« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月29日

びっくり! どっきり!

桃一ブログ用.JPG
今日は、はるばる杉並区からバスで1時間近くもかけて
桃井第一小学校約100名のみなさんが、
団体鑑賞にやってきてくれました。

ほとんどが現代美術館は初めて。

講堂で、簡単に美術館についてレクチャーをしたあと、
常設展示室に移動し、初めに岡本太郎《明日の神話》を鑑賞しました。

まずはその大きさにみんな“びっくり!”。
「わー!すごい」という感嘆の声がもれました。
しばらく自由に見てもらった後、発見したとこや
感じたことをインタビュー。
「怖い」」「何かうったえてる」「戦争の絵」「楽しい」。
作品から受ける印象も様々です。

太郎をみたあとは、自由時間にして、他の作品もみてもらいました。
なかでも、トランクにはいった小さな人形の顔にプロジェクターで
女性の顔の映像が投影され、時折わめいたり、ぶつぶつ何を
言っているトニー・アウスラーの《1、2、3》を見ていた男の子が、
驚いて転んでしまいました。
聞けば、しゃべらないと思っていた映像がしゃべったのでびっくりしたそうです。

他に、グループ七彩の《仲間》に遭遇し、
本物そっくりな3対のマネキンにみんな“どっきり!”。

持参していたみんなのノートにはびっしりと感想が書きこまれ、
あっというまに2ページ、3ページと埋められていきました。

初めての現代美術との遭遇でしたが、
子ども達は、たくさんの驚きや感動を得たようです。

帰りのバスの中から元気に手を振ってくれた
みんなの笑顔が忘れられません。
また、来てくださいね。(G)

2007年11月20日

太郎の後輩

青ブログ.JPG
今日やってきたのは、港区立青南小学校6年生の皆さんです。
ここは、岡本太郎さんが小学生の頃に通っていた学校。
なので、みなさんは太郎さんの後輩にあたります。

まず初めに、図工の先生からのリクエストで、
美術館で働く学芸員のお仕事についてレクチャーをしました。
続いて、本日のメインで鑑賞する岡本太郎《明日の神話》の解説を
太郎さんの生い立ちや人間像も交えおこないました。
途中、作品の修復に関するクイズなども取り入れ、盛り上がりました。

展示室で、実際に《明日の神話》と対面した子どもたちは、
みんな大興奮。

修復の痕を見るために作品の裏側を覗き込んだり、
表面のひび割れを確認したり、またいろいろ描かれている
ユニークなキャラクターをメモしたりしていました。

ほとんどの子ども達が現代美術館は初体験でした。
先輩の太郎さんの作品にもであえ、美術館を魅力的な
場所として感じてくれたなら嬉しいです。(G)

2007年11月16日

六本木高等学校への出前授業

今日は東京都立六本木高等学校に
出前授業に行きました。

アーティストを連れていく、
“アーティストの一日学校訪問”は
毎年普通に実施しているのですが、
今回のように私たち学芸員だけが学校に出向き、
講師になるのはじつは特別なケースなのです。

さて今回のレクチャーは美術の授業のためではありません。
2003年度より高校に導入された「産業社会と人間」という、
“自分が生きている社会について理解し、
さらに将来の生き方や進路について考える”科目のためなのです。

美術館の人間が、この科目で何を話すべきか・・難しいところですが、
今回は常設展示室で公開されている《明日の神話》と
作家岡本太郎自身について
取り上げることにしました。

20世紀の混乱の時代を全力で駆け抜けた巨人、岡本太郎。
そして、戦後の復興期の最中に描かれ、その後40年近くたって
再発見された幻の壁画《明日の神話》。

日本社会の移り変わりや、日本という国の役割、
そして岡本太郎という勇気ある生き方について、
90分のレクチャーを行いました。

《明日の神話》の公開は来年4月まで。
今回のレクチャーをきっかけにして、
若い生徒のみなさんにもどんどん美術館に
足を運んでいただきたいですね。
何と言っても、この作品の迫力は言葉を超えていますので。
(C.M.)

