アーカイブ

« キラキラした目の輝き! | メイン | 現代美術館のすみずみまで »

悩める高校生!?

ぶろぐ.JPG
高校3年生といえば、進学はどうしよう?将来何になろう?
などなど、人生の岐路にたたされるときです。
そんな、“悩める”学習院女子高等科3年生
「美学・美術史」選択のみなさんが授業の一環として
当館を活用してくださいました。

授業課題は文化祭で「自分が学芸員になったと仮定し、
空想美術館の企画展を実施する」というもの。
結構本格的な課題です。

実際に現場で働く我々学芸員の仕事内容を知りたいということで、
企画展担当の学芸員と教育普及担当の学芸員が対応し、
展覧会の組み立て方やバックヤードツアー、
そして教育普及の仕事などを講義しました。

みなさん真剣に我々の話に耳を傾け、ノートをとっていました。
また、初めての美術館のバックヤードに少々興奮気味でした。

実際の“現場”を垣間見てもらったことで、彼女達の進路決定に
より具体的な指針を与えることができたのではないでしょうか。

講義終了後に、「私も教育普及の仕事がしたいです」と
声をかけられ、ちょっとうれしくなりました。

みなさん、素敵な文化祭となるようがんばってください!(G)