« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月22日

小さなお客様

白鳩保育園2.JPG
先週の土曜日、江戸川区にある白鳩第二保育園のこどもたち24人がやってきました。
週末なのでお母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒です。

当館では小学校対象の作品鑑賞ツアー(通称“ミュージアム・スクール”)は
頻繁に行っていますが、保育園や幼稚園は珍しいお客様です。
担当する3人の学芸員はいつもより緊張気味でその日を迎えました。

いつもと違ったのは、こどもたちの鑑賞スタイル。
特に私のチームは年少さん(2~3歳児)だったからかもしれませんが、
お母さんにぴったりとくっついて離れないこども、
床に寝ころんで見るこども、
興味のおもむくままに周りをキョロキョロするこども、
立ったり座ったりするこども・・・。

まだじっと座って聞くことに慣れてない幼児には、
思い思いのスタイルで、安心しながら自由に見られる環境こそ
大切かもしれません。

はじめての美術館体験。どうぞ楽しい記憶として残りますように。
(C.M.)

2006年9月10日

土曜日の学校

KC350110.JPG

土曜日、学校はお休みですが、
美術館の近所にある川南小学校では、
地域の方々や保護者のみなさんが中心となって
ウイークエンド・スクールが行われています。
さまざまなプログラムがある中で、
「美術館に行こう!」に参加してくれたの10人のこどもたち。
モンティエンのハーブの粉のかおりを嗅いだり、
展示の順番を考えたりしながら、
1年生も6年生も自分なりの見方で真剣に作品を見てくれました。
みんなで3点ほどの作品をじっくりみたあとは、
作品のモチーフなどがヒントになっている「たしざんクイズ」にチャレンジ!
みんなカンが良く、カンタンに見つけてしまいました。
最後に認定証にMOTちゃんのスタンプを押しました
どの子も美術館を楽しんで帰ってくれました。
ウイークエンド・スクール、とても良い企画ですね!
ぜひまた美術館訪問のプログラムで来てくださることを、お待ちしています!
(武)

2006年9月 9日

香りで癒される? 北原小学校

北原.jpg

ディズニー展の学校のための特別プログラムに参加した北原小学校のみなさん。
午後は常設展示室にも足を伸ばして鑑賞してくれました。
まず3チームに分かれていくつかの作品を鑑賞しました。
モンティエン・ブンマーの《呼吸の家》では、
作品の内側に塗られているハーブの粉の入ったビンで香りを嗅ぎ、
どんなハーブが塗られていて、それはどんな香りでどんな色なのかを確かめました。
「臭い!」「ハチミツのにおいがする!」などさまざまな意見が飛び出し、
コショウ、クミン、グリーンティーなど、ハーブの名前を聞いても、
あまり癒されるという感じではない様子。
そんななか唯一「ジャスミン」は「あ~!」と癒しを感じてくれました。
やはりジャスミンは日本でも入浴剤や芳香剤で使われているからでしょうか?
企画展の後なのに、疲れも見せず、元気に鑑賞してくれました!
(武)