2007年11月15日

初めての現代美術 赤羽小学校の3年生

赤羽小1115ブログ.JPG

「SPACE FOR YOUR FUTURE」展のミュージアムスクールがはじまり、
見学に来てくれたのは、おなじみ赤羽小学校。
今日は3年生が初めての現代美術鑑賞です。
最初にクラスごとに分かれて、学芸員と一緒に見学です。

SANAAの《フラワーハウス》では、
「この家では、丸見えだから着替えたりできないよ」
と、初めは驚いていたみんなでしたが、
「家つきの庭」のイメージを話すと、
どんどんこの家に魅了されてきた様子。
部屋を仕切るドアが無いということにも、
自然と気づきました。
そのあとで「この家に住んでみたい人」と聞くと
みんなが手を挙げるほどの人気でした。

また、エルネスト・ネトの作品では、
「これ、なんだと思う?」とたずねると、
すかさず「かお!」「ぞう!」という声が。
たしかに、顔みたいですし、
鼻が長くて、本当に象みたいなんですよね。
「実はこの作品、着れるんですよ」というと、
ちょっと不思議そうな表情。
そしてひとりの子に、代表して実際に体験してもらいました。
背負ってみると「重い、動きにくい」というコメントでしたが
そのまま腰を下ろして、上に座ってみると・・・
「きもちい~い♪」

驚きや気持ちよさと一緒に
現代美術の楽しさを体験してくれました。

4年生になったときにまた会いたいですね!
(武)

2007年11月14日

放課後にも遊びにきてね 北砂小学校

北砂ブログ.JPG

今日常設展を見に来てくれたのは、同じ江東区にある北砂小学校。
美術館まで学校から30分ほどかけて歩いて来てくれたとのこと!
そんな歩き疲れも見せず、
興味深々で現代美術を見てくれました。

「これから鯨と同じぐらいの大きさの作品を見ます」
と予告してから、《明日の神話》の部屋に入ると、
「すごい!」「でっかい!」と驚きの声が。
さらに太陽の塔と同じ頃に描かれたことを知り、
またもや「すごい!」との声。
1分間で作品の隅々まで観察したあとで、
作品に出てくるキャラクターを探すクイズ。
船の形をした生き物が何かを引っ張っていることを教えると、
「あ、魚だ!」「じゃあ、あそこは水なんだ」と
自発的に画面の一番下が水面であることを発見。
さらにテーマが原爆でありながら
画面に様々な場面が描かれていることや、
「明日」という未来があらわされたタイトルであること、
ガイコツにこめられた再生の意味などを感じてくれたようです。
中央のガイコツは神様なのだそう。

見学の終わりに子ども達から質問を受けました。
「こどもは入場料はいくらですか」
「何時までやっていますか」
という質問。
放課後にまた美術館に作品を見に来たいのだそうで、
そのためのリサーチだったのです!

ぜひ、自転車に乗って遊びに来てくださいね。
いつでも待ってます♪
(武)

2007年11月13日

将来は美大生!?

ぶろぐ5.JPG
今日のミュージアムスクール3校目は、
大妻中学高等学校の高校2年生のみなさんです。
半数以上が将来は美大をめざしているとか。

2つのグループに分かれて
学芸員がついて一緒にまわります。
全ての作品を解説しながらまわるのは
とても時間がたりません。
なので、いくつか作品を選んでまわりました。

今回は、体験できる作品も多く、
積極的にやってもらいました。
なかでも、MONGOOSE STUDIOの
座ると色が変わる椅子の作品では、
クラスメイトが座った瞬間に赤や青など
カラフルに色が変わる様子を見て、
友だちが「その色はあんたの頭の中の色だ!」とポツリ。

