« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月23日

2メートルか!?巨大ピニャータ 宮上小学校の学校訪問

miyakami.JPG

八王子市の宮上小学校では、
6年生2クラスでピニャータ作りの授業を行いました。
クラスで1つずつのピニャータを作るということから、
当然大きなものになるわけですが、
なんと、直径160センチの風船ではりこを作り、
そこにツノの飾りを付けることに。
メキシコに何年か暮らしていた荒木さんでさえ、
「メキシコでも、こんな巨大なピニャータは、
ディスプレー用(実用でないもの)でしか見たことがない!」
という程の記録的な大きさ。
(ギネスブックに載るかもしれませんね!)
さらに、それぞれのクラスごとにピニャータのストーリーがありました。
「小学星(しょうがくせい)を割ったら、
中から中学星(ちゅうがくせい)が出てくるようにしたい」という1組と、
「花模様の卵のなかから、殻を割ってひよこが生まれてくるようにしたい」という2組。
それぞれ小学校の6年の思い出のこもった、素敵なピニャータができました。
どうせやるなら想像を超えるようなことをした方がいい、という
チャレンジ精神を持った図工担当の高木先生は、
子どもたちのどんどん膨らんでいく発想を、真摯に受け止め、
それをなんとか実現へと導いてくれます。
こどもの立場により添って考える先生、いいですね!
(武)

2007年2月22日

木彫のことは先生に聞いてみて! 横川小学校

横川小.jpg

業平橋から路線バスに分乗して、遊びに来てくれたのは、
横川小学校の6年生の皆さん。
3チームに分かれて舟越桂や土屋公雄などの作品を鑑賞しました。
実は横川小学校の図工の先生は、
ご自身でも木彫作品を作られているそうで、
木彫の制作の際の細かなことや、
木材の特性ゆえの扱い方については、とても詳しいのです。
打合せの時にも先生から楠材のことなど、
いろいろ教えていただきました!
ところが、舟越桂の作品のトークの時に、
「楠のことは先生に聞くといろいろわかるよ。」と言うと、
子どもたちは先生が木彫をやっていることを全く知らなかったようで、
ちょっと驚いた様子。
先生のこれまで知らなかった一面を知った子どもたちは、
先生の素敵さを改めて感じたようでした。
いいですね!
(武)

2007年2月10日

アーティストとの貴重な出会い 芳水小学校の学校訪問

芳水小.jpg

「アーティストとのせっかくの出会いですので、
荒木さんとお話しする時間をゆったりとりましょう」
と提案された、芳水小学校の図工担当の松尾先生。
荒木さんの普段の活動や作品についての説明のあと、
質問タイムなどゆったりとした時間が設定されました。
子どもたちからは、作品制作についてや、メキシコでの生活のことなど、
さまざまな質問が出ました。
また、この日は荒木さんの作品のミニチュア版を持って行っていたので、
何人かのこどもたちは、
くもの巣状に張られた糸に小さなイスをぶら下げるという体験ができました。
「じゃあ、9月生まれの人!」と荒木さんが声をかけると、
「やった~!」とか、「え~っ!いいなあ~!」とか、
「それじゃぁ、僕の番が来ないよ~」など、
子どもたちそれぞれに、さまざまな心模様があったようです。
その後は、ピニャータのツノつくり。
体育館のマットや平均台の上にきれいに並べられたカラフルな材料が、
制作意欲をかきたてます。
こうした、制作の空間を上手く利用した、心づかいの数々からは、
子ども達に、より楽しく図工の時間を過ごしてもらおうという、
松尾先生の気持ちが感じられました。
体育館が体育館であるからこそ、
そこでしかできない素敵な制作の空間となっていました。
(武)