの」
「止まっているのかと思うぐらいすごく遅いもの」
「ちょうど良いもの」を探しました。
みんなそれぞれちょうど良いテンポが違います。
さらに
緑のコードでつながっている二つのカウンターの関係について尋ねると、
「片方の数字が「9」までいくともう片方のカウンターの数字が増える」
というしかけをあっという間に見破ってしまいました。
すごい観察力!

自由見学の時間に
子ども達はミュージアムショップで
お気に入りの絵葉書を1枚だけおみやげに買うことになっていました。
「1枚だけ」という緊張感に、みんな真剣。
一番人気はどうやら《明日の神話》のようです。

最後にカロの《発見の塔》に登って、
彫刻作品を体ごと体験した子ども達。
また遊びに来てくださいね。
(武)

2008年1月15日

履けない靴

ブログツクシノ.JPG

学校訪問2校目は、町田市にあるつくし野小学校。
閑静な住宅街にある小学校です。

裸足になって集合し、
アーティストの佐藤さんが考えた「履けない靴」の作品を体験したあとで、
早速自分達でも「履けない靴」を制作。
しかし、実際やってみると、
はけない靴を作ることは意外と難しいのです。
写真の作品は靴底が丸くなっているので、
ぐらぐらして自立で出来ない靴。
ほかにも消火器のかたちをした靴や
履く人によってサイズが変えられる靴、
二人で一緒に履く靴など
面白いアイディアが満載です。

「靴は履けて当たり前」と思っていた子ども達。
おそらく「一生で一度の履けない靴作り」をみんな楽しんでいました。
(武)

2008年1月10日

年明け最初はインターナショナル

インターブログ.JPG
皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年明け最初の訪問は、美術館の近くにある、
Kインターナショナルスクールの5年生のみなさんがやってきてくれました。
現代美術館に来たのは、ほとんどの子ども達が初めてとのこと。

最初に、講堂で今日見る常設展示室の
作品に関するレクチャーをおこないました。
こちらからの問いかけにも積極的に反応してくれて、
時折交えた作品クイズの回答に一喜一憂していました。

展示室では、学校で配付されたワークシートに
真剣に取り組む姿がみられました。
どんなことを書いているかそっと覗いてみると、
自分で見つけた平面作品、立体作品、作品の部分、
線や色のパターン、そしてお気に入りの作品と盛りだくさんの内容で、
みんな色鉛筆もつかってカラフルに描いていました。(写真)

今回の常設展示室には、グループ七彩の《仲間》という
本物そっくりに作られたの3体(人?)のマネキンが展示されています。
それに影響されてか椅子に座っている監視員を指して、「あの人も作品ですか?」
っと質問され、苦笑いをしてしまいました。

引率の先生も、「現代美術はバリエーションが豊かなので、
今回の展示は、子ども達も楽しんでいます」とニッコリ。

ワークシートに描かれたたくさんの子ども達の眼差し。
見る人の数だけ作品の楽しみ方はあるのだと
再確認できた1日でした。
                              (G)