アーカイブ

« 一歩一歩着実に | メイン | 太郎で授業! »

最近の修学旅行----広島大学附属高等学校

hiroshima.JPG

今日は広島からはるばる高校生が
3人見学に来てくれました。

彼女たちは修学旅行中。
聞くところによると、
当館以外にもディズニーランドや横浜など様々な場所に行くようですが、
美術館訪問は、その中でも特殊な意味を持っているようでした。

「訪問研修」・・・学校から送られてきた依頼状にはそう書かれています。
生徒がそれぞれ興味のある場所を訪ね、
各自が将来の職業について考えるという
キャリア開発の研修なのです。
中には国会議事堂に行く生徒もいるようです。

私の時代は学校が決めたルートをなぞる、
ほぼ先生お任せの京都旅行でしたが、
今はそれぞれが行きたい場所を選択できるなんて
うらやましいです。

それも現場の人と会って交流を図れるなんて、
ある意味とても贅沢な旅行だと思いました。
(手配を行う先生たちの苦労もしのばれます。)

自分たちが選んだ美術館だけあって、
彼女たちは一つ一つの作品との出会いがとても嬉しそうです。

白髪一雄の絵の前では、
「こんなに大量の絵の具。
乾かすのにすごく長い時間がかかりそう。」
スゥ・ドーホーのインスタレーションを見て、
「全体の構想は男の人が考えたかもしれないけれど、
細かな仕上げは女の人も手伝っていると思う。」など鋭い観察眼。
ユニークな反応に一緒に見る私も存分に
楽しませてもらいました。

*写真は美術館のバックヤードをご案内している
 ところです。(C.M.)