« ポストモダン・アートの「装飾」とは? | メイン | なにをしゃべっているの? »

すごろく+たんけん=たんけんクルーズ その2

shuuzouko.JPG

美術館のオモテもウラもいろんな場所を探険する、
たんけんクルーズの2日目。
今回は、すごろくによって探険する場所が決定。
特製の1と2と3しかないサイコロを振って、
場所を決め、その場所に移動、
すごろくのマスに書かれた指令をクリアして次に進む、
・・・という方法です。
すごろくの中にひとつだけ、
「かならずとまろう」と書いてあるマスがありました。
その場所は・・・
作品がしまってある大事な収蔵庫です。
収蔵庫は、ふだんは美術館外の人はめったに入ることができず、
美術館のスタッフでも
ほとんど学芸員だけしか入れないような、とっても大切な場所。
美術館の「心臓部」なのです!
こどもたちは、
お父さんやお母さんも入ったことのない場所で、
特別にしまってある作品の中から、
とっておきのいくつかを見ることができました。
さらに
館長室というマスにとまって、
こっそり館長のイスに座って館長気分を味わったチームもありました。
美術館が初めての子も、
このクルーズで美術館に詳しくなったことでしょう。

さて、次のクルーズは夏休み。8月末に行われます。
詳しい情報は随時HPにアップしていきますので、
時々教育普及プログラムのページをのぞいてみてくださいね!
それから、メールニュースのご登録もお忘れなく!
(武)