一方、女優の沢尻エリカさんが百変化をする
タナカノリユキさんの写真作品では、
こちらから「引率の先生が好きな写真はどれ?」と尋ね、
先生にも自分の好きな写真を選んでもらいました。
そして、答えあわせをするとなんと一発で当てられてしまいました。

将来は美大に進みたいと考えている生徒が多かったせいか、
非常に積極的に作品と対峙している姿がありました。
また、とても自由に楽しむ術を身につけているなとも感じました。

この自由に鑑賞する気持ちを失わずに、
みなさん美大を目指してかんばって欲しいと思います。(G)

小さな教材の威力~三輪田学園高等学校

今日、2校目は私立三輪田学園高等学校の
1年生のみなさんでした。

エントランスでの15分間のミニトークでしたので、
展覧会のテーマをお話しして、
簡単にそこに展示してあるnendoの作品を説明しました。

その説明の際に、
私が使ったのは“小さな教材”。
じつは先日、nendoスタッフの方からいただいた
nendoデザインの消しゴムでした。

chu-keshiと名づけられた消しゴムは、
消す前から角が取れていて、
「使い込んだ」感じが最初から漂っています。

こうした小さな教材はトークのヒミツ兵器。
作家の協力により、作品のパーツをいただいたり、
作家の顔写真を使ったり。

それを見せて、
時には手にとって感触を確かめてもらいながら、
作品を一緒に鑑賞し、トークを進めます。

三輪田学園の皆さん。
楽しんでいただけたでしょうか?
(C.M.)

初めての小学生!?~西巣鴨小学校

西巣鴨小学校071113.JPG

10月27日から秋の企画展「SPACE FOR YOUR FUTURE」が始まりました。
今日は学校団体の鑑賞教室の初日、ミュージアム・スクールの開校日です。
(11月13日~12月27日の期間、毎週火、木曜日に実施)

お陰様で朝から3校の予約が入っていて、
そのトップバッターは、
豊島区立西巣鴨小学校のみなさんでした。

この晴天の中、駅から一生懸命に歩いてきたのか、
着くなり「暑かった~!」と言いつつ、水筒をごくごく。
先生から元気のよい子どもたちだとうかがっていた通り、
展示室でも素直な反応をどしどし返してくれました。

金魚の写真で一杯になった蜷川実花の部屋では、
「リトルマーメイドになった気分」
タナカノリユキの写真の前では、
「エリカちゃんばっかり」とモデルが全て同一人物であることを
鋭く見抜き、
石上純也の巨大風船の表面のアルミ見て、
「これは100円ショップでは売ってない材料だね」。

初日のトークに私も少し緊張気味でしたが、
予想を超えるリアクションに、
自分では気づかない視点が見えた気がして
とても楽しくなりました。
これこそ誰かと一緒に鑑賞する醍醐味!

さて皆さんどの作品が一番気に入ったでしょうか。
(C.M.)

2007年11月 1日

いい美術館とは?

デンキ大.JPG

今日は東京電機大学の情報環境学部の学生さんが来館。
みなさんは人間環境デザインコースの方々で、
「美術館の設計」という課題があるのだそうです。

そんなわけで、本日はバックヤードをご案内しました。
まずは普段のギャラリートークのように常設展示室へ。
実は展示室の一ヶ所に作品を搬入出するための、
バックヤードとつながった可動壁があるのです。
普段作品を見ているときには気づかないのですが、
よく見ると壁にアーチ型の隙間が。
その横にあるくぐり戸から裏側へまわると、
作品運搬用の大きなエレベーター。
そして、収蔵庫をはじめ、企画展準備のための部屋や、荷捌きなどを巡りました。
作品を輸送するトラックヤードのスロープの角度ひとつとっても、
さまざまな配慮があり、
随所に美術館だからこそ必要な設計が満載であることを実感しつつ、
最後まで真剣に見学していました。

最後に「いい美術館を設計してくださいね」と言うと、
学生さんの中から、
本当にいい美術館とは何なのかを問うような意見が。
今現場を見てきたからこそ、その問いが深まったようでした。
(武)